Netflix

Netflix映画【シークレット・ラブ 65年後のカミングアウト】を観ると素敵な恋がしたくなる!あらすじ&感想

Netflixドキュメンタリー シークレットラブ

Netflix映画『シークレット・ラブ  65年後のカミングアウト』の配信が4月29日(水)からスタートしました!

20歳前後に知り合った同性カップルが、65年の時を経て家族にカミングアウト、最期の時まで一緒に過ごそうとするおばあちゃんたちのドキュメンタリー映画です。

最近観たドキュメンタリー映画の中で一番心に響きました。

Netflixドキュメンタリー映画【シークレット・ラブ 65年後のカミングアウト】あらすじ

シカゴで暮らす同性カップルのパットとテリー。

パットが18歳、テリーが22歳の頃に劇的な出会いを果たしたふたりはすぐに恋に落ちた。

しかし、同性愛者だという理由で罰せられる時代だったため、ふたりは親友同士のように演じ続けた。

60年以上に渡り、2人が恋人関係にあるという事実を、家族すら気付かなかったが、3年前テリーは娘同然の姪にカミングアウト。

テリーとパットの心配をよそに、家族の中でふたりを拒絶する者は誰もいなかった。

長年の肩の荷が下り、しばらくは平穏に暮らしていた2人だったが、テリーがパーキンソン病を患ったことから、ふたりだけの生活が困難となっていく。

家を手放し、老人ホームで安全に暮らしてほしいと願うテリーの姪に対し、ふたりの生活を守りたいパットは頑なに拒否し続けた。

しかし、テリーの状態は日に日に悪くなり、パットは決断を迫られていた。

感想

20歳前後の時に出会って恋に落ち、それから72年連れ添った2人の女性の物語です。

当時は、同性愛という理由だけで仕事を解雇され、暴行され、挙句の果てに逮捕とか、とんでもなく怖ろしい時代だったのが二人の話から伝わってきます。

そんな時代を生きた2人ですが、出会い方やラブレター、そして初キスの話がとってもロマンチック♥

砂嵐の日に、街のど真ん中で初キス(*^^*)

いや、人に見られるとヤバイんじゃない?って思うけど、砂嵐のおかげで誰にも見られなかったって・・・映画の世界みたいですよね(笑)

当時の2人を撮影したビデオテープが沢山あるんですけど、モノクロだったであろうフィルムに色を付けているので、素敵な映画でも見ているような感覚に陥りました。

60年以上の時を経て、やっと家族にカミングアウトし、これからは堂々と本当の自分たちとして生きていけると思っていたふたりに対し、老いは待ってくれませんでした。

高齢になると、たった1年であんなに変わってしまうものなんですね。。。

老人ホームの入居に対し、頑なに拒否していたパットですが、愛するテリーのために家を手放すことを決意します。

老人ホームを巡っては、テリーの姪とパットが口論するシーンなんかもあって、おばあちゃんたちふたりが可哀想だったんですけど、何だかんだ言いながらも老人ホームで幸せそうに暮らしていたので安心しました。

そして65年以上連れ添ったふたりは、ついに結婚。

付き合い始めた当初は、まさか65年以上経って結婚するなんて想像もしなかっただろうなぁ。

男女の恋愛ならとっくの昔に結婚していただろうにと思うとやりきれない気持ちになります。

と言っても、ずっと同棲していたふたりなので、婚姻関係にそこまでこだわりがなかったのかもしれませんね。

それにしても、65年以上同棲していて、よく家族にすらバレなかったよなぁと感心しちゃいます(^^)

私も元カノと同棲経験ありますが、根掘り葉掘り聞いてくる人たちって本当にいるんですよ。

女ふたりが一緒に暮らすってどういうこと!?みたいにね。

テリーとパットが若かった頃は、同性愛者だとバレると社会的にも生きていけない時代だったため、カモフラージュのために男性と出かけたりと、相当気を付けて生活していたのが想像できます。

そんなリスクを犯してまで、同棲を止めなかったのは、それほどお互いを必要とし愛し合っていたからなのです。

65年以上経って、まだお互い新鮮な気持ちでいられるって奇跡じゃないですか!?(笑)

手を繋いだり、寝る前にキスして愛してるよって言ったり、甘い言葉を囁きあったり、おばあちゃんたちだけど可愛らしくて観ていてほっこりしました。

同性愛者の女性ふたりの半生を映したドキュメンタリーですが、同性愛とか関係なく、ここまで誰かを思いやり、尊敬し合える関係ってすごく素敵だなと思います。

老人ホームに入居した二人ですが、姪の希望もあり、最後は故郷のカナダへ戻り共に幸せな数年間を過ごしました。

そして、パーキンソン病を患っていたテリーは、2019年に72年連れ添ったパットに看取られ旅立ったそうです。

普通の人みたいに、好きな人ができても結婚もできない、家庭も築けないという理由から、今更ですが同性愛者である自分に嫌気がさすことが多くて、最近落ち込んでいたんですけど、このドキュメンタリーを観て、こういう人生も有りなんだなぁと思えました。

同性の恋人との関係に悩んでいる方に、是非オススメしたいですね。