洋画

ネタバレ感想 【サバイバル・フォレスト】はスリラー映画と思えないくらいしょぼい!

映画 サバイバル・フォレスト

『サバイバル・フォレスト』は、アメリカ制作による2018年公開のサバイバルスリラー映画。

キャンプに出かけた男女3人が森の中でドラッグ製作所を発見してしまい、組織から狙われる物語なんですけど、緊迫感もなにもなくビックリするくらいつまらない映画でした。

ハラハラ感のないスリラー映画なんて誰も観たくないから!!

映画【サバイバル・フォレスト】あらすじ

音楽業界で長年コンビを組んできたドミニクとエディ。

最近では、ドミニクの身勝手さが原因で大きな仕事もなく業界では干されぎみの2。

そんな状況から抜け出したいエディは、ふたりの今後を話し合うためドミニクを誘い人里離れたキャンプ場へ向かう。

ドミニクの彼女ローラも参加し、3人で森の中を散策し始めると、ドミニクがある臭いに気付く。

ローラとドミニクは、薬品の臭いが漂う方向へ向かい、一軒の民家を発見。
しかしその直後、3人組の男たちが現れふたりは捕まってしまう。

逃げようとしたローラは容赦なく射殺され・・・


キャスト

監督 スティーヴ・コペラ

  • アレックス・ハーネイ
  • マイク・コペラ
  • フアン・モンサルベス
  • ジュネータ・セント・クレア
  • デヴィス・R・マーカム
  • ブルック・ヒートリー

映画【サバイバル・フォレスト】ネタバレ感想&評価25点

ブログの冒頭にも書きましたが、全然面白みのない映画でした。

まず、日本語の映画タイトルが『サバイバル・フォレスト』なんですけど、見終わったあとネットで検索しても全く情報がないんですよね。

代りにヒットしたのが『NAKED サバイバル・フォレスト』というイタリアの映画。

こちらの作品は、イラクから帰還した男が女と出会ったあと、地元のハンターたちに狙われるスリラー映画みたいで、こっちの作品はまぁまぁ面白そうな予感。

銃を所持した男たちから狙われるという展開は同じなんですけど、全くの別物なのでご注意ください。
そもそも、英語のタイトルは『Jump or die』なのに、なんでこんな紛らわしい日本語タイトルつけたんだろって思いません?

普通に『ジャンプ・オア・ダイ』でいいじゃん!
こんな同じタイトルつけたらパクったって思われても仕方ないと思うんですけどね。

物語は、長年音楽業界でコンビを組んできた男ふたりと、その彼女が森の奥で見てはいけないものを発見し、組織から追い掛け回される話です。

まぁ、組織と呼ぶほどのものでもないんですけどね。
14軒の麻薬製作所を管理しているエマという女がボスなんですけど、演技が下手すぎて見てられませんでした。

パリピ系の雰囲気がプンプンで、ホラー映画とかで真っ先に殺されそうなアホっぽいタイプ。そんな女がボスって設定なので、どれほどバカバカしい物語なのかお分かり頂けると思います。

手下の男たちもみんなレベルが低くて、丸腰の主人公たちをなかなか仕留めることができません。君たち銃持ってるのに、どれだけ逃げられてんだよってツッコミ入れたくなるほど。

そのくせ、ドミニクの彼女ローラや、パイロットは容赦なく撃ち殺すんですよ。
いきなりなので、あまりの呆気なさにビックリします(笑)

ふざけてるのは、組織の男たちだけではありません。
主人公の男たち2人も追われてるのに、いきなり立ち止まってデッカイ声でケンカ始めるし、生きるか死ぬかって時にアレはないだろ・・・って感じよ。

銃を奪えそうな状況でも『それは、いいからいいから・・・』って拾わず行っちゃうし絶対バカやん。

要するに、本気で追う・追われる感じが全く伝わってこないんですよ。
人里離れた森の奥で電話も武器もヘリもない状況なら、普通ならもっと緊迫感が伝わってくると思うんですけど、そういう感情が沸かないから見ていて面白くないんです。

脚本もそうだけど、俳優の演技がイマイチ過ぎて、余計つまらなさに拍車をかけているような気がしてなりません。
特に、ドミニクの方ね。恋人が目の前で殺されたのに全く騒ぎもしないし、撃たれても大して痛がらないし、無表情で落ち着きすぎているから何も伝わってくるものがない。

途中、ちょいちょい挟んでくる回想シーンもどうでもよかったです。
追う・追われるって所よりも、主人公たち親友ふたりが仲直りすることに重点を置いて制作してるのがイヤになるほど伝わってきます。

撃たれたり、滝壺に飛び込んだり、絶体絶命の状況でも2人は死なないし、結局生き残ったのは、エディとドミニクだけで、『これからの事はまた考えよ!』ってノリのオチですからね。そりゃ、つまんないワケだ。

何も知らないパイロット連れてきて撃ち殺すくらいなら、せめてあの時エディを殺って欲しかったなー。

スリラー映画と紹介しつつ、ハラハラするシーンなんて全くないし、仮に友情をテーマにした作品であったとしても、感動するくらいの友情物語でもないし、とても中途半端な映画でした。

U_NEXTで視聴する場合、550円分のポイントが必要となりますが、間違ってもタイトルと紹介文に騙されないようにお気をつけください(^^)