Netflix

ネタバレ感想 Netflix【バイオハッカーズ】は難しそうで意外とシンプルなサスペンスドラマ!シーズン2の予定は?

netflix バイオハッカーズ

Netflixドラマ『バイオハッカーズ』の配信が8月20日(木)からスタート!

名門大の医学部に入学した主人公が、家族を死に追いやった生物学の教授に近づき、真実を突き止めようとする物語。

めちゃくちゃ面白かったわけではないですが、普通に観れるドラマでした!

全6話見終わったので、早速感想とか書いて行こうかなと思います。

Netflixドラマ【バイオハッカーズ】シーズン1あらすじ

名門大学の医学部に入学したミア。

彼女の目的は、家族の死の真相を知っているであろう教授ロレンツに近づくためだ。

ミアは、早速ロレンツの助手ヤスパーに近づき、すぐに恋人関係に。

ミアは思惑通り、ヤスパーからロレンツの助手申込書を手に入れ、ロレンツの研究チームに加わることに成功。

研究室に出入りできるようになったミアは、早速病気で亡くなった弟の記録を手に入れるため探り始めるが、全ての資料はロレンツの自宅に保管されているようだった。

ヤスパーはミアの企みを知らず、ロレンツの留守中ミアを家に招き入れてしまう。

ロレンツのパソコンを操作したミアは、ついにロレンツの遺伝子研究「ホモ・デウス計画」にたどり着くが、ロレンツはミアの不審な動きに気付き始め・・・

キャスト

原作・製作 クリスティアン・ディッター

ミア・エマ (ルナ・ヴェドラー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

luna sofia wedler(@lunawedler)がシェアした投稿

ミア・エマを演じたのが、ルナ・ヴェドラー。
スイス・チューリッヒ出身、1999年生まれの21歳。
代表作は、2017年公開の映画で主演を務めた「Blue My Mind」日本語タイトルは「ブルー・マインド」

主人公ミアは超優秀な医学部生、幼い頃双子の弟と両親を亡くし、スイスで祖母に育てられた。

ロレンツ (ジェシカ・シュヴァルツ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jessica Schwarz(@jessicaschwarz_official)がシェアした投稿

ロレンツを演じたのが、ジェシカ・シュバルツ。
ドイツ・ヘッセン州出身、1977年生まれの43歳。
代表作は、2009年公開の映画「Romy」

ロレンツは、医学博士であり生物学者。国内最年少の医学部教授。

ヤスパー (アドリアン・ユリウス・ティルマン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

adrian julius tillmann(@adrianjtillmann)がシェアした投稿

ヤスパーを演じたのが、アドリアン・ユリウス・ティルマン。
ドイツ・ベルリン出身、1997年生まれの23歳。

ヤスパーは、ロレンツの助手で医学部生。ミアに利用されているとも知らず彼女に夢中になる。

二クラス (トーマス・プレン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thomas Prenn(@thomasprenn)がシェアした投稿

ニクラスを演じたのが、トーマス・プレン
イタリア、サン・カンディッド出身、1994年生まれの26歳。

ヤスパーの親友。権力を使い人を利用しているロレンツが嫌い。ミアの秘密を知り関係が急接近する。

ロッター (カロ・カルト)

 

この投稿をInstagramで見る

 

CARO CULT(@carocult)がシェアした投稿

ミアが住むシェアハウスの大学生。派手なルックスだが情に厚い。

オラ (セバスティアン・ヤーコプ・ドッペルバウアー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sebastian Jakob Doppelbauer(@sjdoppelbauer)がシェアした投稿

ミアが住むシェアハウスの大学生。SNSのフォロワー欲しさにカナリ過激な行動に出る少々狂った男。

チェンルー (ジン・シャン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jing Xiang 🔸 项晶(@blng_jing)がシェアした投稿

ミアが住むシェアハウスの大学生。機関銃のように喋り、遺伝子組み換えに詳しい女。

Netflixドラマ【バイオハッカーズ】シーズン1・感想&評価68点

 

この投稿をInstagramで見る

 

Biohackers(@biohackersnetflix)がシェアした投稿

こちらは、ドイツ製作によるサスペンスドラマです。

1話約40〜45分、6話構成ですが、何故かエンドロールが異様に長く10分くらいあるので、全話見ても4時間弱で見終わることができます。

正直、1話の途中でもう止めようかと思ったんですよ。
面白くなかったわけじゃなくて、とにかく難しくて・・・

バイオハッカーズというタイトルからも分かるように、生物学的な会話だったり医学用語みたいな難しい台詞が飛び交うので、私のようなおバカさんにはチンプンカンプンなのよww

特に、主人公ミアの同居人で、超早口の中国系女子!
ワケの分からない台詞を早口で喋るから、字幕読むだけで白目向きそうだったわ。

難しい遺伝子研究の話が続くから、ギブしようと思ったんだけど、2話辺りから徐々に面白くなってきたので、そのまま一気観しちゃいました。

シーズン1の全6話観て気付いたのは、ワケの分からん会話が多くて一見難しそうに見えるけど、ストーリー展開は至ってシンプルで家族を殺された少女の復讐劇なんですよね。

幼少期の回想が毎話流れるから、家族が殺されたことや、ロレンツ教授がそれに関わっていたことが容易に想像でき先読みできるので、特別おどろきの展開とかもなかったかなー。

