洋画

【レクイエム・フォー・ドリーム】は薬物依存を描いた最強映画・あらすじネタバレ&感想と評価

映画 レクイエム・フォー・ドリーム

『レクイエム・フォー・ドリーム』は、2000年公開の薬物依存を描いた映画です。

ドラッグ漬けの生活を送る若者や、ダイエット薬と思い込みドラッグを服用し続けてしまった老婆を描いた物語。

カナリ衝撃的な内容の映画ですが、依存中毒患者の悲惨な末路がリアルに描かれているので、どの年代の方にも是非観て欲しいなと思います。

映画【レクイエム・フォー・ドリーム】あらすじ

ブルックリンに住む孤独な未亡人サラは、夫に先立たれ、一人息子のハリーも独立し孤独な生活を送っていた。

そんなサラの唯一の楽しみは、お気に入りのテレビ番組を観ること。

ある日、大好きなテレビ番組の抽選で出演依頼の電話を受けたサラは嬉しさから舞い上がる。

お気に入りの赤いドレスを着て出演したいサラだったが、数年ぶりに着たドレスは小さくて入らない。

番組出演のために、ダイエットを決意したサラは、友人から痩せる薬の話を聞き、怪しい病院で処方された薬の服用を始める。

その頃一人息子のハリーは、ドラッグ着けの生活を送りながら、友人や彼女と一緒に密売に手を出してしまう。

最初は上手くいっていたビジネスだったが、次第にドラッグが手に入らなくなってしまい・・・

キャスト

監督 ダーレン・アロノフスキー

  • エレン・バースティン
  • ジャレッド・レト
  • ジェニファー・コネリー
  • ウェイアンズ
  • クリストファー・マクドナルド
  • ルイーズ・ラサー

映画【レクイエム・フォー・ドリーム】ネタバレ感想&評価88点

『テレビにチェーンを掛け必死に守ろうとする母親と、そのテレビをどこかへ運び出そうとする息子』という訳のわからないシーンから始まります。

気が狂ったような老婆と短気な息子の姿に、映画の冒頭から一気に引き込まれました。

薬物の怖さや依存を題材にした映画は多いですが、本作は安易に薬物に手を出し、堕ちるところまで堕ちてしまった人間の悲惨な末路を描いています。

なので、他作品のように更生したあと、人生を取り戻したというような生易しいストーリーではありません。

『薬物に手を出すと、こんな怖ろしい未来が待ってるぞ』と視聴者に強く印象付ける目的で制作されたのがよく伝わってくる映画です。

安易に手を出すのって若い子たちが多いのかと思っていましたが、主人公サラのように、老人でありながら気付いたら薬物中毒に陥っているなんてこともあるんですね。

何の知識もないと、密売人や悪医者の格好の餌食となってしまうわけです。

テレビ命の孤独な老婆が、番組出演に当選したことを期に、美に目覚め、友人から聞いた痩せ薬と呼ばれるものに手を出し、最終的には精神病院で電気ショック的な治療をされながら廃人となる姿がホラー映画並に恐ろしく描かれています。

現実の世界では、精神病院へ運ばれる前に薬物検査されると思うんですけど、大げさに描いた部分はあったとしても、それでもめちゃくちゃ怖かったですね(ToT)

老婆だけでなく、一人息子やその彼女、友人までみんな薬物中毒なので、4人それぞれの悲惨な末路を観ることができます。




ストーリーは四季に合わせて進んでいきますが、秋冬と季節が進むごとに状況は悪化、依存し中毒になるとこんな短期間で悪化しちゃうんですね。

本当に重い内容なので、最後は観ていて気分悪くなりそうでした。

主人公サラは、精神病院で廃人となり、一人息子のハリーは、不潔な注射器から感染症を起こし刑務所で腕を切断、彼女のマリオンはハリーが逮捕されたあと、薬物のために危険な男たちが参加するパーティーで自身を捨て、友人のタイロンは刑務所で禁断症状に苦しめられ続けます。

印象的だったのは、廃人となり変わり果てたサラの元に、友人ふたりがお見舞いにくるシーン。

あまりの変わりようにショックを受けた友人たちは、帰りのバス停の前で抱き合い涙していましたが、薬物の怖いところって当の本人たちだけでなく周りの人間さえも深く傷つけてしまうところなんですよね。。。

二度と引き返せないところまで堕ちてしまった友人を見て泣く。
あのシーンが全てを物語っているようで、切なくて怖かったです。

それにしても、主人公のサラが可哀想でした。

息子たちは自分の意思で危険な薬物と知りながら手を出したけど、サラに関しては医者から処方された薬を何の疑いもなく服用しちゃうんですから。

異変に気付いた息子に『それ覚○剤だよ!!!』って指摘されても、すでに中毒となっているため止めることができない、それどころかどんどん量も増えていく・・・

幻覚幻聴が現れ、医師に会いに行っても取り合ってもらえないとか、ただただ怖すぎるわ。

以前、Netflixで観た『ザ・ファーマシスト オピオイド危機の真相に迫る』というドキュメンタリーを思い出しました。

Netflixシリーズ【ザ・ファーマシスト オピオイド危機の真相に迫る】ネタバレ感想・父親の執念がスゴイ!Netflixシリーズ「ザ・ファーマシスト オピオイド危機の真相に迫る」の配信が2月5日(水)からスタートしました。 息子の死をキ...

医師が危険な薬物だと認識しながら、金のために多くの患者を薬物依存症に陥れた事件です。

闇医者と呼ばれる連中ですが、こんな医者たちの餌食にならないためにも、知識をつける事って本当に大事だとおもいます。

例えば、子どもたちに『絶対薬物に手を出したらダメ』と難しい言葉で教えるよりも、この映画を最後まで観せたほうが説得力あると思いますね。

20年前の映画なので古さは感じますが、カナリの衝撃作なのでどの年代の方にもオススメしたい作品です。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>