Netflix

Netflix【クリスマス・プリンス/ロイヤルベイビー】あらすじネタバレ&感想と評価

Netflix映画「クリスマス・プリンス/ロイヤルベイビー」の配信が本日12月5日(木)からスタートしました!

この映画はシリーズ化されているので、先に1作目の「クリスマス・プリンス」、そして2作目の「クリスマス・プリンス/ロイヤルウェディング」をご覧になることをオススメします♪

Netflix映画【クリスマス・プリンス】ネタバレ感想&評価・王道のシンデレラ・ストーリーNetflix「クリスマス・プリンス」は、2017年公開の映画です。 翌2018年には、続編となる「クリスマス・プリンス/ロイヤル...
Netflix映画【クリスマス・プリンス/ロイヤルウェディング】ネタバレ感想&評価Netflix映画「クリスマス・プリンス/ロイヤルウェディング」は、2018年公開の映画で「クリスマス・プリンス」の続編となります。 ...

今作では、12月24日までに署名しなければならないペングリア王国との条約書が盗まれ、大騒ぎになるストーリーです。

Netflix【クリスマス・プリンス/ロイヤルベイビー】あらすじ

アンバーが王妃になってから、もうすぐで1年。

王室の一員となるためにアンバーは努力を重ね、この1年で国民から愛される王妃に成長した。

そして、年内最後の公務として、1419年から100年ごとに更新されているペングリア王国との条約署名式が予定されていた。

アルドヴィア王国にペングリア王国のタイ王とミン王妃が到着する。

しかし、署名式でサインをしなければいけない条約書が何者かに盗まれる事態が発生する。

条約を破ったら国王夫妻は呪われ、最初の子に災いが降りかかると書かれた本をエミリーが読み、それをアンバーに伝えたことで大騒ぎに。

何としても生まれてくる子を守りたいアンバーは、12月24日の深夜までに条約書を見つけようと犯人探しを始める。

そんなとき、アンバーはベビーシャワーのためにニューヨークから訪れていた親友メリッサが、いつの間にかサイモンに恋していることに気付く。

アンバーは、未だにサイモンのことが信用できずメリッサのことが心配だった。

そして、サイモンはタイ王たちの随行員としてアルドヴィア王国を訪れていた大学の同級生で元カノのリンと不審な動きを見せるようになる。

警察犬までも出動させて条約書を探したが、結局発見されることはなかった。

魔女の呪いを心配しているアンバーは、条約書が見つからなかったことにショックを受け意識を失う。

キャスト

監督 ジョン・シュルツ

ローズ・マクアイヴァー(Rose Mclver)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wow. I truly don’t have words. CP3 will be with you on @netflix in December 5th. Soak it up, my friends. 🎄

Rose McIver(@imrosemciver)がシェアした投稿 –

ベン・ラム(Ben Lamb)

  • アリス・クリーグ
  • オナー・ニーフシー
  • サラ・ダグラス
  • アンディ・ルーカス
  • ラージ・バジャージ
  • リチャード・アシュトン
  • タヒラ・シャリフ
  • ジョエル・マクヴァー
  • テオ・デヴァニー
  • ケヴィン・シェン
  • モモ・ヤン
  • クリスタル・ユー
  • ビリー・エンジェル

Netflix【クリスマス・プリンス/ロイヤルベイビー】ネタバレ感想&評価68点

3作目となる「ロイヤルベイビー」。

結論から言うと、心温まる可愛らしいストーリーでした!

個人的に、1作目と同じくらい好きです♪

まず、ロイヤルウェディング編のときから1年経過し、アンバーがめちゃくちゃ王妃っぽく変身を遂げています。

リチャードと出会った2年前や、1年前のウェディングのときとは比べ物にならないくらい王妃としての貫禄があり映画の冒頭からおどろきました(^o^)

そして、この1年でエミリーも大人っぽくキレイな女の子に変身しています。

今作では、アンバーの親友メリッサとサイモンの恋の行方も描かれています。

サイモン・・・・
1作目でイヤなやつ過ぎてなかなか好きになれないキャラでした。

今回も、不審な動きをしまくります(笑)
悪巧みをしてそうなんだけど本当は違ったり、サイモンってもうこういうキャラになっちゃたんですね^^;

不器用でズルそうな顔してるけど本当は良い奴なのかも?と3作目にしてやっと気付きました。

結局、サイモンは盗まれた条約書には何も関係しておらず、リンと密会していたのはメリッサにプロポーズするために相談しているだけっていう紛らわしい奴でした。

プロポーズを受け入れたので、メリッサも王室の一員になるってことですよね!

そうそう!
クリスマス・プリンスは絵に描いたようなシンデレラストーリーですが、やっとあのシーンを観ることができました!

王子様がお姫様にガラスの靴を履かせるというあのシーンです(笑)

リチャードとアンバーの場合、ガラスの靴ではなく脱げた可愛いスリッパだったんですけど、やっとこのシーンが見れてテンション上がりました。

リチャードがアンバーに「君のとお揃いだね」と言いながら送ったベビースニーカーも最高に可愛かったです。

やっぱり、この映画にスニーカーは欠かせませんね。

ベビーシャワーや、クリスマスマーケットのシーンも可愛らしかったけど、ミン王妃とアンバーの友情が素敵だなとおもいました。

最初は、とっつきにくくてお高くとまっている印象のミン王妃でしたが、本当は心優しい女性だったんですね〜。

そして、ネタバレの部分条約書を盗んだ犯人は、なんと宮殿に仕えているミスターリトルでした(ToT)

昔、条約署名後のスキャンダルがクロード王子の毒殺を招き、家族の復讐を誓った子孫がミスターリトルだったんですね。

ミスターリトルは、ペングリアとの繋がりを断つために条約書を盗んだらしいです。

はっきり言って、そこら辺はあまり興味ないんですけど、けっこう好きなキャラだったのでちょっとガッカリです。

今作では、地下ろうも登場しますよ^^;
2作目の悪者レオポルドに続き、ミスターリトルもそこに入れられます。

そして、12月25日にエルリと名付けられた王女が誕生しました\(^o^)/

3作も観ていると、アンバーもついにママになったのかと感慨深くなります。

「ロイヤルチャイルド」って名前で、来年のクリスマスも4作目があるといいなー。

エンドロールの写真も素敵なので、是非最後までご覧になってくださいね♪