洋画

映画【ストーンウォール】ネタバレ感想・あの反乱はプライドパレードの原点だった!

今回は、わたしの大好きな映画【ストーンウォール】をご紹介したいとおもいます。

この作品は、1969年の「ストーンウォールの反乱」を背景に描かれたものです。

今では、世界中でプライド・パレードが行われるようになりましたが、ゲイ開放を求めるデモは1970年に初めてニューヨークで実施されました。

そのキッカケこそが、1969年6月に起きた「ストーンウォールの反乱」だったのです。

毎年プライド・パレードが6月を中心に行われているのも、ストーンウォールの反乱を記念してなんですよ!

「ストーンウォールの反乱」とは?

ストーンウォールの反乱は、1969年6月28日、ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン 」が警察による踏み込み捜査を受けた際、居合わせた「同性愛者らが初めて警官に真っ向から立ち向かって暴動となった事件」と、これに端を発する一連の「権力による同性愛者らの迫害に立ち向かう抵抗運動」を指す。この運動は、後に同性愛者らの権利獲得運動の転換点となった。  引用:Wikipedia

映画【ストーンウォール】あらすじ

主人公のダニーは、インディアナ州で高校生活を送っている普通の少年だったが、ある秘密を抱えていた。
幼なじみのジョーに恋をし、時々彼女のいるジョーとエッチなことをしていたのだ。

その場面を友人に見られてしまい、学校中、そしてアメフトのコーチをやっていた厳格な父にもバレ勘当され、ジョーにも「酔っ払っていた時にダニーに言い寄られて、正常な判断ができなかった」と裏切られ絶望する。

ニューヨークにあるコロンビア大に秋から進学することが決まっていたダニーは、家を飛び出しニューヨークへ向かった。
行く宛がなかったダニーは、ゲイタウンのクリストファー・ストリートにたどり着き売春をして生計を立てていたゲイのレイと、その仲間に出会う。

レイとその友人たちは、ゲイという理由で住むところも仕事もなく、売春をしながらクリストファーストリートで生活をしていた。

ダニーは、父がコロンビア大の奨学金を受けるための書類を送ってくれなかったため、行く宛がなく、レイたちとしばらく行動を共にすることになった。

レイに連れられて行ったストーンウォール・インというゲイバーで年上のトレバーに出会っうが、ダニーに片思いをしていたレイは快く思っていなかった。

トレバーは、ゲイの権利を求めて戦っている熱心な活動家で、お互い惹かれる部分もあり一夜を共に過ごしてしまう。

その後、トレバーのアパートで一緒に暮らし始め、奨学金を得るために夜間学校にも通い始めたダニーだったが、ある日トレバーが若い男と浮気をしている場面を目撃してしまい、彼のアパートを飛び出す。

再び、レイたちと行動を共にすることになったダニーだったが、ある日レイが客から酷い暴行を受けたことを知る。

同性愛者であるというだけで、迫害を受け、警官やゲイの客ですら彼らを見下すために暴行をするという現実にダニーの中で抑えきれない怒りの感情が湧いた。

そんなある日、バーを仕切っていた男エドの画策で、ダニーが誘拐され、高級売春組織に強制的に斡旋されそうになる。

危機一髪のところで、レイに助けられるが、エドを問い詰めに行った彼のバーで警察の急襲を受け、仲間が逮捕されるのを見たダニーは、「ゲイに力を!」と叫びながらストーンウォールインにレンガを投げ入れ、それが発端となり暴動が起こった。

今まで押さえつけられ、迫害を受けてきた同性愛者たちの怒りは収まることがなく、その後暴動は3日間続いた・・・・。

暴動が収束したあとダニーは、ストーンウォールを去った。
大学での初年度を終えたダニーは、故郷に戻り、妹にニューヨークで行われるゲイ解放運動に参加する予定であることを伝える。

そしてパレードの当日、レイたちと再会を果たしたダニーは行進を始めるが、そこで泣きながら応援する母と妹を路肩で発見する。

キャスト

  • ジェレミー・アーヴァイン
  • ジョニー・ボーシャン
  • ジョーイ・キング
  • ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  • マット・クレイヴン
  • デヴィッド・キュービット
  • ジョナサン・リース・マイヤー
  • ウラジミール・アレクシス
  • ベン・サリヴァン
  • アンドレア・フランクル
  • パトリック・ギャロウ
  • アレックス・C・ナチ
  • カール・グルスマ
  • オトージャ・アビット
  • ロン・パールマン

ネタバレ感想

ストーンウォールの反乱についての感想

この映画を観るまで、ストーンウォールの反乱について全く知らなかったので衝撃的でした。

まず、1960年代のアメリカでは同性愛者は、警察や社会から屈辱的な扱いを受け続けていました。

同性愛者の雇用を禁じられていた

同性愛者は精神疾患とみなされていた

同性愛者が店で酒を飲むことも集会を開くことも違法だった

同性愛の治療として電気ショックが施されていた

同性間で性交を持った場合は、罰せられていた

同性愛者というだけで、こんなに酷い扱いを受けていたなんて、今の時代では信じがたいですが、これが1960年代のアメリカの現実でした。

雇用を禁じていたので、生活の基盤となるまともな仕事にすらありつけなかったのです。

だから、映画の中でも描かれているように、みんなが売春をしていたんですね。ときには、警官がゲイの客になりすまして、同性愛者を拘束することもあったようです。

衝撃的だったのが、治療として電気ショックが施されていたこと。
わたしも、あの時代のアメリカに生まれていたら電気ビリビリされていたのでしょうか。
想像するだけでゾッとします。

