洋画

ネタバレ感想 映画【ザ・キッチン】はマフィアビジネスに目覚めた女性3人の物語

映画 ザ・キッチン

今回は、2019年公開『ザ・キッチン』という映画を観た感想です!

1970年代のニューヨーク・ヘルズキッチンを舞台に、アイリッシュマフィアの夫が逮捕された後、妻たちが夫に代わってビジネスを仕切り成功していく様子を描いたクライム・サスペンス映画です。

女性が成功していく物語って大好き♥
久しぶりに面白くて見入ってしまった作品です。

映画【ザ・キッチン】あらすじ

1978年ニューヨーク・ヘルズキッチン
アイリッシュマフィアの夫を持つキャシー、クレア、ルビー。

ある夜、夫たちは店を襲撃中FBIに逮捕され、懲役3年を言い渡されてしまう。
子供2人を抱えるキャシーを始め、夫がいなくなったことで生活が困窮する3人。

キャシーたちは職業安定所で職探しを始めるが、学位も職歴もない彼女たちを採用する企業はほとんどなかった。

窮地に追い込まれたキャシーたちは、組織を取り仕切る男ジャッキーに生活費と、仕事の手配を要求するが相手にすらされない。

困り果てたキャシーたちは、ジャッキーの承諾を得ずヘルズキッチンでみかじめ料を滞納している店の取り立て行為を始め、大金を荒稼ぎするようになるが、取り立てがジャッキーにバレ命を狙われるようになってしまう。

そんな中、クレアがジャッキーに襲われそうになったことで事態は一変。

ジャッキーが亡くなったことで、3人がヘルズキッチンを仕切り始めるが・・・


キャスト

監督 アンドレア・バーロフ

  • メリッサ・マッカーシー
  • ティファニー・ハディッシュ
  • エリザベス・モス
  • ドーナル・グリーソン
  • ジェームズ・バッジ・デール
  • ブライアン・ダーシー・ジェームズ
  • ジェレミー・ボブ
  • マーゴ・マーティンデイル

登場人物

キャシー
ジミーの妻で、2人の子供を抱える母親。
逮捕された夫に代わってマフィアビジネスに足を踏み入れる。
人情に熱く優しいおばさんだが、子供を危険にさらすものは夫でも許さない。

ルビー
義母は組織のトップ。アイルランド人でないルビーは、義母や夫ケビンからも見下され続けていた。ケビンが逮捕されたことでビジネスの才能を開花していく。

クレア
DV男ロブの妻。長年ロブから酷い暴力を受け続け、夫の逮捕を喜ぶ。
服役中だったガブリエルが出所し、恋に落ちる。

ガブリエル
2年の服役を終え西海岸で暮らしていたが、クレアの夫ロブが3年の懲役になったと知ってヘルズキッチンへ戻ってきた。
戻った理由は、愛する女性クレアのため。

アルフォンソ
47丁目やブルックリンを取り仕切るイタリア系マフィアのボス。
キャシーたちのビジネスに目をつけアイリッシュ系マフィアと手を組む。

映画【ザ・キッチン】ネタバレ感想&評価95点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Get ready for #TheKitchenMovie, only in theaters August 9.

Tiffany Haddish(@tiffanyhaddish)がシェアした投稿 –

この間からU_NEXTの新着に上がってて、ずっと気になっていた↑の作品♪

まず結論から言うと、550円分のポイント利用した甲斐がありました。
最近ポイント使って観ても駄作みたいなしょーもない映画ばかりだったので、今回は久々に大満足です(笑)

本作は、オリー・マスターズとミン・ドイルが発表した漫画「The Kitchen」が原作となっており、主演は、メリッサ・マッカーシー、ティファニー・ハディッシュ、そしてエリザベス・モスが務めました。

1970年代のニューヨーク・ヘルズキッチンを取り仕切っていたアイリッシュマフィアファミリーを描いたストーリーなんですけど、どの世界でも女性が男社会で伸し上がっていく姿は目を見張るものがありますよね。

タイプの違う3人の女性が主人公ですが、どのキャラクターにも感情移入できて最後まで楽しめました!

