Netflix

ネタバレ感想 映画【獣の棲む家】は幽霊より正気を失った夫婦の方が怖い!

Netflix 獣の棲む家

Netflix映画「獣の棲む家」の配信が、10月30日(金)からスタート!

イギリスに亡命した若夫婦が、施設から与えられた家で幽霊に襲われ気が狂っていく物語。

アメリカ製作のインディーズ映画のようですが、なかなか面白かったです!

Netflix映画【獣の棲む家】あらすじ

南スーダンからイギリスに亡命し収容所で生活を余儀なくされていた若夫婦だが、突然条件付きの保釈が決定する。

提示された3つの条件のひとつには、与えられた家に住みどこにも引っ越さないというものが含まれていたが、夫婦は自分たちの家が持てることに大喜び。

車に乗せられ夫婦が連れて来られたのは古いアパートの一室。

何もない汚い部屋だったが、夫婦は新しい人生の第一歩だと思うようにした。

その夜、夫ボルは壁の中から聞こえる異様な音に気付き、その日から家の中で幻覚をみるようになる。

一方の妻リアールも壁の中から聞こえる声を聞き、それが魔術師アペスの声だということに気付く。

呪われていると思い込んだ夫ボルは、故郷から持参した私物や、娘の形見まで全てを燃やすが状況は悪化。

夫婦は次第に正気を失って行き・・・

キャスト

監督 レミ・ウィークス

  • ショペ・ディリス
  • ウンミ・モサク
  • マット・スミス
  • マラーイカー・ワコリ・アビガバ

Netflix映画【獣の棲む家】ネタバレ感想&評価75点

民族間の虐殺が続く南スーダンからイギリスに亡命した夫婦が、与えられたアパートで恐ろしい幽霊に襲われるお話です!

結論から言うと、不気味な雰囲気に引かれ、まぁまぁ面白かったです。

保釈の条件に何処へも引っ越さないというルールがあったから、幽霊に襲われ気が狂いそうになっても逃げ出すことができないんですね。

幽霊自体が幻覚で、狂っているのは夫もしくは妻の方なのか、視聴者に疑問を抱かせじわじわ見せるストーリー展開が良かった!

ちなみに幽霊ですが、大きな音を立てて突然現れるので油断してるビックリするかもww

そもそも、幽霊以前にあの汚いアパートで暮らさなければいけない方が気が滅入りそう。
ゴミで溢れかえり、カビだらけ、とどめは女子高生が敷地内でおしっこするとか、おい!って怒鳴りつけたくなるわww

まぁ、それでも戦火の故郷に比べればマシなんだろうけど・・・

で、この夫婦はアペスという魔術師の幽霊に付きまとわれてて、たびたび娘の幽霊が出てくるんですよね。

亡命途中の海で命を落としたんだけど、なぜ彼女が父親を殺そうとしてるのかずっと不思議だったんですよ。寂しいから連れて行こうとしてるのかな?って思ったら、衝撃の真実が隠されてたわ・・・。

女の子!他所様の子かい!

故郷を離れるためのバスにどうしても乗り込みたかった夫婦は、目の前にいたよその子を自分の子として親子を偽り連れ去ったのでした。

一人娘を亡くした可哀想な夫婦かと思いきや・・・完全に誘拐犯やん。

あんな形で愛する娘を奪われたお母さんが気の毒で仕方ないですね。

しかも、よその子を連れ去っておきながら途中の海で死なせてしまうとか、そりゃアペスとかいう訳分からん魔術師の幽霊にも付きまとわれるわって感じなんだけど。

夫婦は、その記憶を心の奥に閉じ込めてしまったのか、少女が自分たちの娘ではないということさえ忘れかけてたんですよね、特に妻の方は。

アペルは亡くなった少女を蘇らせるために、夫の肉を切り裂けと付きまとっていたみたい。

そう考えると、与えられた家が呪われてたんじゃなくて、夫婦特に夫の方に憑いていたのでは?という疑問も残るんですけどね。

全体的に面白かったんだけど、唯一イマイチだったのが最後の魔術師アペスとの格闘シーン。

幽霊?悪魔?のくせに首切られて死ぬとか人間か!ってツッコミ入れたくなった。

結局、夫婦は自分たちの過ちに気付き、全てを受け入れたことで救われたという事なのかなー。

あの雰囲気だと間違いなくまだ憑いてますよねww
故郷へ戻るよりも、幽霊と共存するほうを選んだってことなんだろうね。

幽霊の怖さよりも、正気を失っていく夫婦のほうが不気味な映画でした!

本日より配信がスタートしたので、気にかる方は是非チェックしてみてください(^^)