洋画

【マイアミ・ガイズ-俺たちはギャングだ-】はほっこりするコメディ映画・あらすじネタバレ&感想

マイアミガイズ

『マイアミ・ガイズ-俺たちはギャングだ-』は、2000年公開のコメディ映画です。

古びたレジデンス・ホテルで隠居生活を送る仲良し4人組の元ギャングたちが、立ち退きを迫られたことで、大事件を起こしてしまい麻薬組織から狙われてしまう物語。

結論から言うと、めちゃくちゃ好きなタイプの映画でした!!

20年前の映画ですが、もっと早く観たかったなー。

映画【マイアミ・ガイズ-俺たちはギャングだ-】あらすじ

幼なじみで元ギャングの仲良し4人組。

かつては恐れられた男たちも、現在は古びたレジデンスホテルで隠居生活を送っていた。

細々と年金生活をしていた4人だったが、立ち退きを迫られるようになり困惑する。

金も行くあてもなかった4人は、自分たちが暮らすホテルで偽の殺人事件を仕立て、立ち退きから逃れようとしていた。

しかし、知らずに彼らが用意した死体は、麻薬王の父親だった。

立ち退きから逃れたい老人の悪あがきが、ギャング抗争事件に発展してしまい、4人は命を狙われるようになる。

キャスト

監督 マイケル・ディナー

  • リチャード・ドレイファス
  • バート・レイノルズ
  • ダン・ヘダヤ
  • シーモア・カッセル

映画【マイアミ・ガイズ-俺たちはギャングだ-】ネタバレ感想&評価92点

現在は老人の元ギャング4人が、アパートの立ち退きから逃れるために、やらかしちゃって麻薬組織から追われることになってしまったコメディ映画です。

全然面白くないという感想も見かけましたが、私は完璧ハマりました(笑)

映画の冒頭で30代だったギャング時代を映し、その後60過ぎの老人になった彼らが観られるのでストーリーに入りやすかったです。

ジョーイは、相変わらず短気でバットを振り回すことが大好き

マイクは、昔と変わらず優男だけど、やっぱりどこか抜けてる

トニーは、前立腺を患いながらも相変わらず女好きで無口

ボビーは、一番のしっかりもの、生き別れになった娘を探してマイアミへ

ひとりひとり、しっかりとキャラがあり、老人になった彼ら目線で物語が進むハチャメチャ感がたまりません。

お腹を抱えて笑うようなシーンはないけど、とにかく4人がめちゃくちゃ可愛らしい♥

かつて恐れられた4人も、30年経つとこんな風になっちゃうのねって感じです。

昔のように、ボビーの運転でドライブする時も、みんなドコかに掴まってるし、ディナーに行く時間も5時とか、見事にお年寄りの生活を覗いているようで面白かったです。

明らかに老人だけど、心は若く自分たちはまだギャングだと思っているからさぁ大変。

心と行動のギャップが絶妙でした(笑)

ギャングぶってるのに、誰一人盗んできた死体を撃てなかったり、ニセの殺人事件を仕立てるために、人体模型を置いたり、クスッと笑えるシーンが沢山あります。

で、その遺体というのが麻薬王の父親だったことから、大事件に発展、4人は最終的に麻薬組織から追われることになるドタバタ劇です。

4人を助けるために登場する元ギャング仲間のお爺ちゃんたちも、みんないい味出していて面白かったですね。

元ギャングの面々だけど、現在は手紙や可愛いクリスマスカードを贈り合ったりしていて、そういうシーンはすごくほっこりしました♥




そして、本作のもうひとつの見どころが、ボビーと生き別れになってしまった娘の関係です。

刑務所に入っている間に、元妻が当時5才の娘を連れてボビーの元からいなくなってしまいました。

何十年か経過した後、娘がマイアミに住んでいると知ったボビーは、娘に会いたくて3人と共にニュージャージーから移り住んできます。

自分たちが仕立てたニセの殺人事件を担当した刑事が、ボビーが長年探し続けた娘だったんですね。

昔と変わらず、浜辺で寄り添うボビーと娘オリヴィアのシーンが素敵。

最後は、ハッピーエンドだし、とってもスッキリする映画でした!

いくつになっても、昔と変わらない友情って本当に素敵ですね(*^^*)

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>