Netflix

Netflix【ザ・ストレンジャー】シーズン1・あらすじネタバレ&感想・カナリ奥が深いミステリードラマ

Netflixドラマ「ザ・ストレンジャー」シーズン1の配信が1月30日(木)からスタートしました!

見知らぬ女から妻の秘密を聞かされた主人公が、嘘と秘密の世界に引きずり込まれ幸せだった生活が一変してしまう物語。

結論から先に言うと、カナリ面白かったです。

ストーリーが二転三転し、ダレが嘘をついているのか分からず、最後まで目が離せませんでした。

もうドラキュラとかそういう幼稚なドラマはいいから、こういうミステリー系のドラマをもっと配信してほしいなーと思いますね、Netflixさん^^;

Netflixドラマ【ザ・ストレンジャー】シーズン1・あらすじ

主人公のアダムは、息子ライアンのサッカークラブで突然見知らぬ女から声をかけられ、2年前の妻コリンヌの妊娠、流産は偽装だったと聞かされる。

信じれないアダムに対し、女はクレジットカードの明細もチェックするよう言った。

不審に思ったアダムは、帰宅後カードの請求書を確認したところ、女の言う通り見覚えのない請求があった。

アダムはすぐさま銀行に問い合わせ、請求は通販会社からのものだと発覚する。

銀行からIPアドレスを入手したアダムは、早速サイトをチェックしてみると、それは偽の妊娠検査薬を販売するサイトだった。

アダムはコリンヌを問いただすが、今はまだ話せないというばかりだった。

翌日、コリンヌが務める高校で授賞式があったが、彼女は姿を見せることなくアダムに暫く距離をおきたいとメッセージを残し、そのまま失踪してしまう。

その頃、街ではアルパカの首なし遺体と、すぐ近くの森の中では男子高校生が全裸で大怪我を負うという不可解な事件が起こっていた。

刑事のグリフィンとロスは、犯人を逮捕するため捜査に乗り出す。

そんなグリフィンの親友でカフェオーナーのドイルは、アダムに接触してきた女たちから娘キンバリーのことで恐喝されていた。

ドイルは、誰にも相談できない内容だったため、グリフィンにすら秘密にしていた。

翌日、サイバーチームの刑事だと名乗る男がドイルの店にやってくる。

男は、2人組の女の行方を追っているようで、ドイルから情報を聞き出そうとするが、異変に気付いたドイルが逃げようとし、男に銃で撃たれ殺される。

その男は、ドイルの親友グリフィンが所属する部署に配属されてきたカッツという刑事だった。

小さな街で起こった事件が徐々に繋がり始め、真相を知ったアダムは驚愕する。

キャスト

リチャード・アーミティッジ(Richard Armitage)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hope to see many of you at the theatre in the coming months.

Richard Armitage(@richardcarmitage)がシェアした投稿 –

ハナ・ジョン=カーメン(Hannah John-Kamen)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Throwback to that steez 🤙🏽@flauntmagazine

Hannah John-Kamen(@hannahjohnkamen)がシェアした投稿 –

  • シヴォーン・フィネラン
  • ジェニファー・ソーンダース
  • ジェニファー・ソーンダース
  • ショーン・ドゥーリー
  • ポール・ケイ
  • デブラ・カーワン
  • カディフ・カーワン
  • アンソニー・ヘッド
  • スティーヴン・レイ
  • ジェイコブ・ダドマン
  • エラ=レイ・スミス
  • ブランドン・フェローズ
  • ミシャ・ハンドリー

登場人物

アダム
弁護士でコリンヌの夫・2人の息子の父。浮気をしようとした過去がある。

コリンヌ
高校教師でアダムの妻・2人の息子の母。夫の気を引くために偽装妊娠する。

トーマス&ライアン
アダムとコリンの息子たち。

クリスティン
嘘を暴こうとする野球帽の女。アダムとは意外な関係だった。

イングリッド
私立探偵でクリスティンと行動を共にするブロンドの女。

グリフィン
女刑事で殺されたドイルの親友。

キレイン
元刑事でアダムの友人。コリンヌの捜索を手助けする。

カッツ
ドイルを殺した刑事。オリヴィアという病弱な娘の父親。

トリップ
アダムたちの隣人で息子のマイクは、トーマスの親友。

Netflixドラマ【ザ・ストレンジャー】シーズン1・感想&評価87点


主人公アダムの妻コリンヌの失踪がメインの話かと思いきや、彼らの周りにいる人間を巻き込んで偽りや秘密が次々と明らかになり、ストーリーは思わぬ方向へ転がり始めます。

本が原作のようですが、何が真実か分からない展開の連続に全く飽きませんでした。

コリンヌが失踪前に「根深い繋がりがある」と言っていた通り、ストーリーはカナリ奥が深くよくできたミステリードラマだなという印象を受けます。

小さな街で起こった事件なので、全てが上手く繋がっているんですよね。

ここまで全てが繋がっているドラマも珍しいと思うんですけど、そういう展開やダークな雰囲気に引き込まれ面白かったです。




特に、後半はそれぞれの秘密と真実が明らかになっていき、予想していなかった展開におどろきの連続でした^^;

すべては、野球帽の女とブロンドヘアーの女がアダムの前に姿を現し、妻の秘密を暴露したことから始まります。

探偵事務所を経営していたふたりは、お金のために他人のアラ探しをして恐喝していました。

メインは、野球帽を被っているクリスティンという女性なんですけど、

前半は、この2人組が何者かわからないままストーリーが進んで行き、後半は徐々にクリスティンの隠された過去や家族の秘密が明かされていきます。

あと、ドイルを殺した刑事カッツの私生活も見どころのひとつですね。
悪人なんですけど、全ては病気の娘の治療費を稼ぐために始めたことで、娘のオリヴィアにとってはとても優しいお父さんでした。

そのギャップがまたなんとも悲しい気持ちになりますが・・・

最近のNetflixドラマって吸血鬼とかモンスター系が多く、少しウンザリしていたので久々にこういうミステリードラマが観れて良かった(*^^*)

普通に最後まで面白かったです!

