Netflix

Netflix映画【イーライ】前半は怖いのにラストが残念・ネタバレ感想&評価

Netflixオリジナル映画【イーライ】の配信が、10月18日(金)から配信スタートされました!

ホラー映画が大好きなので早速観てみたんですけど、前半けっこう怖いのに後半はカナリの失速、そして予想外のラストに笑いました。

前半が良かっただけに、ちょっともったいないなぁと思いますが、観れない映画ではないです!

Netflix映画【イーライ】簡単なあらすじ

4年前から自己免疫疾患を患う11才の少年、イーライ。

水、空気、ホコリなど外気の汚染物質にアレルギー反応を起こし、防護服なしでは外に出られなかった。

どうしても治してあげたいと願う両親に連れられて郊外の病院にやって来きたが、イーライは入院初日から不気味さを感じていた。

鏡にいるはずのない子供が映ったり体を引っ張られたりしたことを訴えるが、ホーン医師は免疫抑制薬の副作用で幻覚を見ているのだと取り合わなかった。

ホーン医師と2人の看護師がイーライの治療にあたり、ウイルス遺伝子治療を3段階に分けて行う予定だった。

第一段階の治療は、遺伝子を修復し免疫系を立て直すために改造されたウイルスをイーライの身体に注入するというものだったが、治療を行うごとにイーライの体調は悪化していく。

そんなとき、病院の外にいた女の子ヘイリーとガラス越しに出会う。

ヘイリーは、病院や医師が不気味だ、ここにいる子はみんな消えてったとイーライに話した。

病院やホーン医師に不信感を抱いたイーライは、治療室へ潜入しそこであるファイルを見つける。

そのファイルとは、ここで治療を受けた子どもたちのカルテだったが、第3段階の治療を受けた子たちはみんな亡くなっていたのだ。

ファイルのことを両親に話し、早く逃げなきゃ殺されると訴えるイーライだったが、両親の様子がおかしくなっていた・・・

キャスト

監督 キアラン・フォイ

  • チャーリー・ショットウェル
  • リリー・テイラー
  • ケリー・ライリー
  • マックス・マーティーニー
  • セイディー・シンク
  • デニーン・タイラー
  • カティア・ゴメス

Netflix【イーライ】ネタバレ感想・前半はまぁまぁな怖さ

感想を一言で表すと、前半は怖い!エクソシスト並みの怖さなのに後半特にラストで失敗しちゃったなって感じのストーリ。

まず、前半は本当に怖いです!
完全にバリバリのホラー映画って感じなので、ポテチなんか食べながら油断して観てるとドキッとする場面もあります。

幽霊だけじゃなくてイーライに施された治療法もジワジワ恐怖感を煽ります。

拘束ベルトで手足を縛るだけでも怖いのに、意識がある中で頭蓋骨に穴を開けたり、身体の中から肉片を抜き取ったり、何か注入したり( ゚д゚)ハッ!

治療も第二段階まで来ると、あんなに可愛かった美少年イーライも目の下に大きなクマを作り、体調がどんどん悪くなります。

免疫疾患を治すっていうのは名目で、たぶん子供を使って何らかの実験をしているだろうなと思っていました。

イーライがガラス越しに会っている女の子ヘイリーも、以前この病院で亡くなった女の子の幽霊で・・・って思ってたんですけど、ラストが予想外で『ぇええ!?』って感じでした。

イーライは悪魔の子だったんです(笑)
免疫疾患を患っているというのは全くのウソ。

この病院は、悪魔祓いを行うようなところで、ホーン医師や看護師はシスターだったんですね。

結局、最後はイーライにグルングルンに振り回された挙げ句、丸焼きにされて殺されるんですけど。

父親が洗脳されたみたいになって、シスター側についていたのでイーライは父もグチュって潰して殺してしまいます(笑)

母親が他の子供の死体を見つけた辺りまでは、カナリ面白かったのに何故ラストをあんな展開にしてしまったのか、最後の最後でぶち壊しですよ。

病院側が子供を何かの実験に使って殺していて、それに気付いたイーライ一家が・・・って流れのほうがホラー的によかったと思うんですけどね。

結局イーライの前に現れていた幽霊たちは、異母兄弟で彼らも悪魔の子たちでしたが、イーライほどの強さはなかったのでシスターたちによって救済されたということみたいです。

何回も言いますけど、途中までは本当に怖いホラー映画なんです!!

だけど、個人的に悪魔とかそういう系の物語があまり好きじゃないので、ラストはカナリ微妙でした^^;

まとめ&評価55点(100点中)

ホラー映画が好きなかたは、楽しめるかもしれません。

配信開始されたばかりの新しい映画なので、気になる方は是非♪