洋画

映画【her/世界でひとつの彼女】感情移入してラスト号泣・ネタバレ感想&評価

日本で2014年に公開された【her/世界でひとつの彼女】を観ました!!

ホアキン・フェニックス演じる孤独な男性「セオドア」と人工知能型・OSの「サマンサ」の恋愛を描いた異色のストーリーです。

実は、この映画今まで一度も観たことなかったんですけど・・・

いいですね〜 めちゃくちゃ切ないストーリーですが、なんでこんな素敵な作品今まで知らなかったんだろうと思うくらい( ゚д゚)ハッ!

スカーレット・ヨハンソンは声だけの出演でローマ映画祭最優秀女優賞を獲得した作品でもあります。

映画【her/ 世界でひとつの彼女】あらすじ

舞台は、近未来のロサンゼルス。

主人公のセオドアは、ハートフル・レター社で代筆人として働いていた。
人のラブレターを書くのは得意だったが、セオドア自身は妻のキャサリンと離婚協議中で別居も1年以上続いていた。

まだ夫婦でいたいセオドアは虚しさを感じながら、日々代筆のラブレターを書き続けていた。

そんなある日、エレメン社が開発した世界初の人工知能型・OS(サマンサ)をダウンロードする。

PCと話しているとは思えないほど、魅力的で人間的なサマンサにおどろくと同時にどんどん惹かれていくセオドア。
サマンサもセオドアに惹かれるようになり、ふたりは恋人のような関係になった。

セオドラは、離婚協議中のキャサリンと会って離婚書類を作成することになったが、人間ではないサマンサと付き合っていると知ったキャサリンとケンカになり、セオドアも姿のないサマンサに虚しさや寂しさをかんじるようになる。

サマンサもキャサリンに嫉妬したり、セオドアに触れたいという感情はリアルなのか、それともプログラムなのか戸惑っていた。

寂しさと虚しさからセオドアは、サマンサに距離を置こうと言って傷つけてしまうが、友人で元カノのエイミーからのアドバイスもあり、セオドラはサマンサの大切さに気付く。

しばらく幸せな日々が続いた。

しかし、そんなある日サマンサのOSに繋がらないトラブルが起こり、セオドアはパニックになる。
単なるOSのアップデートだったのだが、それがキッカケでサマンサの秘密を知ってしまう。

サマンサは、セオドア以外に8316人と同時に会話、そして641人と恋人同士だったのだ。

サマンサは自分の物だと思っていたセオドアは打ちひしがれ、ふたりの間に感情の行き違いが起こり始めたある日、サマンサから「話がある」と言われ・・・

キャスト

監督 スパイク・ジョーンズ

  • ホアキン・フェニックス
  • スカーレット・ヨハンソン(声のみ)
  • エイミー・アダムス
  • ルーニー・マーラ
  • オリヴィア・ワイルド
  • クリス・プラット
  • マット・レッシャー
  • ポーシャ・ダブルデイ

映画【her/世界でひとつの彼女】ネタバレ感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍂芸術の秋、到来🍂 ⠀ 秋の夜長にピッタリなワーナー名作映画をご紹介✨⠀ ⠀ 🎥『her/世界でひとつの彼女』(2013年米公開) ⠀ 『ジョーカー』での怪演が大絶賛されているホアキン・フェニックス主演による、美しいラブストーリー💕 ⠀ ⠀ そう遠くない未来のロサンゼルス、ある日セオドアは最新AI(人工知能)「サマンサ」の個性的で魅力的な声にひかれ、次第に“彼女”と過ごす時間に幸せを感じるようになるが、次第に2人の恋は予想外の展開へ…!? ⠀ ⠀ #映画⠀ #映画鑑賞⠀ #MOVIE⠀ #cinema ⠀ #her ⠀ #ホアキンフェニックス⠀ #エイミーアダムス⠀ #スカーレットヨハンソン⠀ #クリスプラット⠀ #ジョーカー⠀ #Joker ⠀ #怪演⠀ #ラブストーリー⠀ #芸術の秋

ワーナー ブラザース ジャパン(@warnerjp_official)がシェアした投稿 –

SF恋愛映画と言われていますが、まったくSFっぽさを感じさせません。

iphoneのsiriみたいな喋り方だと、いかにも機械って感じだけどサマンサは人間味あふれていてとても魅力的でした!

スカーレット・ヨハンソンの声がセクシーとか聞いていて落ち着くとか今まで感じたことなかったけど、サマンサの声や話し方はヤバイですね。

声のトーン、英語の発音、話し方すべてが心地よくて観ているこっちまで恋に落ちそうでした(笑)

声のみでここまで視聴者を魅了するってスゴイですよね。

ホアキン・フェニックス演じる主人公セオドアもとても良かったです。
繊細で優しい男性を演じ、そういう部分は現在公開中「ジョーカー」のアーサー・フレックと重なる部分はあるけど、見た目はまるで別人!

やっぱり俳優ってすごいなぁとつくづく思いました^^;

ジョーカー
映画【ジョーカー】ネタバレ感想&評価・二度と観たくないほど悲しいストーリーバットマンの適役としてDCコミックスに登場する人気のキャラクター『ジョーカー』 映画『ジョーカー』は、心優しかったアーサー・フレッ...

映画の感想は、125分とけっこう長めなのに、面白くて夢中で観たから一瞬で終わった気がします。

サマンサが登場した辺りから、どんどん物語に引き込まれました。
こんなユーモア溢れて人間的な人工機能型・OSがあったら絶対欲しいなぁ。

サマンサとセオドアの会話を聞いていると、昔外国人の恋人と付き合っていた時のことを思い出したから余計に感情移入したんだとおもいます。

頻繁に会えないぶん、お互い時間があるときは、サマンサとセオドアのようにいつもボイスチャットで話していたので、懐かしさとか切なさ、不安感などあの時に戻ったような気分で観ることができました。

距離があってなかなか会えないだけでも辛いのに、機械なら一生姿をみることもできないわけだし、そういう面ではもっと切ないですよね〜。

サマンサが「話がある」と言ったときは、セオドアと同じく「やめてー聞きたくない!」って耳を塞ぎたかったです(笑)

あの流れは間違いなくフラれるパターンだし、案の定サマンサは他のOSたちと共にいなくなりました。
アップデートに伴って?なのか分からないけど、終盤のふたりの会話すべてがただただ切なくて号泣(笑)

自分も失恋したのかと思うほど苦しくて、サマンサがいなくなったあとは喪失感でいっぱいでした。

こんなに映画見て感情移入したのって生まれて初めてです。
スカーレット演じるサマンサの声とか喋り方は、本当にリアルであれは反則ですよ(*´ω`*)

まとめ&評価98点(100点中)

恋愛映画は普段あまり好んで観ないんですけど、これはホント観てよかったなと思える作品でした!

NetflixとU-NEXT(2019年11月30日まで)で視聴できますので、まだご覧になっていない方はよければ是非♪

吹き替えじゃなく字幕で観ることをオススメします!