日々、警察から屈辱的な扱いを受けていた同性愛者たちの我慢も限界に達し、1969年6月28日に歴史に残るストーンウォールの反乱が起こったのです。

彼らのおかげで、LGBTの人々に対する社会の偏見の目は少しずつ変わっていきました。

映画の主人公ダニーは架空の人物ですが、他の数人の登場人物は実際に存在する方々で、ストーンウォールの反乱後、同性愛者を支援する組織を設立したりしています。

驚いたのが、ストーンウォールイン(ゲイバー)を牛耳り、若いゲイの子たちをエサに金儲けしていた悪党のエドです。

エドは反乱の時に逮捕されましたが、その後逃げ出し、失踪。
しかし、戻ってきたときにはゲイ解放の熱心な活動家に大変身を遂げ、その後ニューヨークのデモでその功績が称えられるようになったそうです。

ストーンウォールの反乱から一周年を記念して、ゲイ解放戦線の企画で5000人以上の男女がグリニッジ・ヴィレッジからセントラル・パークまで行進しました。

これがニューヨークでの最初のLGBTのためのプライド・パレードだったんですね〜。

以後、毎年6月の最終日曜日にプライド・パレードが行われています。
あの出来事が今に繋がっているんだなと歴史を感じます。

映画の感想

まず映画を見て思ったのが、俳優たちの演技力の高さです。

主演のジェレミー・アーヴァインも良い演技をしていましたけど、それよりもレイを演じていたジョニー・ボーシャンです!

ジョニーはプライベートでも、本当にゲイの方なので喋り方や仕草なんかもすごくリアルだったし、何より色気がすごいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I mean.. spring in the city with my man? It doesn’t get better👬 @dopefreckles • • • #nyc #cityboys #spring #datenight #myman #boyfriend #freckles

Jonny Beauchampさん(@jonnybeauchamp)がシェアした投稿 –

↑の写真は、彼氏と食事に出かけたときのものです♪

映画の話に戻りますが、モヤッとする場面があるんですよね。

ストーンウォールの反乱が収束して出ていこうとしているデニーをレイが呼び止めます。

前向きに物事をとらえようとしているレイに対し、「君を愛せない。君と僕は違いすぎるんだ」と酷いことをいうシーン。

あんなに世話になったレイに、君と僕は違いすぎるなんて言わなきゃダメなの?
そりゃ、ダニーはコロンビア大に進学するから、路上で生活しているレイや他のゲイの子たちとは違うけど、あの場面は見ていて悲しかった。

それで、大学初年度を終えたデニーは、故郷へ帰省して自分を裏切った、幼なじみのジョーを尋ねて、「本当に愛していた、今でさえ・・・」とか言い出すし。

いやいや、本当に大切にしなきゃいけない人が違うでしょ!

ダニー自体、架空の人物なので仕方ないけど、ジョーに会いに行く場面はいらなかったとおもいます。

そして、ダニーと両親との関係にも少しずつ変化がありました。

帰省したとき、ダニーに気付いた父親が一時は車を停車させるも、その後近づいてきたダニーを避けるように車を発進させたシーン。

たぶん、息子がゲイだという事実を厳格な父なりに受け入れようと努力している最中なんだと思います。
それが、バックミラーに映る息子を見つめる表情に現れていましたよね。

そして、最後のニューヨークのデモで行進するダニーを、誇らしげに見つめる母親の顔が印象的でした。

母親の方は、最初から息子がゲイだという事実を認めてあげたかったけど、ゲイは犯罪だなんて言われていた時代だったので、世間がそうさせなかったんだろうなと思います。

ストーンウォールの反乱から50年が経過した今でさえ、全米の若いホームレスの4割は、性的少数派(LGBT)の人々だということに驚きました。

今年の夏、ニューヨークへ遊びに行ったときに若いホームレスの子たちを数人見かけたんですけど、もしかしたらLGBTの子たちだったのかもしれませんね。

昔に比べると、同性愛者の人々もだいぶ生きやすい社会になったとは言え、未だに偏見やイジメなどがあるので、はやく普通に堂々と自分はLGBTの当事者だと言える世の中になってほしいなとおもいます。

そして、この映画をもっと多くの人に観てほしいです。

感想&評価88点(100点中)

この作品を見れば、同性愛者がどのように扱われてきたのか、そしてストーンウォールの反乱、プライド・パレードの歴史など、すべてを理解することができるとおもいます。

U-NEXTで配信されていますので、もしよければご覧になってみてくださいね。