Netflix

ネタバレ感想 Netflix【リッチョーネの日差しの下で】は爽やかな青春映画・主題歌もカッコイイ!

netflix リッチョーネの日差しの下で

Netflix映画「リッチョーネの日差しの下で」の配信が7月1日(水)からスタート!

イタリアのビーチリゾート「リッチョーネ」を舞台に、知り合ったばかりの若者が愛に悩みながら、友情を育んでいく物語。

複数主人公なので最後まで飽きずに観れました!
予想よりずっと観れる作品でしたよー。

Netflix映画【リッチョーネの日差しの下で】あらすじ

盲目の少年ヴィンスは、母親のイレーネと共に休暇を満喫するためリッチョーネを訪れていた。
ビーチで知り合い友だちになったフリオに進められ、出会い系アプリを利用、そこでカミラという少女と出会う。
意気投合したふたりは、会う約束をするが、カミラには高校時代から交際中の彼氏の存在があった。

5年間、同じ女性に片思い中のマルコは、今年も愛する女性グエンダに会うためリッチョーネを訪れていた。
1年ぶりに会うグエンダだが、彼氏と別れたばかりでイライラしている。
マルコは、友人たちのアドバイス通りグエンダの相談相手になりながら、彼女の心に入り込もうとする。
しかし、マルコの予想に反し、グエンダは彼氏と復縁しミラノへ帰ろうとしていた。

一方、歌手志望のシロはオーディションを受けるためリッチョーネを訪れる。
オーディションは散々だったが、ビーチで知り合った友人たちと共にリッチョーネを満喫していた。
そんな彼の元に、彼女の親友エマがやってくる。
シロとエマは惹かれ合いキスするが、シロの彼女がリッチョーネへ来てしまう。

キャスト&登場人物

監督 ユーナッツ!

カミラ (ルトヴィカ・マルティーノ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ma quanto sono smart working?⌨️🎥

Ludovica Martino(@ludovicamartino)がシェアした投稿 –

赤毛の可愛らしい女の子。高校時代からの彼氏との関係もマンネリ化、13歳の頃からの夢だったカナダ留学も言い出せずにいた。そんなとき、出会い系アプリで盲目の少年ヴィンスと出会い恋に落ちる。

ヴィンス (ロレンツォ・ズルゾロ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

👽

Lorenzo Zurzolo(@lorenzo_zurzolo)がシェアした投稿 –

母親と訪れたリッチョーネで出会い系アプリで知り合ったカミラに恋する。
カミラに彼氏がいると知り深く傷つくが、手紙で想いを綴る。

マルコ (サウル・ナンニ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

La fragranza della forza della natura #acquadigio #armanibeauty @armanibeauty #advertising

Saul Nanni(@saulnanni)がシェアした投稿 –

気がキツい女の子グエンダに片思いして5年目。グエンダの相談役に徹し、心の中に入り込もうと企むが失敗に終わる。特技は恥をかくこと、マルコは5年間の想いに決着をつけるため、ある方法を使ってグエンダに告白する。

グエンダ (フォティニ・ペルーゾ)

マルコの自分を想う気持ちに気付かず、 彼氏と上手くいかないイライラをぶつける気がキツイ女の子。ミラノへ戻る直前、マルコの告白を受ける。

シロ (クリスティアーノ・カッカモ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Qué se come ? È la prima cosa che ho imparato qui ☺️. Ph: @lucatamborrini

Cristiano Caccamo(@cristianocaccamo)がシェアした投稿 –

歌手志望のシロはオーディション先のリッチョーネで友人エマへの気持ちに気付く。
彼女がリッチョーネへやってきたことでアタフタ。

エマ (クラウディア・トランケーゼ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Due chiacchiere con @marialuisadecre ❤️

Claudia Tranchese(@claudiatranchese)がシェアした投稿 –

リゾートホテルでアルバイトをするためリッチョーネを訪れる。
親友ヴィオの彼氏シロと行動を共にするようになり、惹かれ始める。
ヴィオを裏切れないエマは、シロと距離を取ろうとする。

Netflix映画【リッチョーネの日差しの下で】ネタバレ感想&評価77点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nessun respiro è stato trattenuto per realizzare questa foto Da oggi troverete #sottoilsolediriccione su @netflixit ♥️ regia @younutsprod

Ludovica Martino(@ludovicamartino)がシェアした投稿 –

ビーチリゾート、リッチョーネで知り合った若者たちの恋愛や友情を描いたイタリア映画です!

めっちゃギラギラしてて、いかにも青春映画って感じの物語なんだけど、珍しく全然イヤな感じもなく普通にみれました。

雰囲気のおかげなのかなー。ビーチ・リゾートが舞台なので、とにかく画的に開放的で観てるこっちまでビーチにいるような気分になるから不思議。

もちろん、若者たちのワチャワチャした感じはあるけど、高校生がアルコール呑んで酔いつぶれてるみたいな流れではないので、その点良かったですね。

そもそもティーンっていう設定ではないのかも!
盲目の少年でさえ20歳って言ってたから、みんな20代前半くらいかもしれないです。

それに、若者の恋愛だけじゃなくて、ヴィンスの母親イレーネと警備員ルチーオの中年カップルの関係も描かれていたりと、幅広い年齢層に向けて制作されたのが伝わってきます。

と言いつつ、私が一番気になったのは盲目の少年ヴィンスとカミラの恋の行方かな。
ふたりとも美男美女でお似合いなんですけど、カミラには高校時代からの彼氏がいたりね。

ヴィンスとのキスを彼氏に目撃されたシーンは最悪でしたね。
だって、目の見えないヴィンスを置き去りにして彼氏の方に行っちゃうんだから(笑)

同じ女性に5年片思いするマルコもなかなか良いキャラでした。
だけど、5年ってスゴイよね。私なら、とっとと気持ち伝えてキッパリ諦めたいですけどね。

あとは、ミュージシャン志望の男シロと、彼女の親友エマとの関係でしょうか。ふたりがプールに落ちたシーン好きだなぁ♥
エマは、本作で唯一の地味系女子なんですけど、意外と可愛かったです。

派手なキャピキャピ系女子の中に、地味系の子がひとりいるとなんだか見ていてホッコリするから不思議。

それで、登場するどのカップルにも当てはまることだけど、展開が早いのが特徴的。
ヴィンスとカミラなんて、出会ってまだ数日なのに「愛してるよ、君がどこにいようと僕の気持ちは変わらない」とか寝ぼけたこと言ってるし、

ヴィンスの母親イレーネとルチーオも、まだ出会って数日なのに・・・

と、数日間の夏の出来事を1時間40分に収めた恋愛青春映画となっております。
観てると、何日も経過してるみたいに見えるけど、コレほんの4〜5日の出来事ですからね(笑)

そう言えば、映画冒頭のシーンとラストのライブで流れていた曲がサイコー♥
調べてみると、「Riccione」という曲名で、MVを観てると映画を彷彿とさせるような場所が沢山登場します!

本当にリッチョーネってこんな感じなのかなぁ。
海外のビーチリゾートって感じで素敵ですね。