Netflix

ネタバレ感想 Netflix【ラブ・ギャランティード♥】はそこそこ楽しめるラブコメ映画

netflix ラブ・ギャランティード

Netflix映画『ラブ・ギャンランティード♥』の配信が、9月3日(木)からスタート!

必ず恋人が見つかると謳う出会い系サイトを訴えた男と、その弁護士が恋に落ちる物語。

レイチェル・リー・クック主演のラブコメです!
普通のラブコメですが、まぁまぁ面白かったですよ♪

Netflix映画【ラブ・ギャランティード♥】あらすじ

主人公のスーザンは弁護士事務所を構えているが、困っている人を見過ごすことができず無料弁護ばかり受けていた。

そのせいで事務所の経営は破綻寸前。

そんな時、誰もが知る有名な出会い系サイトを相手に訴えを起こしたいと依頼する人物がスーザンの事務所にやってくる。

男の名前はニック、『愛の保証』を謳っている出会い系サイトに登録し、986回デートしたにも関わらず恋人が見つからないと訴えているのだ。

ニックに不信感を感じるスーザンだが、事務所のために依頼を受けることを決意。

裁判の準備が進む中、ニックはまだデートを繰り返していた。
別の女性と1000回目のデートの日、ひょんなことから食事を共にすることになったスーザンとニックは、お互いの意外な一面を知り、その日から惹かれ合うようになるが・・・

キャスト&登場人物

監督 マーク・スティーヴン・ジョンソン

スーザン (レイチェル・リー・クック)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rachael Leigh Cook(@rachaelleighcook)がシェアした投稿

困っている人を放っておけない真の弁護士。
無料弁護してあげた元依頼人からのお礼で、思いがけないプレゼントを受け取ることになる。

スーザンを演じたのは、レイチェル・リー・クック。
アメリカ・ミネソタ州出身、1979年生まれの41歳。
代表作は、99年公開の映画『シーズ・オール・ザット』、2001年公開『プッシーキャッツ』。家族との時間を最優先しているため、インディーズ映画の出演が多い。

ニック (デイモン・ウェイアンズ・Jr)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Damon Wayans Jr.(@damonwayansjr)がシェアした投稿

出会い系サイトで986回デートした男。
イケメンで誠実だけど、たぶん理想が高い。

ニックを演じたのは、デイモン・ウェイアンズ・Jr
アメリカ・バーモント州出身、1982年生まれの37歳。
父親は、俳優でコメディアンでもあるデイモン・ウェイアンズ。
94年に父親が主演したコメディ映画『ブランクマン・フォーエバー』で俳優デビューを果たす。

タマラ (ヘザー・グラハム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Heather Graham(@imheathergraham)がシェアした投稿

ニックに訴えられた出会い系サイトの社長。

タマラを演じたのは、ヘザー・グラハム。
アメリカ・ウィスコンシン州出身、1970年生まれの50歳。

その他キャスト

  • ケイトリン・ホーデン
  • ブレンダン・テイラー
  • セバスチャン・ビリングズリー=ロドリゲス
  • ショーン・アムシング
  • リサ・ドゥルー
  • アルヴィン・サンダース
  • ジェド・リース
  • キャンディス・マクルーア

Netflix映画【ラブ・ギャランティード♥】ネタバレ感想&評価72点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Netflix Japan(@netflixjp)がシェアした投稿

弁護士と依頼人が恋に落ちるラブコメ映画です。

普通のベタなラブコメなんですけど、主人公たちが可愛いのとクスッと笑えるシーンもあるので、普通に最後まで観れました。

主人公の弁護士を演じたレイチェル・リー・クックですが、めっちゃ久しぶりに見たように思うんですけど、40歳を超えてもやっぱり可愛いですね。

利益よりも困っている人を助けることに意義を感じる弁護士という役なんですけど、ユーモアに溢れてたり、めっちゃ良いキャラだった。

物語は986回デートした男が出会い系サイトを訴えるため、スーザンの事務所を訪ねるところから始まります。

普通に考えて、1000回近くデートしたら1人2人くらい誰か良い人見つかってもよくない!?ww

理想が高いのか知らんけど、そろそろ妥協しなよって思うw

起訴社会アメリカだと本当に出会い系サイト相手に訴え起こしたりしそうですよね。
1000回近くデートしたのに恋人ができない!って訴えられる会社側の方が逆に気の毒に感じるけど、確かに愛に保証なんかないんだから、『愛の保証』という謳い文句を堂々と載っけてる会社側にも落ち度があったのかもしれないですね。

この映画、印象に残ってるのは裁判よりもスーザンが乗ってるピンクの車ゾロ。

スーザンと愛車ゾロのシーンは、だいたいどれもクスッと笑えました。
ドア?取っ手?は取れるし、出会い系サイト会社の駐車係のシーンは笑えた。

詰まったカセットテープ、ティファニーも最高。
80年代からテープが詰まって取り出せない、ボリュームも壊れててて延々とティファニーを爆音で聴かなきゃいけないとか、ある意味拷問やんw

『ティファニー、もう勘弁してーー!』ってシーンはスーザンが滑稽過ぎて笑えた。

で、肝心の裁判は賠償金と真実の愛どちらを選びますか?みたいな展開になります。

スーザンがめっちゃ悩んで苦しんでたけど、別に裁判に負けても勝ってもお互い好きなら付き合えばいいんじゃないの?って思うんだけどw

結局、ニックは愛のために訴えを取り下げます。
やっぱラブコメだなー、裁判の途中公開告白みたいになってて最後までホッコリ。

ラストは、ニックが訴えた出会いサイトのイメージキャラクターにニックとスーザンが選ばれたり、最後までめちゃくちゃでしたww

それにしても、ふたりの写真がめっちゃ可愛かった。
ここに写真載せられないのが残念ですけど、気になる方は是非ご覧になってみてください(^^)