Netflix

Netflixドラマ【アレス/ARES】シーズン1あらすじネタバレ&感想・意味不明で難しかった!

Netflixドラマ「アレス/ARES」シーズン1の配信が、1月17日(金)からスタートしました!

アムステルダムに拠点を置く謎の組織と、そこに入会してしまった医学部生を描いたドラマですが、最後まで観終わっても意味不明で疲れました。

正直、シーズン2が始まっても観ないとおもいます。

Netflixドラマ【アレス/ARES】シーズン1・簡単なあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

One day! . . . . @netflixs #netflix #series #netflixandchill ##netflixseries #seriesnetflix #netflixmovies #elite #ares #aresnetflix #aresnetflixs #areminderseries

Ares Netflixs(@aresnetflixs)がシェアした投稿 –

大きな野心を抱く医学部生のローザは、友人のヤーコプが入会した謎の秘密組織に興味を抱く。

ある朝、アレスという組織からローザ宛てに招待状が届き、反対するヤーコプを無視してローザは秘密組織に入会してしまう。

バスに乗せられた新入生たちは、頭から袋を被せられ異様な雰囲気の中、アレスに連れて来られる。

アレスの中では、新入生たちを迎い入れるための怖ろしい儀式が行われていた。

そんな中、ヤーコプは儀式の最中脱走を試み、ある部屋の秘密のドアに触ってしまう。

その日からヤーコプの指はどんどん黒ずんでいき、邪悪なパワーを身につけてしまう。

暫くして、アレスの幹部が自殺。

遺族に自殺したことを知られたくないアレスの幹部たちは、事故に見せかけるために第一発見者のローザやヤーコプに口裏合わせをさせる。

ローザは、自殺したヨーストの遺族に上手く嘘を付き、アレスの幹部たちから感謝される。

上流階級者で構成されているアレスの中で、ローザだけが中流階級の出身だった。

そんなローザに反発する者もいたが、大きな野心を抱くローザは、アレスで選ばれし者となるために、残酷になっていく。

キャスト

  • ジェイド・オリバーグ
  • トビアス・カールスルート
  • リサ・スミット
  • フリーダ・バーンハード
  • ハンス・ケスティング
  • リフカ・ローダイゼン
  • ロビン・ボイスベーン
  • ジェニファー・ウェルツ
  • ステーフ・デ・ボット
  • ジップ・ヴァン・デン・ドール

Netflixドラマ【アレス/ARES】シーズン1・ネタバレ感想&評価31点

カルト教団か何かを描いたドラマかなと思って観たんですけど、ちょっと違うようですね。

と言うか、全8話見終わった今でも結局なにの集団だったのか、よく分かりません。

何か残酷なことをしているグループなのは間違いないんですけど、目的だったりストーリーが見えにくく難しかったです。

まず、信者?たちが罪悪感などを感じたときに、黒いドロドロしたものを吐くんですが、あれが何なのかも意味不明でした。

でも、あの黒くドロドロしたものこそがアレスを象徴する何かなんですよね。

吐いた人が一目置かれているような印象を受けたんですけど、早めに吐いたほうが出世できるみたいな感じなのでしょうか?
ポンコツ頭なので本当に理解できませんでした(´・ω・`)

最初の1話はけっこう面白かったんですけど、その後4話までは退屈で睡魔との戦い。

5話からは、少しホラーっぽさが出てきます。

ホーホー先生が呪いにかけられて死んでしまうシーンは気持ち悪かったですね。

ネタバレ

精神病を患っているローザの母親と、アレスの代表でカルメンの父モーリックは、昔婚約していました。

ローザの母も、元アレスの信者だったんですね。
たぶん、そこで精神を病んでしまったんだとおもいます。

ローザが、昔愛した人の娘だと知っていたモーリックは、娘のカルメンやヤーコプにローザを勧誘させようとしていたわけです。

アレスの会長だったアルノルトまでも亡くなり、モーリックはローザの可能性を信じ、新会長に任命しようと企んでいました。

しかし、会長になるためにはいかなる犠牲も払わなければいけません。

モーリックは、テストとしてローザにヤーコプの殺害を命じます。

ヤーコプは、アレスという集団の異常さに気付き「ベイアルを解放する」という目的のもと戦っていたわけですが、ヤーコプはローザにベイアルの解放を任せることを決断し、自分を殺すよう言います。

ローザは友人のヤーコプを殺害、そしてアレスの新会長になりますが、直後ベイアルなんて存在しなかったことを知り大きなショックを受けます。

そもそも、ベイアルが何なのかも分かりませんでしたが、信者たちに恐怖を与えるために作られた架空のものだったようです。

そんな存在していない物のために友人を殺してしまったローザのショックは大きく、黒くドロドロした水の中に飛び込み、自らもドロドロした姿に変身してしまいます。

そして、ローザを捜しにやってきた父親にドロドロした姿のまま抱きしめられ、シーズン1は終わりました。

まとめ

いや〜 本当最後まで意味がよく分かりませんでした^^;

あの終わり方だとシーズン2も制作予定なんでしょうけど、シーズン1の全8話でこんなに頭疲れちゃったので、もういいです・・・・

終始暗く、ストーリーも掴めないので観ていてしんどかったです。

唯一の救いは、1話30分という短さでしょうか。
1話60分、10話くらいまであったら間違いなく途中でギブアップしてたとおもいます(笑)

個人的な感想なので、ご理解いただけると嬉しいです。