洋画

映画【IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。】全然怖くない!ネタバレ感想&評価

2017年に公開された映画「IT イット”それ”が見えたら、終わり。」の続編にして完結編となる【IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。】が本日11月1日(金)から全国にて公開となりました!!

ずっと楽しみにしていたので、前日からワクワクしていたんですけど、正直期待してたほどではなかったです。

前作よりも、子供向けホラー感が強かったですね〜。

映画【IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。】登場人物&あらすじ

登場人物

ビル・デンブロウ
1989年 行方不明になった弟を探す
2016年 ベストセラー作家&映画の脚本家としても活躍

ベバリー・マーシュー
1989年 2人暮らしの父に怯える日々を過ごす
2016年 アパレルブランドを経営成功・しかしDVの夫がいる

リッチー・トージア
1989年 早口でおしゃべりなお調子者
2016年 人気コメディアンとして活躍中

マイク・ハンロン
1989年 家事で両親を失い、その後は祖父の精肉業を手伝う
2016年 デリーの町に残り調査を続ける

ベン・ハンスコム
1989年 ベバリーに想いを寄せる太った転校生
2016年 有名建築家として成功・イケメンに大変身

エディ・カスプブラク
1989年 過保護な母に悩む・神経過敏で喘息持ち
2016年 保険会社のビジネスマン・母と似た女性と結婚

スタンリー・ユリス
1989年 司祭の息子
2016年 愛する妻と幸せな家庭を築く会計士

あらすじ

物語は、27年前「やつが死んでなかったら、また会おう」と誓ったあの日から始まる。

2016年、あれから27年経った田舎町デリーではまた不可解な事件が発生していた。

あの日から”それ”のことを追い続けてきたマイクは、無線で知ったバラバラ遺体が発見された事件現場に駆けつける。

そこには「帰ってこい」の文字が不気味に書かれていた。

マイクは、かつてのルーザーズクラブの仲間に電話をかけ、6人は27年ぶりに再会。

しかし、そこにスタンリーの姿はなかった。
スタンリーの妻に電話をすると、約束の日の前日自ら浴槽で手首を切って亡くなっていたのだ。

ベバリーは、あの日から毎晩のように悪夢にうなされており、スタンリーの死に方も夢で見て知っていたと、それどころか自分たち全員がどうやって死ぬのかも夢で見ていると話した。

怖気づいたルーザーズクラブのメンバーは、”それ”と戦わずに逃げようとするが、マイクは残ったビルを家へ招きある物を見せる。

工芸品のような物は、初めて”それ”と戦った先住民のシャカピワ族から貰ったもので、
この中に子供のころの思い出の品を入れて、”それ”を退治しようと考えていた。

ビルは、逃げ出そうとするルーザーズクラブのメンバーを説得した。

なぜなら、今回の周期で倒さなければ全員死ぬからだ。

そして、かつての不良グループのメンバーでいじめっこの「バワーズ」は”それ”に憑依され、精神病院を抜け出しルーザーズクラブのメンバーを殺しにやってくる。

そんなとき、ビルはある男の子と出会い、彼も排水溝から声が聞こえていることを知る。

弟を死なせたこと、そして皆を巻き込んでしまったこと、全ての責任は自分にあると言い残し、ビルはひとりで男の子を助けに行こうとする。

ルーザーズクラブのメンバーもあの空き家へ向かい、「ピエロをぶっ殺そう」の合言葉で中へ入り、”それ”との戦いが始まった。

それぞれが儀式に使う思い出の品を持ち寄った。

ベバリーは、ベンから貰ったラブレター。
ベンは、何かの紙。
ビルは、弟が大事にしていた折り紙の船。
エディは、喘息の呼吸器。
リッチーは、コイン。
マイクは、石。

それをシャカピワ族から貰った工芸品の中へ入れ、「光は闇になる」と唱えながら”それ”を封じ込めようとするが、上手くいかない。

失敗の原因は、マイクが工芸品に掘られた彫刻の4面を見せずに嘘をついたからだった。

どんどん姿を変えていくペニーワイズ。

そして、エディが刺されてしまい・・・

キャスト

ジェームズ・マカヴォイ(James Mcavoy)

ジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#mondaymood

Jessica Chastain(@jessicachastain)がシェアした投稿 –

イザリア・ムスタファ(Isaiah Mustafa)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Floated past the #cineramadome 🎈🎈 #ITEnds

Isaiah Mustafa(@isaiahmustafa)がシェアした投稿 –

ジェイ・ライアン(Jay Ryan)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pennywise disguised as a ComiCon fan at the signing this morning – you don’t fool me!

