Netflix

ネタバレ感想 【ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー】はホラーよりも悲しい恋物語がメインで超おすすめ!

Netflix ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー

Netflixドラマ「ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー」の配信が、10月9日(金)からスタート!

本作は、2018年に公開された「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」のシーズン2に当たる作品ですが、物語は一新されているので前作との繋がりはありません。

前作からのキャスト、3名も主要キャストとしてカムバックしているので、ファンにとっては嬉しいですよね!

早速、全話観たので感想とか書いていこうと思います(^^)

Netflixドラマ【ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー】あらすじ

1987年ロンドン

アメリカ人で教師のダニは、悲しい過去から逃げるためロンドンへ向かう。

子供が好きなダニは、ロンドンの田舎町ブライにある屋敷で両親を亡くした兄妹の世話係に応募した。

住み込みで働き始めたダニは自然豊かな環境と、温かい人柄の同僚たちに恵まれ穏やかな日々を過ごしていたが、次第に兄妹の言動に不気味さを感じ始める。

そんなある日、ダニは窓の外から屋敷内を覗く不審な男を目撃。

同僚たちの話しによると、男は自分たちの雇い主ヘンリーの元使用人で金を横領し逃走したピーターだということが判明するが、彼はすでに亡くなっており・・・

キャスト&登場人物

監督 マイク・フラナガン

ダニ (ヴィクトリア・ペドレッティ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Haunting of Bly Manor(@thehaunting)がシェアした投稿

アメリカからやってきた教師。
元婚約者を傷つけ死なせたのは自分のせいだと思い込み、彼の亡霊に苦しめられている。庭師ジェイミーとの関係もみどころ。

ダニを演じたのは、ヴィクトリア・ペドレッティ
フィラデルフィア出身、1995年生まれの25歳。
シーズン1となるヒルハウスでは、末っ子のネルを演じた。
その他、Netflixから配信中の大人気ドラマ「YOU-君がすべて」シーズン2では、サイコパスの主人公ジョーの新たな彼女ラブ役として出演している。

Netflix【YOU-君がすべて-】シーズン2あらすじネタバレ&感想・新恋人の正体はジョーよりヤバかった!Netflixドラマ「YOU-君がすべて-」シーズン2の配信が、12月26日(木)からスタートしました! https://hunn...

ピーター (オリヴァー・ジャクソン=コーエン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oliver Jackson-Cohen(@ojacksoncohen)がシェアした投稿

ヘンリーの使用人で、彼の弁護士事務所で働く男。
屋敷で教師をしていたレベッカと恋に落ち、事務所の金を横領してふたりで逃亡する計画を立てていたが、思わぬ事態に遭遇し悪霊となってしまう。

ピーターを演じたのは、オリヴァー・ジャクソン=コーエン
イングランド出身、1986年生まれの34歳。
シーズン1のヒルハウスでは、ネルの双子の兄を演じた。
2020年公開の映画「透明人間」などに出演している。

ヘンリー (ヘンリー・トーマス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Henry Thomas(@hjthomasjr)がシェアした投稿

マイルズとフローラの叔父で弁護士。
酒浸り子供たちから距離を取ろうとし続けるのは、実兄を裏切った罪悪感があるから。

ヘンリーを演じたのは、ヘンリー・トーマス
テキサス州出身、1971年生まれの49歳。
シーズン1のヒルハウスでは、5人兄弟の父親ヒューを演じた。
1982年公開の映画「E.T.」では、主人公エリオットを演じ、英国アカデミー賞の最優秀新人賞にノミネートされたことをキッカケに一躍有名に。

ジェイミー (アメリア・イヴ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

A M E L I A E V E(@vmeliveve)がシェアした投稿

屋敷で働く庭師。家族に恵まれず苦労したことから、人間より植物といる事を好む。
ぶっきらぼうな雰囲気だけど、ダニの人柄に触れ恋に落ちる。

ジェイミーを演じたのは、アメリア・イヴ
2020年公開のホラー映画「Dorcha」では主演を演じた。

ハナ (タニア・ミラー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

T’Nia Miller(@tniamiller)がシェアした投稿

屋敷で働く家政婦。
優しい女性だが、正義感が仇となり悪霊に殺されてしまう。
料理人オーウェンとの関係もみどころ。

ハナを演じたのは、タニア・ミラー
ドラマ「女刑事マーチェラ」や「ボーン・トゥ・キル」などに出演。

ボーン・トゥ・キル 僕が人を殺す時
BBCドラマ【ボーン・トゥ・キル 僕が人を殺す時】は少年が連続殺人鬼へ変貌するサイコサスペンス・あらすじネタバレ&感想『ボーン・トゥ・キル 僕が人を殺す時』は、イギリス制作による2017年公開のドラマです。 優しかった少年が異常なまでに父親に憧れ、...

