Netflix

ネタバレ感想【我らのための死】はひたすら暗くて重いスペインのリミテッドドラマ

netflix 我らのための死

Netflixリミテッドシリーズ「我らのための死」の配信が、10月16日(金)からスタート!

1950年代のスペインを舞台に、帰省した青年とメキシコからやってきた友人にかけられた同性愛疑惑をめぐって悲劇が引き起こされる物語です。

本作は、リミテッドシリーズなので3話完結となっております。

Netflixリミテッドドラマ【我らのための死】あらすじ

ガビーノは、10年ぶりに友人のラザロを連れスペインへ帰省した。

母ミナは大喜びだが、父グレゴリオと祖母はガビーノの友人ラザロに不快感を示す。

ガビーノは2ヶ月間の休暇のつもりだったが、父グレゴリオはガビーノに名家の娘との縁談、そして靴工場での財務管理者補佐の仕事を用意していた。

ガビーノは父に言われるがまま、アルダマス家の娘カイエタナと食事をするが、カイエタナはガビーノの友人ラザロに一目惚れしてしまう。

そんなラザロは、ガビーノの母ミナに恋心を抱いていた。

ラザロがバレエダンサーであることが知れ渡ると、ガビーノとラザロが同性愛の関係にあるという噂が広がり始め・・・

キャスト

監督 マノロ・カーロ

  • カルメン・マウラ
  • セシリア・スアレス
  • エステル・エスポシト
  • エルネスト・アルテリオ
  • アレハンドロ・スペイツェ
  • イサック・エルナンデス
  • カルロス・クウェヴァス
  • マリオラ・フエンテス
  • ピラール・カストロ

Netflixリミテッドドラマ【我らのための死】ネタバレ感想&評価55点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alguien tiene que Morir(@alguientienequemorirnetflixtv)がシェアした投稿

1950年代を舞台に、帰省した青年と連れてきたメキシコ人男性との関係を疑う保守的な社会が引き起こした悲劇を描いた物語です。

3話完結のリミテッドシリーズなのでサクッと観れますが、内容は重くて暗い。

それに加え、人間関係はドロドロで複雑、ロクな人間が登場しません。

はい、お察しのとおり全く面白くなかったです!!
唯一の救いは、3話完結という短さでしょうか。

1950年代のせいなのか、登場人物みんなギスギスしてるんですよね。だから、全体的に陰気臭くて、こんなの8〜9話まであったら間違いなくギブアップしてたと思う。

で、同性愛が重罪の時代に疑惑を掛けられた青年が元親友たちに暴行されるんですけど、その親友の男も実はゲイ。

たぶん、お互い初体験の相手なんだけど、元親友は自身を守るために今も想いを寄せる主人公に対し攻撃的なんですね。時代がそうさせたとはいえ、やっぱり観ててイラッとする、こういう人間。

副保安部長の父親もカナリの極悪人間なんですね。息子が同性愛者だという噂が広まったことで自身の立場が危うくなり、国へ忠誠心を示すために息子を警察に売っちゃうんですから。

ゲイ疑惑のもう片方、メキシコ人は実はゲイではなく主人公の母親に恋心を抱き、最後は男女の関係に。

気の荒い鬼父がそれを許すはずもなく、2人を射殺しようとするんだけど、極悪人だからそれを息子(主人公)にやらせようとするんです。

その他、主人公の祖母はドラマの黒幕的存在で大概の悪なのよ。
実はこの婆さん、自分の夫を殺した過去があるんですね。一人息子は真実を知らないんだけど、それをまだ幼かった孫(主人公)に目撃されたもんだから、口封じのためにメキシコ送りにした鬼ババアなんです。

とにかく祖母と父親のせいで、どのシーンも終始不快でしたね。
全部この2人が絡んでて、どこを取っても救われるシーンがなく、ひたすら悲劇として描かれてるから観てて面白みがないというかね。

ストーリーテンポも遅くダラダラしてる割には、最終話のラスト30分くらいからビックリするような展開になったり。

もう少しバランス考えようよ・・・って感じかな。

特に、主人公の母親とメキシコ人が男女の関係になるシーン無理あり過ぎやん。
支配的な義理の母と夫から必死で息子を守ろうとしてきた健気な母だったのに、ラスト30分で完全に淫らな母みたいなキャラに変わってるしww

夫と祖母のせいで息子が逮捕され拷問されてるって時によ!
しかも、メキシコ人の方もゲイ疑惑がかけられ警察に追われてるのに・・・。

母親とメキシコ人をくっつけるにしても、すぐそばで射撃大会が行われている森の中でのセッ○スシーンはいらないでしょ。あんなシーン入れるくらいなら、純粋な関係のままで終わらせたほうが良かったと思うけどなぁ。

ラストも何なのコレ!?って感じの急展開なやつ。
本当に3話で完結するんかな?って心配になるほどダラダラとストーリーが動かなかったのに、ラスト30分で一気に片付いちゃったわ。

途中から脚本考えるの面倒くさくなって、一気に登場人物殺したでしょ?って言いたくなるようなオチですからねww

スペインのドラマはけっこう好きな方だけど、これは期待はずれ。ダラダラ引っ張って引っ張って、あの終わり方は急ぎすぎだし、後味が悪過ぎるかなと。

個人的には、あの生意気な小娘カイエタナも巻き添え食って消えて欲しかったけどね(^^)