サスペンスドラマだと、「え!まさかアノ人が!?」みたいな流れが好きなので、そこはちょっと残念だったかなと。

ストーリーは、主人公がロレンツ教授やその助手ヤスパーに近づくところから始まります。

個人的にヤスパー君がちょっと気の毒だったかなー。
だってあの人、ロレンツに近づきたいミアに利用されただけじゃないですか。

それに加え、ハンチントン病を患っていてロレンツに長年治療してもらってるみたいだから、余計離れることができないんですよね。

ちなみにハンチントン病とは、運動機能や認知機能に影響を及ぼす遺伝子の進行性病で、治療法もないようです。

好きになったミアや、親友ニクラス君、そして信頼していたロレンツからも裏切られるんだから可哀想な男なんですよ。

ちょっと違和感あったのが、ミアとニクラスの関係かなぁ。
なんでアノ2人あんなに急接近しちゃうのか、展開ぶっ飛び過ぎてません?ww

ミアはヤスパーを利用するため、彼の彼女になるのは理解できるんだけど、ミアとニクラスってそもそもそんなに接触なかったですよね。

それが、秘密を知り知られた途端、お互い好きになってすぐにラブラブ、ニクラスに対しては「そんな簡単に親友裏切るなよ!」って思っちゃった。

家族を殺した憎き教授を破滅に追いやるストーリーに、大学生のドロドロ三角関係はいらないわー。

と言いつつも、ヤスパーの激しい嫉妬がなければウイルスを撒き散らかすシーンもなかったわけで、そう考えるとやっぱり三角関係も必要だったのかなと思ったり思わなかったり。

ミアは、ロレンツが胎児を実験台にしていた証拠を得ることに成功したので、これで完結かなと思ったあとのアノ展開はちょっとドキっとしましたね。

本作は、亡くなった父親の友人で記者の男と、ミアが手を組んでロレンツを破滅に追いやるっていう設定なんですよ。

スマホの登録名が匿名だったり、なんか怪しいなーと思った矢先のあの展開だったからね。
しかも、ロレンツまで拉致られてるしww

黒幕の後ろには大黒幕が存在したってことか・・・・

詳しくはネタバレに書きますが、シーズン2では父の友人と名乗っていた男と、ミアやロレンスとの闘いになるのかなぁ。

たぶん、逃亡中のヤスパー君もミアを助けるために戻ってきそうですね。

ネタバレ

ホモ・デウス計画

ロレンツが行っていた「ホモ・デウス計画」とは、遺伝病を治すための研究だったが、動物実験を終え、被験者が欲しかったロレンツは、体外受精した胎児の遺伝子をわざと変異させ人体実験していたのだ。

被害者は、237名の子どもたち。
その中には、主人公であるミアと双子のベンヤミンも含まれていたが、生き残ったのはミアのみ。

ミアが助かった理由は、驚異的な免疫力を持っていたから。

ミアの父親は、息子であるベンヤミンがロレンツに殺された事に気付き調査をしていたが、その後ロレンツの乗った車に追突され妻と共に亡くなってしまう。

その車には、幼かったミアも同乗していたが、一命を取り留めスイスの祖母の家で育てられた。

人体実験再び!

ミアの生存は、ホモ・デウス計画の成功を意味していた。

ミアの遺伝子を使い、更に研究を進めたいロレンツだったが、ミアが自分を破滅させようとしている事に気付く。

そこで、ロレンツはミアに裏切られ酷く傷ついているヤスパーを利用し、ある人体実験に出ようとしていた。

ロレンツは、ヤスパーが実験のため育てていたコクサッキーウイルスを持つ無数の蚊を、特急列車の中で撒き散らかし、ホモ・デウス研究のため、また人体実験を行ったのだ。

ヤスパーはロレンツの言葉を信じ、ミアとニクラスが乗った車内でウイルスを持つ蚊を放ち、テロ攻撃をしてしまう。

ウイルスに感染した蚊に噛まれた乗客は次々と呼吸困難を起こし、救急搬送されるが、強い免疫力を持つミアだけは無事だった。

感染した乗客を助けるには、抗体が必要だった。
その抗体を持つ人物はただひとり、ロレンツだ。

ミアは、ニクラスや乗客を救うため、研究施設から盗んだロレンツを破滅させるための証拠品237人分のDNAサンプルを、抗体と交換。

ロレンツはすぐさまDNAサンプルを消去、証拠隠滅を図るが、騙されたことに気付いたヤスパーは237人分のファイルを保存していた。

ちなみにヤスパーは、テロ攻撃の犯人としてロレンツに通報され逃亡中だ。

ヤスパーは、手に入れた資料をミアに送信。
ついに、ミアはその証拠ファイルを持って父の友人に会いに行くが、男たちに拉致されてしまう。

そこには、同じく拉致されたロレンツの姿もあった。

シーズン2の予定は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Biohackers(@biohackersnetflix)がシェアした投稿

シーズン2は間違いなくあると思いますが、父の友人と名乗っていた男の正体が気になるところです。

父の友人でありながら、ミアは男に一度も会ったことなかったみたいですよね。
そんな大事な証拠品を会ったこともない人間になんで手渡しちゃうかなーww

ミア、ロレンツが拉致られましたが、ニクラスは何となく頼りなさそうなので、たぶん逃亡中のヤスパーが助けにくるのかなーなんて予想してるんですが、どうなんでしょう。

まとめ

今回は、「バイオハッカーズ」を観た感想でした!

ひとつひとつ台詞を聞けばめっちゃ難しいドラマのように感じるけど、内容は至ってシンプルなので意外と面白かったです。

4時間くらいでサクッと観終えるので、気になる方は是非チェックしてみて(^^)