オーウェン (ラフル・コーリー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rahul Kohli(@rahulkohli13)がシェアした投稿

屋敷で働く料理人で認知症の母を介護している。家政婦のハナに片思い中。

オーウェンを演じたのは、ラフル・コーリー
イングランド出身、1985年生まれの35歳。
ドラマシリーズ「iZombie」や映画「Happy Anniversary」に出演している。

レベッカ (タヒラ・シャリフ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tahirah Sharif(@tahirah_sharif)がシェアした投稿

マイルズとフローラの元世話係。夢は法廷弁護人になることだが、悪い男だと知らず、ヘンリーの使用人であったピーターと恋に落ち、命を落としてしまう。

レベッカを演じたのは、タヒラ・シャリフ
イングランド出身。Netflixシリーズ「クリスマス・プリンス」シリーズなどに出演。

Netflix映画【クリスマス・プリンス】ネタバレ感想&評価・王道のシンデレラ・ストーリーNetflix「クリスマス・プリンス」は、2017年公開の映画です。 翌2018年には、続編となる「クリスマス・プリンス/ロイヤル...

ヴァイオラ (ケイト・シーゲル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kate Siegel(@katesiegelofficial)がシェアした投稿

物語の核となる女幽霊。
17世紀半ばに妹のパーディタと共に屋敷に住んでいたが、結婚出産を終えたあと病に倒れ、人が変わってしまう。彼女が屋敷の中を歩き回るのは、一人娘のイザベルを探しているから。

ヴァイオラを演じたのは、ケイト・シーゲル
メリーランド州出身、1982年生まれの38歳。
前作「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」では、5人兄弟の次女テオドラを演じた。

Netflixドラマ【ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー】ネタバレ感想&評価95点

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Haunting of Bly Manor(@thehaunting)がシェアした投稿

本作は、2018年に公開された「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」の制作陣が手掛けた第2弾となる作品です。

前作に引き続き、マイク・フラナガンがクリエイターを務めています。

第2弾とはいえ、ストーリーが一新されているので前作との関わりは全くありません。
なので、ヒルハウスを見ずにこちらを先に観ても全然OKですね。

で、ヒルハウスは首折れ女が登場したりと、ザ・ホラーという感じでしたが、今作はホラー要素は控えめなので、怖いのが苦手な方でも全然観れると思います!

どうしても前半は、ヒルハウスと比べてしまってガッカリした部分も多かったんですけど、最後まで観て感想変わりましたww

めっちゃ良い作品なので、本当におすすめ!
寧ろ、ヒルハウスよりお勧めかもw

ここからは、ネタバレが沢山ありますので、知りたくない方はご注意ください。

ヒルハウスからのキャストが登場

ブライマナーでは、ヒルハウスからのキャストが5名登場!

まず、前作で首折れ女に悩まされたネル役のヴィクトリア・ペドレッティが主人公ダニとして登場します。ネルもダニも雰囲気は同じでしたねww
ヴィクトリア・ペドレッティのふわふわした感じが可愛いなぁ♥と思うんですけど、今作では女性同士の恋愛も描かれていて嬉しい。

続いて、前作で双子の兄ルークを演じたオリヴァー・ジャクソン=コーエンがヘンリーの使用人ピーターとして登場します。前作は薬中で終始だらしないルックスでしたが、今作はスーツ姿がめっちゃ似合うイケメンに大変身してる(^^)

なんだけど!

けっこう嫌な男なんですよ。
超イケメンなんだけど、あの憎ったらしい顔がなんとも言えない・・・ww

前作で5人兄弟の若き頃の父ヒューを演じたヘンリー・トーマスも、同じくヘンリーと言う名前で登場しますが、あまり良い役どころではなかったかなー。そりゃ罪悪感に悩まされるわって感じよ。

前作で5人兄弟の次女テオドラを演じたケイト・シーゲルも登場しますが、彼女が登場するのは8話のみとなっております。ヒルハウスのときから思ってたんですけど、アンジェリーナ・ジョリーに少し似てると思いませんか?(^^)

物語の核となる女の幽霊を演じてるんですけど、やっぱりキレイだわ♥

最後は、前作で子供たち5人の母親を演じたカーラ・グギノ。
第1話&9話のみに登場するんですけど、物語の語りてで、年老いたかつての庭師として登場します。

彼女がジェイミーだと知ったときはめっちゃ驚いたΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

ホラーと見せかけた恋物語

ヒルハウスはバリバリのホラーでしたが、ブライマナーは完全にラブストーリー寄りとなっております。

もちろん怖いシーンも多少あるんですけど、ゾクッとするようなシーンはあまりないかな。あくまでラブストーリーがメインだから怖さレベルは控えめかなと思います。

なので、ヒルハウスみたいな超怖いやつを想像してるとガッカリするかも。
私も怖いの大好きだから、前半はけっこうガッカリしたんですけど、少しのホラー要素の中に素敵な恋物語が用意されていたので、違う意味で楽しめました。

