Netflix

Netflix映画【失墜】は全体的に詰めが甘い!あらすじネタバレ&感想と評価

Netflix 失墜

Netflix映画『失墜』の配信が3月27日(金)からスタートしました!

人里離れた訓練施設で起こった事故。
参加したサバイバリストたちの間に亀裂が入り、次第に命をかけた戦いへと姿を変えていく物語。

何か物足りなさは感じるものの、普通に最後まで観れる映画でした!

Netflix映画【失墜】簡単なあらすじ

アントワーヌ一は、社会崩壊による攻撃から家族を守るため、サバイバル訓練に参加する。

アランという男が長年かけて作り上げた訓練施設には、食料、燃料、攻撃を受けた時の逃走ルートまで、ありとあらゆるものが揃えられていた。

そんなアランからサバイバル術を学ぶために、アントワーヌを含め5人が参加した。

順調に進んでいた訓練だったが、参加者のフランクが訓練に使用していた爆弾で亡くなるという不幸な事故が起こる。

アントワーヌたちは、警察に通報すべきだと考えていたが、合法でない施設だったため、施設の主アランは大反対。

部屋に戻った参加者4人は、アランから携帯を取り返し警察に通報することで意見が一致する。

しかし、施設を守りたいアランは、亡くなったフランクの遺体を焼き始めてしまう。

アントワールたちは4人は、施設から逃走しようとするが、もうひとりの参加者ダヴィッドがアラン側に付き、銃を手に取った。

逃げようとする4人だが、早速アンナが撃たれてしまい・・・

キャスト

  • ギヨーム・ローレン
  • マリー=エヴリーヌ・レサール
  • レアル・ボッセ
  • マルク=アンドレ・グロンダン
  • マルク・ボーブレ
  • マリリン・キャストンゲ
  • ギヨーム・シール
  • イザベル・ジルー
  • ジュリエット・マクシム・プルー

Netflix映画【失墜】ネタバレ感想&評価61点

訓練中に起こった事故を巡り、仲間割れから小さな戦争が起こってしまうストーリーです。

舞台になっている訓練施設は、もし社会崩壊が起こった場合、食糧難や、難民、移住者から身を守るためにアランにより作られた施設です。

事の始まりは、訓練中に参加者のフランクが爆死してしまったことから始まります。

アランが何度も静電気と摩擦には気をつけてくれよ!って言ってたので、そろそろ事故るかなと思ったけど、いきなり吹っ飛んだのでビックリしました。

訓練が終わって普通に歩いていただけで爆発しましたけど、静電気が発生したってことなのか、何が起こったのかよくわかりません。

 

それで、爆死しちゃったフランクの遺体をどうするかという事でアランと参加者の間で口論に発展するわけです。

こういう場合、その場では合意したフリをして街に戻った後、通報でしょ。

だって、アランは山を知り尽くしていて、しかもそこら中に罠が仕掛けられている、銃や爆弾まであるとなると、アランを敵に回すと生きて帰れないかもしれないですからね。

警察に捕まれば、過失致死&テロ容疑で逮捕されてしまう状況なので、施設の主アランは参加者をなだめるために必死です。

まぁ、アランよりもダヴィッドという男の方が危険なんですけどね。
警察に捕まりたくないダヴィッドは、アランをけしかけ4人を殺害しようとします。

4対2に分かれて戦いが始まるんですけど、逃走前にアンナは撃たれ、セバスという男も逃走直後に変な罠に掛かりあっけなく死んでしまいます。

アントワーヌとラシェルだけになった後は、凍った湖に落ちたり、色々災難が降りかかる中、ふたりはついに自分たちの車を発見。

しかし、現れたダヴィッドによってアントワーヌ、秒殺されてしまいます。

主要キャラなのに、もう少し違う死に方なかったのかなー。
あまりにも呆気なくて逆に笑ってしまいます。

1人になり怒りに火が付いたラシェルは、ダヴィッドを撲殺、アランをボコボコにして一緒に山を降りました。

アランを殺さなかったのは、警察に突き出すためなのかな。

何となく、悪役ふたりがパッとしなかったですね。
ダヴィッドは、危険な雰囲気漂うだけで小さくて弱いし、アランは表情が優しいからか、全く迫力ないし。

絶対逃がすものか!みたいな感じだったくせに、逃げたアントワーヌとラシェルをあまり追ってこないので、アクション映画にしては見せ場があまりにも少ないです。

それに、何故こういう得体のしれない施設で訓練に参加しているのかという、バックストーリーをもう少し見せないと、なかなか物語に入りにくいですね。

と文句を言いつつ、1時間20分くらいなので、まぁまぁ楽しめました。

新作なので、よければ是非(^^)