Netflix

ネタバレ感想【誰も眠らない森】は中途半端に面白いポーランドのホラー映画

Netflix 誰も眠らない森

Netflix映画「誰も眠らない森」の配信が、10月28日(水)からスタート!

依存治療のためキャンプへ向かった若者たちが、森の中に棲む化け物に襲われる物語です。

ツッコミどころの多い映画ですが、普通に最後まで観れると思いますよ(^^)

Netflix映画【誰も眠らない森】あらすじ

スマホやパソコン依存を治すために1週間のキャンプに参加した若者たちは、チームに分かれ、3日間のハイキングへ向かった。

その夜、湖の辺りで寛いでいたダニエルが突然現れた化け物に襲われ拐われてしまう。

翌朝、ダニエルが行方不明になったことでチームは大騒ぎに。

残された5人は、二手に分かれダニエルの行方を探す途中、森の奥深くにある民家を発見する。

家の中には住人の姿はなかったが、物音がする地下室には行方不明になったダニエルの惨殺遺体が横たわっていた。

逃げ出そうとするが、家の住人が帰ってきてしまいチームリーダーのイザまで殺害されてしまう。

キャスト

監督 パルトシュ・M・コワルスキ

  • ジュリア・ヴィエニアヴァ・ナルキェヴィッチ
  • ミハフ・ルパ
  • ヴィクトリア・ゴンシェフスカ
  • スタニスワフ・ツィヴィカ
  • セバスティアン・デラ
  • ガブリエラ・ムスカワ
  • ミハフ・ズブロヤ

Netflix映画【誰も眠らない森】ネタバレ感想&評価70点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daily Dose Of Beauty(@ddobinsta)がシェアした投稿

依存症を治すためのキャンプに参加中の若者たちが、次々と森の中に住む化け物に殺されていくお話です!

こちらはポーランドのホラー映画ですが、なんかツッコミどころが多かったですね^^;

映画の雰囲気的には、クライモリとかテキサスチェンソーに似た感じなんだけど、タッカーとデイルっぽいシーンもあったり、有名な映画からチョコチョコつまみ食いしたような作品だなと思いました。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
ネタバレ感想 【タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら】は腹筋崩壊注意のコメディ映画今回は、2010年公開のスプラッターコメディ映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』の感想です! 中年の仲良し2人組が...

まず、化け物のルックスが酷い!!
双子ちゃんなんだけど、顔がイボイボで気持ち悪いったらないわ↓ww

 

この投稿をInstagramで見る

 

W Lesie Dziś Nie Zaśnie Nikt(@wlesiedzisniezasnienikt)がシェアした投稿

普通の子供たちだったのに、ある出来事がキッカケで食人鬼と化してしまったんだけど、母親に長いこと監禁され運動不足だったからかこんなにブクブク太っちゃってさ。

だから動きもスローであまりハラハラ・ドキドキは感じられなかったかなー。

こういう映画見て毎回思うんだけど、住人が応答しないからって勝手に上がり込むとか図々しいって。だいたい、どの映画も勝手に人の家に上がりこんで殺されかけてますよねww

で、こちらの作品はあまり怖くはないんだけどグロ多めです。

アンエラっていうちょっと派手な女子が殺されるシーンは突然過ぎてビックリしたわ。真面目な話してる最中に、なんちゅー殺し方しやがる!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

主人公の女子ゾーシャも、こんなおっかない化け物の家にスマホを取りに戻るとかバカなの?って思った。戻るくらいなら2日かけてでもキャンプ場に戻れよって感じ。

命がけで化け物の家に戻ったはいいけど、お目当てのスマホはバッテリー切れっていうね・・・。どうせそんな事だろうと思ったけど、その後のゾーシャとぽっちゃり系男子ユレク君が襲われるシーンは気持ち悪かった。

怖さは感じないんだけど、エグイのとグロイのでうわ~~って感じ。

よく分からないのが、神父と化け物に襲われた経験があるおじさんよね。てっきり神父が黒幕で、もうひとりのおじさんが子どもたちを助ける救世主かと思ったのに、2人ともめっちゃどうでもいいキャラだったわww

そもそも、神父はバルテクっていう男子を縛り上げてたけど、一体何がしたかったのかしら。あの感じだと、少年好きのただの変態だったんかなー。

何かあると視聴者に期待させて何も起こらないやつの連続でしたww

最後の警官のシーンも内臓ドッサリでなかなかグロかったけど、全体的に観ると何かもう一つ足りないんですよね〜。

主人公が子供だからなのか、それとも化け物がショボイからなのか、まぁまぁ面白いのに微妙なのは勿体ない。

それに、どこかで見たことあるシーンの寄せ集めみたいなのも残念だったけど、真似するくらいなら、本家を超すくらい怖ろしく描かないとダメですよ。

遠慮がちなホラー映画という印象を受けますが、そんなに期待しなければそこそこ楽しめる作品ではあると思いますので、気になる方は是非チェックしてみて♪