Netflix

Netflix【トワイス・アポン・ア・タイム】シーズン1・あらすじネタバレ&感想・過去と現在を行き来するフランスドラマ

Netflixドラマ「トワイス・アポン・ア・タイム」の配信が、12月19日(木)からスタートしました!

恋人を失った男が謎の木箱を使い、彼女を取り戻すべく過去と現在を行ったり来たりするお話。

1話約50分、全4話のフランスドラマです。

終始暗く、シーズン1は謎だらけでした!

Netflixドラマ【トワイス・アポン・ア・タイム】あらすじ

熱帯魚店で働くヴァンサンは、4ヶ月前に別れた恋人ルイーズのことが忘れられず苦しんでいた。

そんなある日、ヴァンサンはガレージに置かれた大きなダンボールの存在に気付く。

不審に思いながらも中身を確認すると、そこには大きな木箱が入っていた。

箱の中に手を伸ばすヴァンサンは、箱がドコかに繋がっていることに気付く。

思い切って箱の中に入り潜り抜けると、そこはなんと自分の家のガレージだった。

そして、4ヶ月前に別れたはずの彼女ルイーズが普段どおりキッチンで朝食を作っていたのだ。

ルイーズに会えた嬉しさと共に驚きを隠せないヴァンサンだが、あの箱の正体に気付き、その日から過去と現在を行ったり来たりするようになる。

過去に戻ったある日、ヴァンサンはルイーズに箱のことと、自分たちが数カ月後に別れることを話した。

ルイーズは別れた理由を知りたがったが、ヴァンサンはそれについて何も話さなかった。

それから数日後、ルイーズは交通事故に遭い病院へ運ばれるが、検査を勧める医師を振り切りすぐに退院する。

過去に戻り、何とか別れを防ごうとするヴァンサンは、ルイーズとのことを真剣に考えるが、ルイーズは事故で出会ったイギリス人の男ジェームズと関係をスタートさせてしまう。

ルイーズは、ヴァンサンとジェームズとの間で揺れ動いていたが、ジェームズと別れることを決断し、ロンドンへ向かった。

しかし、ヴァンサンのもとにルイーズがロンドンで亡くなったと訃報が届く。

事故の後遺症からくる脳出血だった。

ヴァンサンは、すぐさま過去に戻りルイーズの死を防ごうとするが、家が火事になり箱が燃えてしまう事態が起こる。

同時に、謎の箱の持ち主である男ふたりがヴァンサンに迫っていた。

キャスト

監督 ギョーム・二クルー

ギャスパー・ウリエル(Gaspard Ulliel)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#french#model#actor#gaspard#ulliel#best#men#awesome#love#gaspardullielfans#forever#gaspardulliel#paris

Gaspard Ulliel(@gaspard_ulliel)がシェアした投稿 –

フレイア・メイヴァー(Freya Mavor)

Netflixドラマ【トワイス・アポン・ア・タイム】 シーズン1・ネタバレ感想と評価61点

過去と現在を行き来し、失った彼女を取り戻そうとするストーリーです。

全4話なので、サクッと見終えるのがいいですね。

と言いつつ、シーズン1は謎だらけでイマイチ意味がよく分かりませんでした^^;

とにかくルイーズが難しすぎて、主人公のヴァンサンが振り回されっぱなしです。

ルイーズは、数年前女性が目の前で電車に飛び込む事故を目撃しています。

その女性とは、ルイーズが当時不倫していた男の奥さんだったんですけど、復讐のために自分が死ぬところをわざとルイーズに見せたんですね。

それが関係しているのか、ルイーズは複雑で暗く、ヴァンサンが努力しても彼女が心を開くことはなく、結局それが別れの理由でした。

別れたことを後悔しているヴァンサンは、何度も彼女の心を取り戻そうと頑張るんですけど、どうやってもふたりの関係が上手くいくことはなく、結局最後はルイーズが生きてさえいてくれればもうそれでいいと諦めます。

しかし、そんなヴァンサンの元にルイーズが仕事先のアイスランドで事故死したと、また訃報が届くのです。

こういうストーリーにありがちな、死に方は変わっても死自体からは逃れられないっていう展開でしょうか。

ヴァンサンはまたルイーズを助けに行こうとするけど、そこに箱を追ってきた男が銃を持って現れたところでシーズン1は終了。

シーズン1は、とにかく謎だらけでした!

ヴァンサンの隣人、配達員、統合失調症を患うヴァンサンの弟や、箱を奪おうとする男たちなど、それぞれがどのように関係しているのかが明確に分からないので、難しかったですね。

けっこう大雑把に描かれているシーンや意味がよく分からない部分も多いドラマですが、単調なものの普通に最後まで観れました。

あと国内ドラマと違って、俳優さんたちがいきなり全裸になっているシーンもあるのでドキッとしますね。

そういう部分も見どころのひとつかもしれませんね^^;