Netflix

Netflixドラマ【フィール・グッド】シーズン1あらすじネタバレ&感想・依存症レズビアンとストレート女子の恋愛

Netflix フィールグッド

Netflixドラマ『フィール・グッド』の配信が3月19日(木)からスタート!

薬物依存症の克服に励むスタンドアップコメディアンのメイ・マーティンと、同性との恋愛経験がない恋人との関係を描いたストーリー。

LGBT系のドラマなのですごく楽しみにしていました!

普通に見れるドラマではあったけど、何に重点を置いて描いているのかハッキリ分からなくて中途半端な印象を受けました。

Netflixドラマ【フィール・グッド】シーズン1・あらすじ

薬物依存の克服に励みながら、スタンドアップコメディアンとしてライブに立ち続けるメイ・マーティン。

そんなメイには、最近客の中に気になる女性がいた。

彼女の名前は、ジョーイ。

ライブ終了後、偶然話をすることになったメイとジョーイは、意気投合し付き合うことに、その後すぐに同棲を始めた。

ある日、メイの両親からのビデオ電話で、メイが薬物依存者だということを知ってしまったジョーイは不安に感じるようになる。

ジョーイから説得されたメイは、依存症の会に参加することを決心する。

一方のジョーイは、女性であるメイとの交際を友人たちに言えずにいた。

友人に自分を紹介して欲しいメイと、紹介したくないジョーイの関係は次第にギクシャクし始める。

メイの気持ちを真剣に考えたジョーイは、メイを誘って親友ビンキーのパーティーに出席するが、そこでメイはジョーイや彼女の友人たちからイヤな思いをさせられひとりパーティを抜け出した。

しかし、その後メイの電話に、ジョーイが大怪我を負って病院に運ばれたと連絡が入り・・・

キャスト

  • メイ・マーティン
  • シャーロット・リッチー
  • リサ・クドロー
  • ソフィー・トンプソン
  • トム・アンドリュース
  • トビ・バンテファ
  • フィル・バーガーズ
  • オフィリア・ラヴィボンド
  • エイドリアン・ルキム
  • リトゥ・アリヤ
  • ラモン・ティカラム

Netflixドラマ【フィール・グッド】シーズン1・ネタバレ感想&評価63点

実在するスタンドアップコメディアンの『メイ・マーティン』が、本人役で登場するドラマです。

女の子同士の恋愛ということもあり、カナリ前から楽しみにしていました!

1話約30分、6話構成なので映画感覚でサクッと見れるのも嬉しいところです。

まず、メイとジョーイの出会いからファーストキスまでの流れが素敵♥

2人のギクシャクした会話がとても可愛くて、ほっこりしました。

ただ、なぜメイの恋人役をストレートの女子にしたのか、別にそこは、同性愛者の女の子という設定でよかったと思うんですけどね。

主人公のメイは、子供の頃から薬物に溺れ依存症に苦しんでいるわけですが、依存するのは薬だけではありません。

薬から目を逸らすために、恋人に依存、恋人と上手くいかなければ、また薬に手を出すという行為を繰り返しています。

出会ってすぐ同棲を始めたメイとジョーイですが、依存症のレズビアンと異性愛者なので、まぁ上手く行かないですよね(笑)

友達に紹介して欲しいとか、鬼電とか確かに鬱陶しいけど、パーティーでのジョーイの態度もカナリ酷かったと思います。

もし自分がメイの立場なら、とても傷つくし、すぐにでも別れたいと思うレベルかな。

何となく付き合い始めた2人なので、お互いがすごく無理して、傷つけ合って、可愛らしい2人なのに、観ていて切なかったです。




結局、ジョーイに振られたメイは、また薬物に手を出し、カナダへ戻る事を決意しますが、そんなメイの元に再びジョーイが現れます。

今度は、ジョーイの方がメイに対し『あなたがいないと生きていけない』と(笑)

ジョーイもメイに依存しちゃうのかー・・・

なんで、こういう展開にしちゃったんだろう。

普通に、ラスト辺りまではまぁまぁ面白かったのに、最後が残念でした。

異性愛者のジョーイと付き合ったことで、依存症が悪化、2年断薬したにも関わらずまた振り出しに戻ったメイ。

依存症克服も中途半端、ジョーイとの恋愛も中途半端、結局何を描きたかったのかよく見えませんでした。

それよりもビックリしたのが、メイの母親役で登場したリサ・クドロー( ゚д゚)ハッ!

フレンズのフィービー役しか記憶になかったので、年老いた姿に驚きました。

現在は56歳、フレンズが始まったのが30代くらいの時だと思うので、そりゃ歳取りますよね・・・(笑)

本作での、リサ・クドロー演じるメイの母親は、何不自由なく育ててきた娘が薬物依存に陥り、そんな娘を許せない部分が大きいのか、メイに対し終始冷たく当たります。

でも、やっぱり母の愛は大きいなと感じたのが、メイが泣きながら母親に連絡を入れたシーン。

どんなに娘に冷たくしても、メイを愛しているのが伝わってきました。

結構、文句言いましたけど、トータルで見れば面白かった方だとおもいます。

新作なので、よければ是非♪