洋画

ネタバレ感想 映画【カニバル・レザーフェイス】は悪魔のいけにえの続編ではないから要注意!

映画 カニバル・レザーフェイス

今回は、2017年公開の映画「カニバル・レザーフェイス」を観た感想です!

キャンピングカーで旅行に出かけた一家が、キチ○イ親子に襲われる物語。

久しぶりに、意識飛びそうなほど酷い作品に出会ってしまいましたw

「悪魔のいけにえ」や「テキサスチェンソー」の関連作ではないので、これから観てみようと思っている方はご注意ください^^;

映画【カニバル・レザーフェイス】あらすじ

イギリスの田舎街のキャンプ場に旅行に出かけたバーバー一家。

ディナーを終え寛いでいると、母キャサリンのいるテントが何者かに燃やされ酷い火傷を負ってしまう。

車も故障し逃げれなくなった一家は、近くのハンセン農場へ助けを求めた。

しかし、そこで一家が目にしたのはチェンソーを引きずるレザーフェイスの男と銃を構えた父親だった。

慌てて逃げようとする一家だが、父ウェズリーが撃たれ、子供たちも捕まってしまう。

映画【カニバル・レザーフェイス】ネタバレ感想&評価4点

旅行中の家族がレザーフェイスの男たちに襲われるお話ですが、ゴミ映画としか言いようがないほど酷い作品でした。

ジャケ写と映画タイトル見ると、「悪魔のいけにえ」「テキサスチェンソー」のイギリス版か何かかと思ったけど、全く関係ない作品だったわww

レザーフェイスのルックスとかもろパクリなんだけど、特殊メイクとか安っぽくて、パクるにしてもこの出来映えでは逆に本家に失礼なのでは?と感じる。

一応、グロシーンらしき物もあるけど、血は薄くて水っぽいし、顔の皮剥ぎ取られるシーンもナイフをギシギシする割には全然切れてない、重度の火傷を負った母親もケロッとしてるとか、全体的に詰めが甘いんですよ。

そのくせ、一丁前におかしなストーリー作ってるから106分とちょっと長め・・・
もうね、途中で本当ギブアップしそうでした。

面白くないから見れないんじゃなくて、バカバカし過ぎてこんな作品観てる自分に嫌気がさしてくるという、違う意味怖ろしい映画です。

ハラハラさせようとしてるシーンはあるんだけど、緊迫感が全然ないのよ。
一家が監禁されてる檻なんて蹴り飛ばしたら壊れそうなほどちゃっちいし、電流が流れてるからって触っただけであんなふうに手吹っ飛ぶのかって話でしょ。

それにこの映画、登場人物がダレひとり魅力的じゃないのも痛いところ。
ヒロイン的存在の一家の娘がとにかくおブスだし、こんな駄作作るならせめてもう少し可愛い娘出して!って感じ。

で、肝心の物語ですが、訳あり一家がキャンピングカーで旅行に出かけるシーンから始まります。

一家がキャンピングカーで旅行という流れでは、「ヒルズ・ハブ・アイズ」が断然おすすめです。

映画 ヒルズ・ハブ・アイズ
ネタバレ感想 映画【ヒルズ・ハブ・アイズ】は女性が観ると間違いなく胸糞悪くなる怖ろしいショッキングスリラー今回は、2006年公開の映画「ヒルズ・ハブ・アイズ」を観た感想です! 旅行中の家族が、放射能の影響で食人鬼に変異した一家に襲われる...

父親のウェズリーって男は、母の再婚相手で、子供たちにとっては継父なんですね。

ウェズリーに関しては、クズという言葉がピッタリ男なで、ある意味人食い連中よりもたちが悪いんじゃないかなと。

レザーフェイス云々よりも、この一家も負けてないくらい病的でしたね。

父親ウェズリーが家族を旅行に誘ったのは、人食い連中に家族を売るためだったんですけど、正直そんな展開もうどうでもいいですよ(´・ω・`)

ラスト40分くらいからはコント的展開に早変わり。

長男トビーがレザーフェイスの面を被って母と姉を助けに来たシーンのバカバカしさよ・・・。

姉は、弟だと知らず反撃し、ハンマーで殴った挙げ句、焼却炉に放り込むって完全ウケ狙いでしょww

火が点いて「ママ熱いよ!!!」って言ってるのに、母親の方も意味不明なこと言って助けようともしない。あんなちゃっちい檻なら蹴破れよ!って思った。

で、なんとか焼却炉から這い出したトビーなんだけど、顔がまるでレザーフェイスのサミーとお揃いで、もう笑うしかなかったww

そこへまたおブスな姉が戻ってきて、ズル剥けになってる弟トビーだと気付かず、今度は銃で頭を撃ち抜くって・・・・w

こんな映画を作った監督さんは正気なんでしょうか。

タイトルにレザーフェイスって言葉入ってるけど、サミーという男は大して登場しないし、チェンソー振り回すシーンもほとんどなかったですね。

しかも、呆気なく殺されちゃうし、主役ではなく完全に脇役でしたよ。

人食い連中に関しても、そういう生々しい描写がほとんどないから面白くないし、あれもこれも欲張って取り入れたせいで、ワケ分からん映画に仕上がった感じが痛いほど伝わってくる作品でした。

冒頭、子供時代のサミーが悪ガキ共に火をつけられるシーンはうぁーーーって思ったけど、ウェズリー一家が登場してからは完全に観る気失せましたね(全部観たけどw)

とにかく映画の邦題がダメですよね。こんなタイトルつけたら詐欺じゃん・・・
これをレンタルする人の大半は絶対「悪魔のいけにえ」の続編だと勘違いしてしまうと思うんですよね。

本家を知っているから楽しめなかったのかな?とも考えたんですけど、知らなかったとしても普通にボロクソな感想書いてたと思うわww

それくらい、バカバカしいシーンと呆れるようなストーリー展開しかないので^^;

わざわざレンタルしてまで観る作品ではないですねー。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>