Netflix

Netflixドラマ【栄光へのスピン】シーズン1・あらすじネタバレ&感想評価・フィギュアスケートに興味なくても楽しめる

Netflixドラマ「栄光へのスピン」シーズン1の配信が、1月1日(水)からスタートしました!

過去の怪我でトラウマを負ったフィギュアスケート選手が、家族との確執、嫉妬や恋、心の病に向き合いながらスケーターとして成長していくストーリー。

けっこうダークな物語ですが、フィギュアスケートだけでなく家族の形や友情、そして恋愛の部分までしっかり描かれていて普通に面白かったです。

フィギュアスケートを見ない方でも楽しめるとおもいます♪

Netflixドラマ【栄光へのスピン】シーズン1・簡単なあらすじ

主人公のカトリーナ(キャット)は、過去の試合で転倒し頭蓋骨骨折したことがトラウマとなり、ジャンプをすることが怖くなっていた。

現役スケーターとして限界を感じたキャットは、コーチになるための試験を受けるもダブルルッツで失敗し、不合格になる。

妹セリーナもフィギュアスケート選手だが、キャットとは違い州の期待の星だ。

元フィギュアスケート選手の母キャロルは、16歳のときにキャットを妊娠したことで現役引退を余儀なくされた。

娘たちが成長した今でさえ、キャットのせいでスケートができなくなったと思っているキャロルはキャットに冷たく当たり、家庭内ではケンカが絶えない。

そして、もうひとつ2人の関係が上手くいかない理由があった。

それは、キャロルの双極性障害が娘のキャットにも遺伝してしまったからだ。

キャットは家族にもスケートにも嫌気がさし、家族から離れることを決意する。

そんなとき、コーチのダーシャからジャスティンとペアを組むよう提案される。

ダーシャは、キャットに才能を感じ2年で全米選手権に出場させることを約束した。

キャットとジャスティンは、1年前一夜を共にした仲だったが、その後の関係は最悪だった。

ペアを組んだものの、ふたりの息が全く合わずリフトもできない状態が続いたが、その後キャットとジャスティンの関係が変わり、私生活でもパートナーとなる。

その頃から、不安定だったキャットの精神状態も安定していきスケートでも良い滑りを見せるようになる。

更に上を目指したいキャットは、双極性障害の薬がスケートに影響していると感じ自己判断で服用を中止してしまう。

しかし、リチウムの服用を止めてから躁の状態が長く続き、キャットを庇ったジャスティンや友人らを巻き込んで大変な事態となる。

そして、キャットがずっと隠し通していた双極性障害が皆にバレてしまい・・・

キャスト

カヤ・スコデラーリオ(Kaya Scodelario)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vogue Russia @cartier 2019

Kaya Scodelario(@kayascods)がシェアした投稿 –

ジャニュアリー・ジョーンズ(January Jones)

ウィル・ケンプ(Will Kemp)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#monday #motivation #picoftheday #photooftheday #photo 📸 c/o @ursula.vari #mondaymotivation #photography #december #focus

Will Kemp(@iamwillkemp)がシェアした投稿 –

ウィロウ・シールズ(Willow Shields)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Head in the clouds ☁️

Willow Shields(@willowshields)がシェアした投稿 –

エヴァン・ロデリック(Evan Roderic)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evan Roderick(@evanroderick)がシェアした投稿

Amanda Zhou

ミッチェル・エドワーズ(Mitchell Edwards)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wait…you haven’t watched #spinningoutnetflix yet? Happy New Year y’all! #netflix

Mitchell Edwards(@_mitchelledwards)がシェアした投稿 –

登場人物

キャット
過去に負った怪我が原因で、かつての滑りができなくなる。
母親からの遺伝で双極性障害を患う。
ダーシャコーチとジャスティンに出会ったことで、諦めかけていたフィギュア人生に光がさし始める。

キャロル
キャットとセリーナの母親。
16歳でキャットを妊娠し、フィギュアを諦めた。
双極性障害を患い、娘に暴言を吐いていたが本気で病と向き合うことを決意する。

セリーナ
キャロルの娘でキャットの妹。
同じくフィギュアスケート選手、州の期待の星。
病を患う母と姉の板挟みとなり、寂しさから悪い男に引っかかってしまう。

ジャスティン
キャットがアルバイトするバーが入った、ホテルオーナーの息子。
キャットとペアを組み、ダーシャの元でオリンピックを目指す。
キャットに本気で恋する。

ジェン
キャットの12年来の親友。
ジャスティンに片思いしていた。
いつもキャットの味方だったが、ふたりの関係を知りキャットと険悪ムードに。

マーカス
キャットがアルバイトするバーの同僚。
スタンフォード大の医学部を辞退して、スキーチームに参加しオリンピックを目指すことを決意。
キャットに片思いしていたが、ホテルで働くアラーナと新しく関係を築く。

