Netflix

Netflix映画【アトランティックス】あらすじ・ネタバレ感想&評価・悲しくも美しい恋の物語

Netflix映画「アトランティックス」の配信が本日11月29日(金)からスタートしました!

こちらの映画は、2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でグランプリを受賞した作品です。

アフリカ大陸の西側に位置するダカールがこの映画の舞台となっています。

特別面白かったわけではないですが、普段見ることのないような地域が舞台となっているので、新鮮で最後まで普通に観れました。

Netflix映画【アトランティックス】あらすじ

主人公の少女エイダは、10日後に裕福な男オマールとの結婚を控えていた。

しかし、エイダの心の中にはスレイマンという少年がおり、ふたりは恋人関係にあった。

ある日の夜、エイダはクラブでスレイマンと会う約束をしていたが、スレイマンが現れることはなかった。

エイダは友人からスレイマンは仲間と一緒にスペインを目指し船に乗って出ていったと聞かされる。

スレイマンと仲間の男たちは、過酷な労働を4ヶ月間続けたにも関わらず給料の支払いが一切されていなかったのだ。

今の状況から抜け出すためにスペインへ向かったと思われる。

スレイマンがいなくなってからエイダは酷く落ち込んだが、両親に促され嫌々オマールと結婚。

しかしその晩、新居のベッドが何者かに燃やされ火事になる。

スレイマンを見たという目撃情報があったため、警察はスレイマンの家を調べ上げ、エイダとの関係に行き着く。

エイダからスレイマンたちは船でスペインへ向かったと聞かされた刑事は、不審に思い調べてみると男たちが乗った船は酷い嵐に遭遇し、船は真っ二つに割れ生存者はいなかったと知る。

そんな中、エイダを調べていた刑事や友人たちが次々と謎の体調不良に襲われ、その夜スレイマンたちの雇い主であったライという男の家に白目を向いた女たちが侵入し、4ヶ月分の給料を払うように脅した。

そして、エイダの携帯に亡くなったはずのスレイマンからメッセージが入り・・・

キャスト

監督 マティ・ディオップ

  • ママ・ビネタ・サネ
  • アマドゥ・エムボウ
  • イブラヒマ・トラオレ
  • ニコル・スーグー
  • アミナ・ケイン
  • マリアマ・ガッサマ
  • クンバ・ディエング
  • イブラヒマ・エムバイェ
  • ディアンコ・センベーヌ

Netflix映画【アトランティックス】ネタバレ感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

Director #MatiDiop’s #Atlantics is in select theaters now and streaming 11/29, sponsored by @Netflix

Rotten Tomatoes(@rottentomatoes)がシェアした投稿 –


物語自体は、単調で大きな動きはないんですけど、先進国が舞台になっている映画を観ることが多いからか、この作品はとても新鮮に思えました。

撮影の仕方や、カメラアングルなどもそうですが、ハエがブンブン飛んだり、不衛生な部分もそのまま映し出されていたりと、逆にそれがリアル感があってよかったです。

生活のために裕福な男と結婚しようとしている少女エイダと、本当に愛する人スレイマンとの秘密の悲しい恋。

途中からチープなホラー映画みたいな展開になりますが、怖さは全くありません。

むしろ、スレイマンや仲間の男たちが可哀想に思えてきました。

だって、4ヶ月間過酷な労働をさせられた挙げ句の果に、給料は一切支払われず、

現状から抜け出したくて船でスペインへ向かっていた途中嵐に合い命を落とすとか、そりゃ成仏なんてできませんよね。

亡くなった男たちは、社長から給料を取り戻すために町の女たちに取り憑き戻ってきますが、スレイマンの目的は愛する人エイダでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

“I could feel a ghostly atmosphere in Dakar and it became impossible for me to contemplate the ocean without feeling its fatal power of attraction.” – @matidiop⁠ ⁠ In #Atlantics, the sea is history. Exorcising historical dispossession with haunting fantasy, filmmaker Mati Diop tells the story of those that seek new shores and the ones that stay behind.⁠ Tap the link in bio to read our winter 2019 issue interview with the film’s cast and crew, on the site now 📲⁠ ⁠ Photography @matthewtammaro⁠ Styling @marcus.cuffie⁠ Hair #ShingoShibata⁠ Make-up @michaelabosch⁠ ⁠ Text #MichaelOliverHarding⁠ ⁠ From left: @aamadu24 wears cotton shirt @alexanderwangny, @mamebintasane wears wool knitted dress @cdlm.us, @ibrahima8906 wears white cotton shirt @alexanderwangny⁠ ⁠ Taken from the winter 2019 #FamilyTies issue of #Dazed⁠

Dazed(@dazed)がシェアした投稿 –

スレイマンが取り憑いたのは、エイダを取り調べていた若い男の刑事。

エイダを取り調べようとするたび体調が悪くなってハーハー言い出したり、刑事もだんだんと自分が取り憑かれていることに気付きますが、どうすることもできません。

そしてあの日、さよならを言わずに行ってしまったことを後悔していると伝えるために、スレイマンは刑事の体を借りてエイダの前に現れます。

あの再会のシーンがすごく美しく幻想的で印象に残っています。

取り憑かれた人たちが白目を向くのは安っぽいホラー映画みたいでイマイチだったけど、それ以外はけっこう楽しんで観ることができました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aos 37 anos, Mati Diop é a primeira mulher de origem africana a competir pelo principal prêmio do Festival de Cannes com um filme sobre imigração. A atriz e diretora franco-senegalesa possui 18 filmes em seu currículos. Nascida em Paris, ela é filha do músico Wasis Diop e sobrinha de Djibril Diop Mambéty. Em entrevista coletiva, Mati disse que era movida por um desejo de ver vidas negras representadas na tela. . . . “Meu primeiro sentimento de ser a primeira diretora negra [com um filme indicado à Palma de Ouro] foi um pouco triste, já que isso apenas aconteceu hoje, em 2019. Eu sabia disso, mas é sempre um lembrete de que muito trabalho ainda precisa ser feito. Se para algumas jovens diretoras negras eu possa representar uma nova dinâmica, estou extremamente feliz”, disse. . . . Desenvolvido a partir de um curta documentário de Diop de 2009 sobre um homem senegalês que morreu fazendo a travessia do mar para a Espanha, “Atlantics” muda o foco para as mulheres deixadas para trás enquanto um grupo de homens desaparece em sua jornada. . . . #revistaraca #matidiop #cannes #atlantics #festivaldecannes #representatividade #mulhernegra #cinema

Revista Raça(@revistaraca)がシェアした投稿 –


そして、監督のマティ・ディオプは、今作でカンヌ国際映画祭史上初のグランプリを受賞した黒人女性監督となりました。

まとめ&評価65点(100点中)

セネガル、ダカールを舞台に描かれている悲しくも美しい恋の物語です。

新作映画なので、気になるかたは是非ご覧になってみてください。