特に主人公ダニの過去が明らかになった辺りから面白くなって、退屈だわと思いながら観てた前半とは打って変わって、一気に引き込まれましたねー。

ダニが元カレの亡霊に付き纏われるのも、彼を傷つけてしまったことへの罪悪感なんだろうな・・・。
だから、あの幽霊に関して言えば、きっとダニが作り出してしまった妄想の物なんだと思う。

完全に予想外だったのが、ダニと庭師ジェイミーが恋人関係になることよ(^^)

ヒルハウスでもテオドラがレズビアンとして描かれていましたが、まさかブライマナーにも女性同士の恋愛が描かれていたとは嬉しい限りですww

しかも、彼女たちの関係こそが物語の中心なので、2人が出会うシーンとか、ひとつひとつの会話が見どころですよね。

特に、9話での2人の関係が本当に素敵過ぎる♥
ふたりの関係から住まいのアパート、経営するお花屋さんまで全部が可愛いくて。

なのに、そんなダニとジェイミーを待ち受ける結末がマジで切なくて泣けた(;_;)

その他、料理人のオーウェンと家政婦ハナの関係も素敵なんだけど、こちらもまた切ない結末なんですよね。

ていうか、どの人物をとっても切なくて悲しい結末しか用意されていやん・・・。

ストーリー展開がGOOD!

5話以降は、登場人物の記憶と回想のシーンが多くてワケ分からなくなりそうだったけど、伏線の貼り方とそれを回収する展開がすごい良かったですね。

1話は結婚式のシーンから始まりますが、最終9話で結婚式の主役とその語り手の正体が明らかになったシーンはウルっとしました。

最終話でいきなり泣かされるのは、ヒルハウスと同じなんですよ。
ヒルハウスでも大概泣かされましたからねww

ヒルハウスでは、家族愛に泣かされ、ブライマナーでは愛する人を待ち続ける切なさに泣かされた。

少しのホラーに、恋物語、そして泣けるラスト・・・
ある意味、ヒルハウスよりもバランスが取れているのかも。

前半は、断然ヒルハウスの方が好きって思ったけど、最後まで観ると私的にはブライマナーの方が心に染みましたね。

女幽霊の正体

いやー  てっきりあの女の幽霊って子供たちの母親だと思ってましたが、全然違う人だったわww

で、物語の核となる女幽霊ですが、彼女の過去、幽霊になった経緯を知ったらまた泣けた。こんなに泣いてるの私だけかもしれないけどww

彼女の妹も姉を裏切るつもりなんかなかったと思うんですよね。
姉妹すごく仲がよかったのに、結局病に心まで蝕まれたってことなのかな。

娘のために残した遺品のトランクごと、魂まで湖に沈められ、毎晩湖から這い出て屋敷を歩き回るのは一人娘に会いたいからって悲しすぎるわ。

17世紀の話なら娘のイザベルもとっくに亡くなってるわけだし、娘の遺骨と共に供養してあげたら成仏しそうだけどそんな単純な話じゃないのかしら。

女の幽霊から必死にダニを守ろうとしたフローラも健気だった。
で、女はフローラを自分の娘イザベルと勘違いし、湖に連れていこうとするんだけど、最悪なことにそれを阻止しようとしたダニに取り憑いてしまいます。

その後、ダニはジェイミーと屋敷を離れ、数年間幸せな日々を送るんですけど、そんな彼女の元にまた女幽霊が姿を現すのよ・・・。

ダニは、愛するジェイミーにまで危険が迫っていると感じ、彼女を守るため自ら湖へ行き自殺したのでした。

残されたジェイミーは?というと、あれから数年?数十年経過した現在もダニの帰りを待ち、彼女を想い続けているのです。

どうしても主人公をあの世に連れて行かなきゃいけないのは、ヒルハウスと同じなのね(T_T)

まとめ

今回は、「ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー」の紹介と感想でした!

そうそう!1話と9話に登場したのは、かつて少女だったフローラの結婚式だったんですねー。
フローラとマイルズは、屋敷での恐ろしい記憶が無いみたいだから、目の前にいるのがかつて庭師として働いていたジェイミーだということに気付いているんだろうか・・・。

あんなに可愛がってくれたハナの記憶はないみたいですからね。

あの結婚式には、料理人のオーウェン、年老いたヘンリー、そして大人になったマイルズの姿もありましたね。

ホラーと恋物語が上手くマッチしていて、めっちゃ好きなタイプのドラマでした♪

ヒルハウスを知らなくても楽しめるので、気になる方は是非チェックしてみて!