ダーシャ
キャットとジャスティンのコーチ。
40年前、オリンピックに出場経験がある。
当時付き合っていた彼女のことが忘れられず、40年振りにSNSを使いコンタクトを取る。

ミッチ
キャロルの恋人でセリーナのコーチ。
キャロルの病気を理解した上で支えていこうとするも、キャロルの浮気を知り傷つけられる。

マンディ
ジャスティンの父ジェームズの再婚相手。
15才の頃に赤ちゃんを養子に出した過去があり、娘と同年代のキャットに優しくする。
ジェームズとの間に赤ちゃんを授かる。

アラーナ
ホテルのコンシェルジュ。
マーカスと恋人同士になる。

ゲイブ
ジャスティンの友人で、リアとペアを組むライバル。

リア
ゲイブとペアを組む意地悪な女。

Netflixドラマ【栄光へのスピン】シーズン1・ネタバレ感想と評価85点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seems like stopping isn’t an option then, is it?

Spinning Out(@spinningoutnetflix)がシェアした投稿 –

主人公のキャットと、母のキャロルが双極性障害を患っているのでカナリ暗い雰囲気でストーリーが進んでいきます。

オリンピックに出場するために壊れそうな身体を酷使したり、ライバルへの妬み、心の病、ペア選手との恋愛とか、実際の華やかなフィギュアスケートの裏側も、もしかしたらドラマに近い部分とかあるのかなーと勝手な想像しながら観てました(*´ω`*)

ドラマの1〜2話はあまりにもストーリーが暗く重いので、途中で何度も観るの止めようとおもいましたが、登場人物について理解できるようになると、一気に面白いドラマになりました。

最初の数話は、母であるキャロルや妹セリーナのキャットへの態度が酷く、可哀想で仕方がなかったです。

キャロルは娘のキャットを否定しまくるし、「マジでこの家族何なんだろう?」と思いながら観てたけど、母娘がこういう関係なのは少なからず病気が関係しているんだと途中で気付きました。

違う視点で観るとキャロルの娘を想う気持ちに気付くことができるとおもいます。
病気が原因しているだけでなく、愛情表現が下手だから娘たちと良好な関係が築きにくいのかなと。

主人公のキャットは、コーチになることすらできず、フィギュアスケートの世界から離れようとしますが、そんな時コーチであるダーシャと出会い、これがキャットのフィギュア人生を大きく変える出来事となります。

ジャスティンとペアを組み、病気や家族の問題に直面しながらもどん底から這い上がろうとする姿には勇気をもらいました。

「スケートすることは息をすることと同じ。もし止めてしまったら溺れ死んでしまう」というキャットの台詞がすごく印象的でした。

シーズン1でキャットが抱える問題↓

母キャロルとの確執。
妹セリーナとの関係や彼女を傷つける男。
同僚のマーカスとジャスティンで三角関係に。
ジャスティンに片思いしていた親友と絶縁状態に。
双極性障害を抱えながらスケートすることの難しさ。

次から次へと新たな問題が発生するので、正直鬱陶しい部分はあるけど、それでも観てしまう不思議なドラマです(笑)

特に、後半キャットが薬の服用を自己判断で止めてから別人のようにイヤな女になっちゃうんですけど、大切な人たちを傷つけてしまうシーンは本当酷かったです。

その失態が原因で、また全てを失いかけるキャットですが、自分が双極性障害だということを皆に告白する決意をします。

何より嬉しかったのが、ジャスティンとのことで絶縁状態になってしまった親友ジェンとの友情が復活したことです。

と言いつつ、妹セリーナが医者の男で現在のジェンの彼氏に遊ばれたことで、またふたりの関係に亀裂が入るんですけどね^^;

色々問題が絶えないキャットですが、地区選手権のショートプログラムでキャットとジャスティンのペアが1位になります。

1話の時とは比べ物にならないくらいキャットの演技が上手くなってるんですよね〜。

このドラマに出演している俳優さんたちは元フィギュアスケートの選手なのでしょうか??
ゲイブ役のジョニー・ウィアーは、オリンピックに出場経験のある選手みたいですね。

合成なのか、本当に滑っているのか分からないけど、スケートのシーンも見どころのひとつです!!

シーズン1のラストは、娘のセリーナが医師の男に傷つけられたことを知った母キャロルが、バットを持って男の家に行き、殴るところで終わりました。

もっと違う解決方法があっただろうに、まさかバットで殴打なんて、さすがキャロルですね^^;

でも、これが不器用なキャロルなりの娘を想う愛情なんですよね。

最初はすっごく酷い母親だったので嫌いだったけど、今は見る目が変わりました。

1〜2話は、暗くて観るの止めようと思うかもしれませんが、ストーリーが進むにつれだんだんと面白くなってきますので、是非我慢して観てください(笑)

普通にオススメできる良いドラマだとおもいます!