Netflix

Netflix【画面の向こうの君は】あらすじネタバレ&感想と評価・意味不明のイタリア映画

Netflix映画「画面の向こうの君は」の配信が、12月26日(木)からスタートしました!

俳優であり実業家の御曹司の男が、出会い系アプリにのめり込み、破滅していく様子を描いたイタリア映画です。

面白さに欠け、ラストに行き着くまでの主人公の言動にイライラしました。

Netflix映画【画面の向こうの君は】あらすじ

ニックは、実業家の御曹司という肩書で何不自由ない生活をしていた。

映画撮影のためにローマに発つ前日、ニックは彼女から卒論のリサーチのために、出会い系アプリに登録しようと提案される。

ふたり一緒にアプリに登録し、翌日ニックはローマに発った。

卒論のためとは言え、全く面白さを感じなかったニックはアプリを削除しようとする。

しかし、その瞬間マリアという女性からメッセージが届く。

その日からニックは、彼女や撮影を犠牲にしてまでも、姿も見たことのない女性との会話にのめり込んで行く。

マリアに会いたくなったニックは、彼女に会おうと提案するが待ち合わせ場所にマリアが姿を表すことはなかった。

次第に、自分がマリアから見張られているような錯覚に陥り、頭がおかしくなっていく。

キャスト

  • エリザ・フクサス
  • ヴィンチェンツォ・クレオ
  • ジェシカ・クレッシー
  • グレタ・スカラーノ
  • マヤ・サンサ
  • アベル・フェラーラ
  • アニタ・クラヴォス

Netflix映画【画面の向こうの君は】ネタバレ感想と評価41点

楽しみにしていた映画だったけど、期待ハズレでした!!!

とにかく理解できない部分が多かったので、そういう意味で面白くなかったです。

実業家の御曹司で可愛い彼女もいて、映画の主演も決まって全てが順調なのに、なぜ姿を見たこともない女性にココまでのめり込み、気が狂うのか理解できません。

しかも、マリアの声がけっこう年取った女性の声だったからか、余計に違和感を感じてストーリーに入れませんでした^^;

ホテルの支配人みたいな女性も最初から最後まで意味不明でしたね。

勝手に、片思いしているニックの部屋に入り込み、彼のパソコンに入っているアプリを開いて利用者の女達にストッキング見せたり、バカバカしくて思わずクスッと笑ってしまいました。

ニックは、妊娠中の彼女そっちのけでマリアとの会話にどんどんハマっていきます。

終いには、「君とはいたいけど、子供はいらない」とか言い出すし、完全にサイテー男が言う台詞なので見ていてイライラしました。

そして、どんどん気が変になっていったニックがホテルの部屋に戻ると、ベッドの上には大きな蛇がいるではありませんか。

マジで何なの、この展開・・・(笑)
しかも、ニックはマリアが蛇だったかのように思い込んでいます。

どんどん狂っていくニックですが、次は走ってきた車に突進します。

自分から車に向かっていくあの姿は、まるで中国の当たり屋みたいで笑えました。

結局、マリアの正体はプログラムされたOSだったという何とも中途半端なオチ。

OSと話していたとか、私の大好きな映画「her/世界でひとつの彼女」をパクったのかと思いました(笑)

映画【her/世界でひとつの彼女】感情移入してラスト号泣・ネタバレ感想&評価日本で2014年に公開された【her/世界でひとつの彼女】を観ました!! ホアキン・フェニックス演じる孤独な男性「セオドア」と人工...

マリアは、スカーレット・ヨハンソン演じたサマンサのように声に魅力がなく、話題性にも欠け全く何も心に響きませんでした。

そして、アプリがハッキングされ悪用されたことでニックは、児童買春や迷惑行為の罪で警察から取り調べを受け、神経衰弱で映画の降板も決まります。

何不自由なく暮らしていた男が、見事に破滅していく様子が描かれていました。

ただそれだけのストーリーです。

唯一の救いは、映画が1時間15分程度と短かったことでしょうか。

出会い系アプリの危険性を描きたかったのか、浮気しようとする男性の心理を描きたかったのかよく分かりませんが、もう少し見どころが欲しかったですね。