洋画

ネタバレ感想【マダム・イン・ニューヨーク】は英語学習者なら100%共感できる映画!

映画 マダム・イン・ニューヨーク

今回は、2012年公開のインド映画『マダム・イン・ニューヨーク』のご紹介と感想です!

英語が話せないことを理由に、家族からバカにされてきたインド人主婦が結婚式のため訪れたニューヨークで語学学校に通い始め、自信をつけていく物語です。

私も英語を長年学習しているので、めっちゃ共感できる部分が多く楽しめました(^^)

英語学習者、特に英会話初心者の方なら勇気づけられること間違いなし★★★

映画観るなら<U-NEXT>

映画【マダム・イン・ニューヨーク】あらすじ

お菓子作りが得意なインド人主婦のシャシは、夫と中学生の娘から英語が話せないことを理由に見下され続けていた。

そんなある日、シャシ一家はニューヨークで暮らす姪っ子の結婚式に招待される。

結婚式の準備のため、家族より一足先にニューヨークへ発つことになったシャシは不安で心が折れそうだった。

なんとか無事到着したシャシだが、英語が話せない彼女は孤独感を募らせていった。

そして、1人で入ったカフェで威圧的な店員から英語を話せないことを理由に、酷い言葉を浴びせられシャシは酷く傷つき店を飛び出す。

公園で涙を流すシャシの目に飛び込んできたのは、マンハッタンにある語学学校の広告だった。

英語が話せないことで侮辱される事に嫌気がさしたシャシは、広告に書かれた語学学校の番号に電話を掛けるのだが・・・


キャスト

監督 ガウリ・シンデー

  • シュリデヴィ
  • アディル・フセイン
  • メーディ・ネブー
  • プリヤ・アーナンド

映画【マダム・イン・ニューヨーク】ネタバレ感想&評価95点

英語が話せないことで夫と娘からバカにされ続けてきたインド人主婦が、姪の結婚式で訪れたニューヨークで語学学校に通い、自信を取り戻していくお話です!

いや〜 久々に良い映画観ました(*´ω`*)
こういう映画が観たかったのよ、マジで。

英会話初心者、もしくはある程度勉強している方でも昔の自分を思い出し、100%共感できる内容となっております。

100%って大げさじゃね?って言われそうですが、英語を習い始めた頃を思い出してみると、嫌な体験も含め絶対主人公に共感できる部分ってあると思うんですよね。

私も、かれこれ10年ほど趣味で英語を勉強してて、全く喋れないままニュージーランドの語学学校に1人行き緊張から吐きそうになったときのこと、初めてニューヨークに一人旅したときのことなど色々思い出して、主人公に感情移入しまくりでしたww

本作は、家族に見下され続けた主婦の成長物語なんですけど、英語学習を通じて妻として、母として以前に、ひとりの人間として扱われることの大切さも描かれています。

なので、そういう意味では英語学習をしていない主婦の方にもオススメできる作品かなと思います。

早速感想ですが、まず主人公の夫と娘がヒドイ!!
そもそも、インドってヒンドゥー語が公用語ですよね?インドのことはよく知らないけど、英語が話せないというだけでここまで家族からバカにされなきゃいけないものなのか。。。

毎日、家族の身の回りの世話してこんな扱い受けるなんて、たまったもんじゃないわ。

そんな中で急遽招待されてしまったニューヨークでの姪っ子の結婚式。
主人公は、家族より一足先に1人でニューヨークへ発つことになるんだけど、こんな状態で1人海外は恐怖しかないね。

それにしても、機内のシーンに登場した気の良いおじさん最高ww
機内映画で通訳されたらどうします?w

ビックリするくらい鬱陶しいおじさんなんだけど、別れ際に放った名言好きだなー。

『何事も初めては一度だけ』

初海外でドキドキしてたときに言ってもらいたかった言葉だわ・・・。
初めて外国に降り立ったとき、初めて語学学校に登校した日、初めて勇気を出して1人でカフェに入った日、今思い返してみると全てが懐かしく愛おしい思い出なんですよね。

