洋画

映画【イングリッド ネットストーカーの女】あらすじネタバレ&感想と評価・普通に面白い!

イングリッド ネットストーカーの女

『イングリッド-ネットストーカーの女-』は、2017年にアメリカで公開された映画です。

見ず知らずのインスタグラマーに、異常なほど執着し続ける女のストーカーライフを描いた物語。

Netflixで新着にアップされていたので何気なく観たら面白くて、一瞬で観終わってしまいました。

これは、Netflixドラマ『YOU-君がすべて-』の主人公ジョーを女バージョンにしたような作品です(笑)

Netflix【YOU-君がすべて-】シーズン1あらすじネタバレ&感想と評価・ストーカー男を描いた傑作ドラマNetflixドラマ「YOU-君がすべて-」のシーズン2が12月26日(木)から配信スタートします! https://hunnib...

映画【イングリッド-ネットストーカーの女-】簡単なあらすじ

イングリッドは、インスタグラマーの女へのストーカー行為で精神病院に入院させられ、治療を受けていた。

退院してからも、インスタグラムに依存する生活は変わらない。

そんなある日、イングリッドは雑誌でテイラーというキレイな女性を偶然見つけ、彼女を調べた。

思い切ってテイラーの投稿にコメントを残してみると、翌日返事がかえってきた事をキッカケに、イングリッドはその日からテイラーに酷く執着するようになる。

どうしてもテイラーと友達になりたいイングリッドは、亡き母の遺産を使ってテイラーが暮らすロサンゼルスへ移り住んだ。

テイラーの行きつけのレストランで待ち伏せしたり、同じ美容室へ通い、偶然テイラーに会える日を待った。

そしてついに、偶然通りかかった雑貨屋でテイラーを見かけたイングリッドは、彼女をそのまま尾行し、テイラーの愛犬を誘拐する。

迷い犬の張り紙を見たイングリッドは、テイラーの自宅へ犬を保護していると電話をかけ、思惑通りテイラーと知り合うキッカケを手に入れる。

 

その後イングリッドは、テイラーと仲良くなり夢のような時間を過ごしていたが、彼女の弟ニッキーが登場したことで状況は一変してしまう。

ニッキーにストーカー行為を見抜かれたイングリッドは・・・

キャスト

監督 マット・スパイサー

  • オーブリー・プラザ
  • エリザベス・オルセン
  • オシェア・ジャクソン・Jr
  • ワイアット・ラッセル
  • ビリー・マグヌッセン
  • ポム・クレメンティエフ

映画【イングリッド-ネットストーカーの女-】ネタバレ感想&評価85点

結論から先に言うと、すごく楽しめました。

若干コミカルに描かれているタイプのストーカー映画は、やっぱり面白いですね(^^)

主人公のイングリッドは、どういうわけか、インスタグラマーの女性にばかり執着します。

華やかな生活への憧れなのか、ただ純粋に友達になりたいだけなのか、それとも恋愛感情なのか・・・

まぁ、イングリッドの目的が何にしろ、粘着質なストーカーという事実は変わらないけど、彼女を観ているとNetflixドラマ『YOU-君がすべて-』のジョーを見ているようで面白かったです。

Netflix【YOU-君がすべて-】シーズン1あらすじネタバレ&感想と評価・ストーカー男を描いた傑作ドラマNetflixドラマ「YOU-君がすべて-」のシーズン2が12月26日(木)から配信スタートします! https://hunnib...

尾行の仕方や、知り合うための計画、お間抜けな部分もジョーそっくり(笑)

こういう部分がストーカー気質なのか、陰で相当な努力をしているようです。

そんな行動力があるなら、普通に素の自分で人間関係を築けばいいのに・・・って思うけど、ストーカーになる人って独占欲が強すぎるのかなー?

イングリッドとテイラーの関係も、ニッキーとアジア系の女が登場した辺りから亀裂が入ったように思います。

ニッキーと言えば、『YOU-君がすべて-』のシーズン2で登場したラブの弟”フォーティー”に雰囲気が似てましたよね(^^)

まさか、この映画からインスピレーションを受けた!?と思ってしまうくらい、全体的によく似ていました、良い意味で。

結局テイラーの弟ニッキーに、ストーカー行為がばれて逆に恐喝されてしまうイングリッド。

ニッキーが本当イヤな男でした。
人の弱みに付け込んで恐喝とか、ストーカー行為以上に最低じゃないですか。

ジョーなら迷わずニッキーを監禁箱にぶち込むんですけど、イングリッドはダンにニッキーを脅すよう頼みます。

本当はめちゃくちゃ良い奴だった強面のダン。

ストーカー行為がテイラーにバレて、拒絶されボロボロになったイングリッドは、インスタのストーリーズで自分のフォロワーに向けて本心を語ります。

変わりたくても変わり方が分からない、こんな生き方しかできない、これが本当の自分なんだと泣きながら話すシーンは、映画だと分かっていながら同情してしまいました。

生きることに疲れたイングリッドは、大量に薬を飲んで自殺しようとするけど、ストーリーズを見たダンが彼女を助けます。

病室で目を覚まし、絶望しているイングリッドの前にダンが現れたシーンは、マジで泣きそうでした(笑)

フォロワー欲しさから偽りだらけの私生活を晒している人に執着するよりも、本当の自分を見てくれる人がひとりでもいたら、それだけで十分だと思います。

結局、誰かに執着してしまう人って、愛に飢えていたり、満たされない何かがあるのかな。

テンポよく進み、無駄なシーンが少ないので飽きずに観れると思います!

特に、ジョーのファンなら絶対楽しめると思いますよ(笑)