Netflix

ネタバレ感想 【パラメディック-闇の救急救命士-】は車椅子の男が元恋人を監禁する物語でけっこう面白い!

netflix パラメディック 闇の救急救命士

Netflix映画『パラメディック-闇の救急救命士-』の配信が9月16日(水)からスタート!

事故で下半身不随に陥った救急救命士の男が、自分を捨てた恋人に復讐する物語です。

車椅子の男が女性を監禁するという部分が斬新で、予想通り面白かったですよ!

Netflix映画【パラメディック-闇の救急救命士-】あらすじ

救急救命士のアンヘルは、恋人ヴァネとの関係がギクシャクしていることに悩んでいた。

その原因は、赤ちゃんがなかなか授からないことだが、アンヘルはヴァネを安心させるため精子検査へ行く。

しかし、アンヘルの予想に反し、不妊の原因は自分にあると告げられてしまう。
自分が原因だったことにショックを隠せないアンヘルは、検査結果をヴァネに伝えられずにいた。

その夜、アンヘルが乗った病人を搬送中の救急車が事故に遭い、横転。
打ちどころが悪かったアンヘルは、最悪なことに下半身不随となり、車椅子生活を余儀なくされてしまう。

1人では何もできない自分に苛立ちが隠せないアンヘルは、次第にヴァネの行動を疑うようになっていく。

ヴァネに男がいるのではと疑いを持ったアンヘルは、彼女のスマホにハッカーフォンという非合法アプリを仕込み、彼女の行動を監視するように。

ヴァネが自分から離れようとしている事を知ったアンヘルは、関係を仕切り直そうとするが、ヴァネがハッカーフォンの存在に気付いて出ていってしまう。

数ヶ月経過してもヴァネのことが吹っ切れないアンヘルは、彼女が通う学校の前で待ち伏せし、彼女に新しい恋人ができたことを知る。

ヴァネがすでに妊娠していることを知ったアンヘルは、ショックと怒りを抑えることができず・・・

キャスト

監督 カルレス・トラス

アンヘル (マリオ・カサス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mario Casas(@mario_houses)がシェアした投稿

救急救命士、勤務中の事故が原因で下半身不随に。
事故後は精神崩壊がヤバイ。
元恋人の監禁だけじゃなく、殺人までしちゃうから怖い。

アンヘルを演じたのは、マリオ・カサス。
スペイン出身、1986年生まれの34歳。
スペインの映画やドラマに多く出演している。

ヴァネ (デボラ・フランソワ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Déborah François(@deborah_francois_officiel)がシェアした投稿

アンヘルの恋人、動物の心理学を学びながら就業体験をしている学生。
アンヘルから気持ちが離れつつあるときに、彼が事故で後遺症を負ってしまう。
アンヘルと別れたあとは、新恋人ができ妊娠。

ヴァネを演じたのは、デボラ・フランソワ。
ベルギー出身、1987年生まれの33歳。
映画「メモリーズ・コーナー」や「タイピスト」に出演。

その他キャスト

  • ギジェルモ・フェニン
  • マリア・ロドリゲス・ソト
  • セルソ・ブガーリョ
  • ラウール・ヒメネス
  • ポル・モネン
  • アリス・ボッチ
  • マルティン・バシガルポ

Netflix映画【パラメディック-闇の救急救命士-】ネタバレ感想&評価74点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mario Casas(@mario_houses)がシェアした投稿

車椅子の男が元恋人を監禁する様子がハラハラするので、けっこう楽しめました(^^)

女性を監禁する映画ってありふれてると思うんですけど、車椅子の男がどうやって犯行に及ぶのか、やっぱそこに興味をそそられますよね。

主人公は体が不自由なので、派手なバイオレンスシーンなどはないんですけど、獲物をジワジワ攻めていく感じが面白かった!

まず、主人公のアンヘルですが事故に遭う前からけっこう嫌な男ですww

アンヘルは、体が不自由になったから捨てられたみたいに思い込んでるけど、それは大きな間違いなのよ。

事故以前から彼女のヴァネは、アンヘルに対しけっこう嫌気さしてるんだけど気付いてないんですよ。ふたりのギクシャクした様子を見てると、赤ちゃんができないという理由も後付みたいに感じます。

嫉妬深かったり、今まで生活の面倒をみてやったという恩着せがましさがアンヘルから見え隠れするから、そういう部分が嫌になったんだろうなー。

そんな最悪なタイミングで、アンヘルが交通事故で下半身不随に・・・
ヴァネは、長年付き合った恋人に対する情があるから、すぐに逃げようとはしないんだけど、いつ別れを切り出すのかと見てるこっちまでドキドキ。

自分で痛み止めの薬隠しといて、薬がないじゃないか!ってヴァネを責めたり、浮気してると騒ぎ立てたり、自分が置かれた状況が見えないのか、更に嫌われるようなことばっかりやるんですよ、この男。

これじゃ逃げられるわ・・・って感じなんだけど、非合法アプリで監視されていたことに気付いたヴァネは気持ち悪さから一目散に彼の元を去ります。

まぁ、自業自得と言えばそうなんだけど、ヴァネに新しい恋人ができてからはアンヘルに同情してしまう部分も多かったかなー。

だって、彼女の新しい恋人ってアンヘルの元同僚で、あの時の事故で救急車運転してた男ですよ。元はと言えば、彼が安全運転さえしていればアンヘルが車椅子生活を余儀なくされることもなかったはずなのに。

事故直後、アンヘルのアパートにやって来て、申し訳ないって謝っていたけど、その男の彼女を横取りするって凄い神経してると思うわ。
すでに別れたとは言え、アンヘルに責任感じてたらこんな事できないと思うんだけどね。

しかも、ヴァネ妊娠までしてるやん。。。
ふたりが幸せそうな顔してベビーベッド選んでるのを見ちゃうと、そりゃ腸煮えくり返っても不思議じゃないわ、うん。

怒り狂ったアンヘルは、ヴァネをアパートにおびき寄せ監禁するわけですが、車椅子でけっこう無茶しまくるからハラハラさせられたww

壁も薄いし、隣にはお節介ジジイが住んでるし、警察に通報されたら一発アウトなんだけど、悪運が強いのかけっこう長い間監禁するんですよ。

途中からは、監禁されているヴァネも硬膜外麻酔を打たれ、下半身が動かなくなるんですね。どういう事かというと、2人とも車椅子生活になるわけですw

ヴァネを自分の物にしておきたいという理由だけじゃなく、自分を捨てた彼女に同じ苦しさを味あわせたかったんだろうね。

ラストのシーンはけっこう緊迫感があってドキドキしました。
逃げる方も追う方も、共に足が動かないから、今まで見たことないような死闘だったw

主人公の男は本当クソなんだけど、もし自分が同じ立場なら・・・?と考えると、どうしても主人公に感情移入してしまう部分が多かったです。

ストーリーテンポも良いし、細かな部分を気にしなければ普通に楽しめる作品だと思います。