あんなにドキドキした出来事も、初めては一回きりだったのかぁ。

初めての1人カフェなんて、ドキドキ緊張して入る勇気なくて店の前2時間うろつきましたからね。

今思うと完全に不審者よ、不審者。

私の場合、急な大雨に背中を押され無事店内に入ることができたんですけど、本作の主人公は何も考えずカフェ、入っちゃうんですよ・・・。

英会話を学習している方なら共感できるかもしれませんが、1人カフェってけっこうハードルが高いと思うんです。

もちろんメニューは全て英語だけど、中には読みにくい文字で黒板にメニューが書かれてるだけの場合もあるし、流行りの店だと後ろからのプレッシャーに心が折れそうになったり。

主人公がカフェのオーダーに手間取り、店員から酷い扱いを受けるシーンは、映画だとわかっていながら、観てるこっちまで泣きたくなりました。

マジでいるのよ、おめー何様だよ!って言いたくなるような威圧的な態度の店員が!

ニューヨークの一人旅で同じような経験があったから余計感情移入しちゃって、主人公を応援したくなった(T_T)

そして、店員に泣かされ絶望する主人公の目に飛び込んできたのが、4週間で英語が話せるようになるって書かれた語学学校の広告。

あの悔しい出来事が、彼女を英語学習へ導くキッカケとなるんですね。

もちろん4週間という短さでは、英語が話せるようになるなんてほぼ不可能です。

まぁ、そこは映画なので無理に決まってるだろ!なんて言わずスルーしてあげてw

あと、目の前にいるカフェ店員の英語は全く聞き取れなかったのに、どうやって電話で語学学校までの道順が聞き取れたのか疑問に思う方もいるかもしれません。

私の解釈では、人間って極度の緊張や恐怖を感じると聞き取れる簡単な単語でも全く頭に入ってこないことがあると思うんです。

カフェでの英語は簡単なものだったかもしれないけど、前からも後ろからもプレッシャーを掛けられていました。それに対し、語学学校の受付係は優しい口調で何度も主人公に道順を教えていましたよね。

結局、そういう事なんですよ。英語初心者の方がもし同じ状況に遭遇した場合、どれくらいの方が落ち着いてオーダーすることができるのかなと。

店員に泣かされ、弱々だった主人公ですが、語学学校に通い始め自信を取り戻していきます。

その中で、主人公に恋するフランス人クラスメイトが登場し、ちょこっと寄り道するシーンもあるけど、そういう経験があったからこそ家族の大切さを実感するんですね。

最後の結婚式でのスピーチはめっちゃ感動した!
流暢に話せなくても主人公の一生懸命な気持ちが伝わってきたし、ギャフンと言わされた夫と娘の表情も最高でした(^^)

2時間超えと長い作品なうえに、インド映画ということでちょいちょい歌を挟んでくるんだけど、そのシーンに合っているから全然イヤな感じがないんですよね。

netflix グンジャン・サクセナ 夢にはばたいて
ネタバレ感想 Netflix【グンジャン・サクセナ 夢にはばたいて】は実話を基に製作された感動作で超おすすめ!Netflix映画『グンジャン・サクセナ〜夢にはばたいて〜』の配信が8月12日(水)からスタート! インドで初女性戦闘機パイロット...

主人公を演じたのは、インドの国民的大女優シュリデヴィ。
美しい容姿と抜群の演技力から、国内でもカナリ人気だった女優さんです。

本作は、彼女の15年ぶりとなる復帰作でインド国内では大ヒットを記録。
日本国内でも小規模公開されたましたが、それでも興行収入は1億円を突破した作品なんです。

知る人ぞ知るという傑作映画ですが、調べてみると主人公を演じたシュリデヴィ、2018年に54歳という若さで亡くなられたようです。

甥の結婚式で訪れた、ドバイのホテルの浴槽で溺死しているところを発見されたみたいですが・・・。

何があったのか分からないけど、今観て大好きになった作品に出演していた女優さんがすでにこの世にいないというのは、やっぱりショックだなぁ。

絶対これから先、何度も観たくなるんだろうなと思えた作品です。

とても美しく良い演技をする女優さん+めっちゃ良いストーリーなので、是非『マダム・イン・ニューヨーク』ご覧になってみてください。