Netflix

Netflix映画【クリスマス・プリンス】ネタバレ感想&評価・王道のシンデレラ・ストーリー

Netflix「クリスマス・プリンス」は、2017年公開の映画です。

翌2018年には、続編となる「クリスマス・プリンス/ロイヤルウェディング」が公開となりました。

Netflix映画【クリスマス・プリンス/ロイヤルウェディング】ネタバレ感想&評価Netflix映画「クリスマス・プリンス/ロイヤルウェディング」は、2018年公開の映画で「クリスマス・プリンス」の続編となります。 ...

そして、本日12月5日(木)からは、ロイヤルウェディングの続編「クリスマス・プリンス/ロイヤルベイビー」の配信がスタート♪

Netflix【クリスマス・プリンス/ロイヤルベイビー】あらすじネタバレ&感想と評価Netflix映画「クリスマス・プリンス/ロイヤルベイビー」の配信が本日12月5日(木)からスタートしました! この映画はシリ...

完全に女子向けに作られた、絵に描いたようなシンデレラストーリーの第1作目です^^;

Netflix映画【クリスマス・プリンス】あらすじ

ニューヨークで成功を夢見る新米記者のアンバーは、ある日上司からアルドヴィア王国へ取材に行くように命じられる。

アルドヴィア王国では、国王が亡くなったことを受けて、王位を継承予定のリチャード王子が即位することになっていたが、スキャンダルが多く自由気ままに生きたいリチャードは国王の座を放棄するのではないかと記者たちの間で騒がれていた。

アンバーは他の記者たちと共に、記者会見に出席したが、リチャードが姿を見せることはなかった。

何としても成功を掴みたいアンバーは、手ぶらで帰ることができず王宮内に忍び込む。

スタッフに見つかり謝ろうとするが、エミリー王妃の新しい家庭教師だと勘違いされ、スクープ探しのために家庭教師になりきり、こっそり取材を続けることに。

アンバーは、エミリーやリチャードと次第に仲良くなっていき、リチャードの本当の姿に心惹かれ、それはリチャードも同じ気持ちだった。

アンバーのおかげで前向きに考えられるようになったリチャードは、王位を継承することを決意する。

そんなある日、アンバーはリチャードの父が使用していた部屋である衝撃的な書類を発見、リチャードは前国王の実子ではなく養子だったのだ。

前代未聞の大スクープだったため、成功を掴みたいアンバーは事実を記事にするか悩むが、リチャードを想う気持ちが勝り、記事にすることはなかった。

しかし、リチャードとアンバーの関係を快く思っていなかったリチャードの元カノのソフィアと、リチャードに嫉妬する従兄弟のサイモンは悪巧みを考えていた。

ふたりが散歩に出かけたスキを見て、アンバーの部屋に侵入、そこでアンバーの本当の正体と、リチャードが養子だという事実を突き止める。

戴冠式の日、サイモンとソフィアは2つの事実を暴露し・・・・

キャスト

監督 アレックス・ザム

ローズ・マクアイヴァー(Rose Mclver)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thanks for the lovely piece @fashionquarterly ! I’m in such great company with a bunch of kiwi women I adore. In stores now 💘

Rose McIver(@imrosemciver)がシェアした投稿 –

ベン・ラム(Ben Lamb)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mum’s trying to find him a girlfriend but until she does… I get all the attention 😟

Ben Lamb(@instalambgram)がシェアした投稿 –

  • サラ・ダグラス
  • ダニエル・ファザーズ
  • アリス・クリーグ
  • タヒラ・シャリフ
  • リチャード・アシュトン
  • デオ・デヴァニー
  • オナー・ニーフシー
  • エマ・ルイーズ・ソーンダース

Netflix映画【クリスマス・プリンス】ネタバレ感想&評価65点

新米記者が王室へ取材に行き、王位継承予定の王子に出会い恋に落ちるという王道のシンデレラストーリーです。

この映画シリーズは、完全に女子向けですが、こういうの観る男性も可愛いですよね(笑)

ストーリー自体は、先の先の先の展開まで簡単に読めちゃうベタなものですが、クリスマスの雰囲気全開+お城がキレイ+雪の助けがありとてもロマンチックに観えてしまうので不思議です。

シンデレラに憧れはないんですけど、画の可愛さ美しさに完全にヤラれました。

シリーズ化されているってことは、やっぱりシンデレラに憧れる女子に人気の映画なのかな〜。

まず、ヒロインにローズ・マクアイヴァーを抜擢したのが良いですね。

ニューヨークで働く記者ですが、何処と無く垢抜けしてないというか、派手過ぎないのが好感を持てました。

靴も最初から最後までスニーカーだったし、アンバーという役にピッタリだったとおもいます。

逆に、一番イヤな奴だなと思ったのが、リチャードの従兄弟で王位を狙っているサイモン。

顔も嫌いだけど、嫉妬だらけで女々しくてマジで鬱陶しかったです。
見ていてイライラしました。

あんなのが国王になったら、アルドヴィア王国も終わりですよヽ(`Д´)ノプンプン

そして、リチャードの元カノのソフィア。
派手でピザの臭いがしそうな品格のない女は、サイモンとお似合いです。

王位の座をサイモンに奪われそうになるリチャードでしたが、アンバーのおかげでどんぐりの中に隠された亡き父からの遺言書を発見、そして、無事国王になることができました。

大晦日の夜、リチャードがニューヨークまで来て、アンバーにプロポーズするシーンはすごくロマンチックでした!

普通の女の子に王がひざまずいてプロポーズするとか、あのシーンだけでも観る価値大ですね(笑)

普通に面白かったし、クリスマスの時期になると見たくなる作品だとおもいます。