Jay Ryan(@jayryanofficial)がシェアした投稿 –

ジェームズ・ランソン(James Ransone)

 

この投稿をInstagramで見る

 

If a man takes a selfie alone in the woods, will anyone be around to gram it? 🤔#deepthoughts #obligatorynewenglandroadtripselfie

James Ransone(@jamesransone)がシェアした投稿 –

アンディ・ビーン(Andy Bean)

 

この投稿をInstagramで見る

 

A really cool sweater/cardigan from Wyatt. I told him and he said thank you. @itmovieofficial #ITmovie

Andy Bean(@andybeanofficial)がシェアした投稿 –

ビル・ヘイダー(Bill Hader)

映画【IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。】ネタバレ感想

感想を一言で表すと、とにかく同じようなシーンが多く観ていて飽きる!!

前作は、ペニーワイズの気持ち悪さや不気味さで、物語に引き込まれたけど、正直に言って今作は怖さなど全く感じませんでした。

いきなりワッ!って脅かそうとしたり、大きな音で恐怖感を煽ろうとしたりするだけ。

ペニーワイズが色々なものに化けて出てくるんですけど、その姿がまた安っぽくて滑稽なんです。

一番面白かったのは、老婆に化けたペニーワイズですかね〜。
「自分は何の映画見に来たんだっけ?」ってボーッと考えながら観てました(笑)

確かに、前回を大きく上回るスケールになっているけど、脅かし方とか化けたペニーワイズのルックスとか完全に子供向けですよね。

何度も何度も似たようなシーンが続くので飽き飽きするし、久しぶりに映画館で「早く帰りたい」と思いました^^;

そして一番気になったのが、暗いシーンが多いこと。
ホラーなので仕方ないのかもしれないけど、暗いシーンで光パシャパシャされると気分悪くなるし、眼精疲労がヤバかったです。

3時間近くある中で、そんなシーンが多いので集中力を保つのも大変でした。

散々文句言ってますが、一番楽しみにしていたのが大人になったルーザーズクラブのメンバーを見ることでした!

まず、ベバリーがすごく美人になっています。
子供時代も可愛かったので、納得できますね。

リッチー、エディ、マイク、そしてビルも何となく子供時代の面影があります。

びっくりなのがぽっちゃり型のベンでした!
だってマッチョのイケメンに変身してますからね^^;

唯一、ベンだけが別人のように変わったけど、他のメンバーは上手いことぴったりな俳優見つけてきたなって思うほど、昔の面影を残したままなので懐かしさを感じます。

ネタバレの部分ですが、まず喘息持ちのエディはペニーワイズに殺られます。

そして、ペニーワイズを殺す方法はただひとつ「恐怖心を見せないこと」でした。

「お前はただのピエロだ」「哀れな小心者」などのネガティブな言葉で、ペニーはどんどん小さくなっていき、最後は赤ちゃんのような姿に。

マイクが死にかけのペニーの心臓を取り出し、皆で握りつぶしやっと長い戦いが終わりました。

後日、亡くなったスタンリーから手紙が届きます。
スタンリーは、27年前のあの日から必死に恐怖心と戦っていました。

マイクから電話をもらい、また”それ”が現れたことを知ったスタンリーは、今回は怖さに立ち向かうことができず、自ら命を立つことを選んだのです。

結局、最大の敵は「恐怖心」だったってことなのかな。
エディも、リッチーが殺られかけている最中、恐怖心で動けなかったり、自分は行けないと言ったり、恐怖に支配されたものが負けたのかなと思いました。

そうそう、前作の子供時代では、ベバリーとビルがいい関係だったけど、今作のラストではベンとベバリーが恋人同士になります。

ベンの長年の片思いが実ってホントよかった♪

まとめ&評価55点(100点中)

最初から子供向けホラー映画と思って見れば、それほどガッカリしなくてすむかもしれません。

まったく面白くなかったわけではないけど、映画館へ足を運んでまで観るものでもないかなーと思いました。

あくまで個人的な感想なので、ご理解いただけると嬉しいです。