ネタバレ

コリンヌ失踪の真相は?

数年前、夫のアダムは仲良くなった女弁護士と浮気をしそうになっていました。
夫の心を取り戻したかったコリンヌは、偽の妊娠検査薬を使い妊娠と流産を偽装します。

仕事でアダムたちを調査していたクリスティンは、コリンヌの嘘に気付きアダムに暴露。

アダムに問い詰められたコリンヌは、隣人のトリップが手を回してアダムに暴露したと思い込みます。

トリップは、サッカークラブの金を横領していました。

しかし、それをコリンヌに見つかってしまい、必ず返すから黙っていてほしいと懇願、2人だけの秘密にしていましたが、偽の妊娠を暴露させたと思い込んだコリンヌは横領のことを公にするとトリップに詰め寄り、カッとなったトリップに殺されてしまいます。

アダムに偽装メッセージを送った後、トリップは貯水湖の近くの森に遺体を埋めました。

コリンヌは、失踪ではなく殺害されていたのです。

トリップに行き着いたアダムは、ふたりでコリンヌが埋められた森へ行き、コリンヌの遺体の前で身勝手なことばかり言うトリップを撃ち殺してしまいます。

しかし、そこに刑事のグリフィンがやってきて、自分の親友ドイルを殺した男カッツに罪をなすりつけるため偽装工作をし、アダムは助けられます。

アダムとクリスティンの関係

元刑事のキレインは、土地区画整理に大反対しアダムが弁護士として助けていました。

立ち退きを求めている側のリーダーは、アダムの父エドガーですが、キレインは家を強制撤去されるまで出ていくことはありませんでした。

区画整理に応じなかったのは、「家族との思い出が詰まった大切な家だから」でしたが、本当の理由は、元妻を殺し壁の中に埋めてあったからなのです。

娘が生まれる前から浮気を繰り返していた元妻は、娘が産まれてからも浮気相手との関係が続き、キレインを捨てて出ていこうとしていました。




娘を手放したくなかったキレインは、説得に応じず出ていこうとする元妻を殴り殺し壁に埋めてしまうのです。

キレインは、それから刑事を引退し娘のためだけに生きてきましたが、娘が元妻の浮気相手の子供だとわかり、父娘の間にも大きな溝ができてしまいます。

その娘というのが、アダムにコリンヌの秘密をバラしたクリスティンだったのです。

クリスティンは、仕事でコリンヌの調査をしている際、彼女の隣に写っていたアダムの父に目が止まりました。

なぜなら、その男は昔見た写真の中で、クリスティンの母親の隣で微笑んでいた男だったからです。

その日からクリスティンは、エドガーという男を調べ上げ、自分が彼の娘だという事実に辿り着きます。

そして、自分には異母兄弟の兄アダムがいることを知ったクリスティンは、アダムにコリンヌの偽りを警告したくなり近づいたのです。

謎の女が自分の妹だったと知ったアダムは、クリスティンと話し合い和解しますが、アダムをカッツから守ったクリスティンは、そのまま姿を消してしまいます。

カッツが悪事に手を染めた理由は?

カフェオーナーのドイルを殺害した刑事のカッツ。

彼が悪事に手を染めた理由は、病弱な娘のためでした。

カッツの娘オリヴィアは、原因不明の病のせいで入退院を繰り返し、医師たちもお手上げ状態でした。

そんな娘を心の底から心配した父カッツは、専門医の元で治療を受けさせてあげたいと考えていましたが、それには高額な費用がかかります。

そこで、カッツは警察のサイバーチームが投資詐欺で2年間追っている男に目を付け、いくらか貰う代わりに男を警察から守っていたのです。

その事実をクリスティンたちに嗅ぎつけられ、恐喝されていたカッツはクリスティンとイングリッドの居場所を突き止めるために、ドイルに近づき、騒がれたことで殺してしまうのです。

娘オリヴィアの病気に関しては、教師だったコリンヌが不審に思い、セカンドオピニオンを勧めていましたが、オリヴィアの母が応じることはありませんでした。

その後、アダムとコリンヌの息子トーマスたちが、オリヴィアの母親が娘に毒を持っていたことに気付きます。

カッツの娘オリヴィアは、原因不明の病ではなく母親から毒をもられ続け病気になっていたのです。

その事に気付いたカッツは、妻を殴りますが、すでに殺人までも犯してしまったカッツの怒りは収まらず、クリスティンとイングリッドを殺しに向かいます。

結果、ドイルとイングリッド殺害に加え、アダムが撃ち殺したトリップの殺害容疑までかけられ、終身刑が求刑されました。

まとめ

コリンヌの生存を期待していたので、森で遺体が発見されたのはガッカリしました。

アダムと謎の女クリスティンが兄妹だったというのも驚きましたね( ゚д゚)ハッ!

3〜4話からどんどん面白くなっていきます。
事件や人間関係の繋がりが上手く描かれているので、カナリ楽しめました!

イギリスのミステリードラマって本当面白いですよね。

新作なので、よければ是非チェックしてみてください♪