Netflix

Netflix【土と血】はアッサリ系のサスペンス映画・あらすじネタバレ&感想

Netflix 土と血

Netflix映画【土と血】の配信が4月17日(金)からスタートしました!

山間の村で製材所を営む父と娘。
そこにヤクの密売人が盗んだコカインを隠した事で、2人は流血の争いに巻き込まれていく物語。

ギャングとおじさんの戦いだけ見せられて、いつの間にか終わってました(笑)

Netflix映画【土と血】あらすじ

耳の不自由な娘と共に製材所を営んでいる主人公。

しかし、肺癌で余命宣告をされたことから、製材所を売却しようと考えていた。

そんなある日、製材所の中に隠された車を発見する。

車内を確認してみると、カバンの中には大量のコカインが詰められていた。

従業員のヤニスを問い詰めると、兄から頼まれたと白状したが、コカインをそのままにできないため、男は警察署に向かった。

しかし、不審な男たちが製材所へ向かったと耳にした主人公は、娘を守るため製材所へ戻った。

そして、襲われそうになっている娘を目にした主人公は、男を銃で撃ち殺してしまう。

そんな事とは知らない仲間の男たち6人も製材所へ駆けつけ・・・

キャスト

  • サミ・ブアジラ
  • エリック・エブアニー
  • サミ・セギール
  • ソフィア・ルサーフル

Netflix映画【土と血】ネタバレ感想&評価50点

製材所を営みながら静かに暮らす父と娘が、薬物絡みのトラブルに巻き込まれ酷い目に合わされる物語です。

フランス映画ですが、やっぱり雰囲気が暗いですねー!!

サスペンス映画にするにしても、もう少し明るい雰囲気にできないものでしょうか^^;

で、それに加え前半は特にストーリーのテンポが遅いので、ウトウトしそうでしたzzz

最後まで見終わって気付いたんですけど、後半はほとんど台詞がなかった( ゚д゚)ハッ!




まず、銃を持ったギャング6人に対して、おじさん1人じゃ勝てっこないだろうって思ったけど、この主人公けっこう強かったです。

大袈裟に例えるなら、運が良いランボーみたいな感じ(笑)

ランボーほどのド迫力はないけど、あの手この手でギャングたちを始末していくシーンは気持ち良かったです。

どちらかと言うと、銃撃戦に重点を置いて制作したのか、ストーリーはあっさりし過ぎている印象を持ちました。

なので、ヤニスや密売人の兄のことも詳しく描かれていないし、娘のサラとヤニスについても何の進展もなく終わりました。

前半は、コカインを盗もうとしている男と弟ヤニスのシーンを少し見せて、後半はほとんど台詞なしの銃撃戦です。

ゴチャゴチャしたストーリー展開が苦手な人には向いているかもしれないけど、個人的にはもう少し中身が欲しかったなーと思いました。

フランス映画に登場する黒人の俳優さんたちってアフリカ系の方が多いですが、本作でも独特な雰囲気があって、ちょっと怖かったです。

銃で殺さず、首折るって・・・^^;

もしかしたら、首折りが一番印象的だったかも(笑)