お洒落な街ヘルズキッチンが舞台

まず驚いたのが、70年代のニューヨークで最も危険と言われていたエリアがヘルズキッチンだということ。去年、一人でふら〜とニューヨーク旅行して、滞在したホテルがヘルズキッチンだったので、個人的にすごく思い入れのあるエリアなんですよ。

映画でも映りますが、道路はゴミで溢れかえり、いかにも危険でよそ者がフラフラ歩こうものなら、一発で射殺されそうな雰囲気。
昔は、危険なエリアとして有名だったようですが、現在は観光客も多くとてもお洒落な雰囲気に変貌を遂げ、新たなゲイの街としても有名ですよね。

ニューヨークに滞在した数週間、毎日ヘルズキッチンも歩き回ったので、昔はこんなに危険だったのね・・・って色々想像しながら楽しめました。

主人公3人のキャラ設定がGOOD!

本作に登場する3人の女性、キャシー、ルビー、クレア。
キャシーは、2人の子を持つ母親、ルビーは義母と夫に見下され、クレアはDV夫から酷い暴力を受け続けていました。

夫が逮捕されたことで3人は、マフィアビジネスに足を踏み入れるんですけど、最初は可愛らしくみかじめ料の取り立てだけだったのに、次第に旦那顔負けの行動に出るようになります。

強盗する男たちよりマフィアとしての才能があったんじゃない?と思えるくらいスマートに伸し上がっていくんですけど、危なっかしい場面もあるけど、とにかく3人がカッコイイ!

キャシーは、子供2人を抱えているので、なんとしても子供を食べさせないといけない母親の強さや愛情がにじみ出てるし、ルビーは度胸が座っていてめっちやカッコイイし、クレアは夫に暴力を振るわれ続けている弱い女性なんだけど、グロ系が得意だったりと、3人の違ったキャラがけっこう見所だったりします。

3人の中で一番守ってあげたくなるのは、やっぱりクレアかなぁ。
夫からDVを受け、優しくしてあげたホームレスからも暴行を受けたり、ジャッキーからレイプされそうになったり、完全に男たちからバカにされ虐げられているタイプの女性なんですよね。

ガブリエルと恋に落ちるけど、結局コリンっていう19歳のガキに殺されて死んじゃうし、なんだか最後まで可哀想な女性でした。

クレアとは対照的に、物怖じしないルビーも格好良かったわ〜♥
ルビーを演じたティファニー・ハディッシュと言えば、3月に公開されたNetflixドラマ『セルフメイドウーマン〜マダム・CJウォーカーの場合〜』に主人公の娘役として登場していましたね。

ちなみに、↓の作品は洗濯婦から百万長者まで上りつめた黒人女性の実話です。

Netflixセルフメイドウーマン
Netflixドラマ【セルフメイドウーマン〜マダム・CJウォーカーの場合〜】あらすじネタバレ&感想・諦めない姿勢が素敵!Netflixドラマ『セルフメイドウーマン〜マダム・CJウォーカーの場合〜』の配信が3月20日(金)からスタートしました! アメリ...

コメディアンとしても有名なティファニーですが、ルビーみたいな役柄もピッタリ合っていて良いですね。
低めの声と、堂々とした立ち振舞、マジで格好良すぎです。

キャシーは、普通のおばちゃんって感じかなー。
でも、もし何か起こってマフィアに拉致られて殺されるかも!って時に、こういうおばさんが出てきたら、間違いなくホッとすると思う(笑)

危険な仕事に魅了された3人

夫がいないと何もできなかった3人の女性ですが、次第に殺人や危険な仕事に魅了されていきます。

最初はみかじめ料の徴収から始まり、殺人、遺体解体、よそのエリアを仕切るイタリア系マフィアと手を組んだりと、この間まで普通の主婦だったと思えない変貌ぶりです(笑)

夫が憎くてしょうがなかったクレアとルビーが夫を殺害するのは予想できたんですけど、まさかキャシーまで夫ジミーを殺害するとは完全に予想外よ。

直接的に手を下したわけじゃないけど、子供を危険にさらし、自分が築き上げたビジネスの足を引っ張ろうとする夫が許せなかったんでしょう。
イタリアマフィアに夫ジミーの殺害を許可するシーンは、女の怖さと母親の強さ両方を感じましたね。

クレアが亡くなったあとは、敵対ぎみだったルビーとキャシーですが、もう一度手を組みビジネスを再開させます。

最初は、ヘルズキッチンのみかじめ料取り立てから始まり、数年後にはマンハッタンの中心ミッドタウンエリアを取り仕切るくらいまで成長するんだからスゴイよね。

まとめ

期待せず観た映画だったんですけど、予想を大きく超えてホント面白かったです!

主人公3人に加え、ストーリーもしっかりしているので、すっごく濃い内容でした。

一見、男性向けかなと思う部分もあるけど、女性が男社会で成功するストーリーなので、もしかしたら女性のほうが楽しめるかもしれませんね。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>