Netflix

Netflix映画【最高に素晴らしいこと】あらすじネタバレ&感想と評価・ダークだけど美しい感動作!

最高に素晴らしいこと

Netflix映画『最高に素晴らしいこと』の配信が2月28日(金)からスタートしました!

心に闇を抱える2人の高校生が、名所巡りの旅をしながら絆を深めていくストーリー。

自分が想像していたハッピーエンドではなかったけど、めちゃくちゃ感動しました。

Netflix映画【最高に素晴らしいこと】あらすじ

主人公のバイオレットは、姉を交通事故で亡くし彼女の死を乗り越えられずに苦しんでいた。

そんな姉エレノアの19歳の誕生日、バイオレットは無意識にエレノアが車で衝突事故を起こした橋の淵で今にも飛び降りてしまいそうな状況の中で、クラスメイトのフィンチに出会い助けられる。

フィンチは、その日からバイオレットのことが頭から離れなくなり、なんとか彼女と仲良くなろうと努力する。

ある日、地理学の授業でインディアナ州の名所を巡る課題が出され、フィンチはバイオレットを誘った。

ふたりで自転車を使い名所巡りをして、バイオレットはフィンチに徐々に心を開き始めるが、友人のアマンダからフィンチの悪い噂を耳にしたバイオレットは不安にかられる。

翌朝、フィンチは乗り気でないバイオレットを車に乗せ、260km離れた名所へ連れて行った。

フィンチの優しさに触れたバイオレット。
ふたりはそこで初めてキスをする。

彼のおかげで徐々に元気を取り戻していくバイオレットと比べ、フィンチは自分の殻にこもるようになり突然姿を消した。

フィンチの心を理解したいバイオレットだが、彼が心を開くことはなかった。

そんなある日、不安定なフィンチはクラスメイトにからかわれ、暴力沙汰を起こしてしまい、バイオレットまでも拒絶するようになり・・・。

キャスト

監督 ブレット・ヘイリー

  • エル・ファニング
  • ジャスティス・スミス
  • ルーク・ウィルソン
  • キーガン=マイケル・キー
  • アレクサンドラ・シップ
  • ラマー・ジョンソン
  • ヴァージニア・ガードナー
  • ケリー・オハラ
  • フェリックス・マラード
  • ソフィア・ハスミク

Netflix映画【最高に素晴らしいこと】ネタバレ感想&評価75点

 

この投稿をInstagramで見る

 

don’t be ordinary… All The Bright Places is out now ✨

Netflix US(@netflix)がシェアした投稿 –

本作は、『僕の心がずっと求めていた最高に素晴らしいこと』を原作としています。

海外ではとても人気がある作品のようで、映画化された本作も配信前からSNSなどでカナリ話題となっていました。

ストーリー自体は心に闇を抱えている思春期の若者がテーマとなっておりますが、終始ダークな雰囲気はあるものの、劇中で流れる音楽や映像がとても美しく癒やされます。

引用文を交えて会話をするシーンも素敵でした(*^^*)

姉の死後、自分の殻に閉じこもり立ち直れないでいる主人公バイオレットを、クラスメイトのフィンチが光輝く場所へと導いてあげるのですが、いつも明るいフィンチもまた心に暗い闇を抱えていました。

バイオレットの友人アマンダもそうですが、過食症で自殺未遂を2回起こしていますが、バイオレットはそんな事実を知りませんでした。

 

この映画を観て改めて感じたのは、普通に見える人でも心の中では誰にも言えない苦しみや悲しみを抱えているんだなぁと。

心がしんどい時ってなかなか周りに気を配らせることって難しいですからね。

自分自身の問題でいっぱいいっぱいなはずなのに、暗闇に取り残されているバイオレットを助けてあげようとするフィンチの優しさが素敵でした。

こういうストーリーって、2人共立ち直って最後はハッピーエンドみたいなのが多いと思うんですけど、本作は違います。

映画のエンドロールでも『精神的な問題を抱える皆に捧げる。自殺的な苦しみや悲しみを抱えているならこちらまで』という文章と共に支援団体か何かのHPも紹介されています。

そこからもうかがい知れるように、ありがちなティーンの恋愛映画ではなく、やっぱり心の病に重点を置いて制作されたのかなと感じました。

ネタバレになりますが、あんなに優しかったフィンチは結局誰にも心を開けないまま亡くなってしまいます。

あの状況から考えると、『自殺』になるのでしょうか。

バイオレットと泳いだときのように、ただ湖の底を見に行っただけかと思っていたら・・・( ゚д゚)ハッ!

まさかの展開に思わず『えーー!』と声に出してしまいました。

幼少期に父親から虐待されたことが原因のようですが、姉や友人、カウンセラーでもいいから誰かに助けを求めることできなかったのかなぁと考えてしまいますね。

さっきまで当たり前に隣にいた人が突然いなくなってしまう悲しさや、絶望感が伝わってきて観ているこっちまで辛かったです(;_;)

姉エレノアを亡くし、次は自分を救ってくれたフィンチまでもこんな形で亡くしてしまい、普通ならマイナスに向かいそうな状況ですが、バイオレットはフィンチとの思い出を胸に前へ進む決心をします。

フィンチとするはずだった名所巡りの発表会でのバイオレットのスピーチがとても感動的でした!

最愛の人ふたりを突然亡くしてしまったバイオレット。

映画の中の人だけど、これからの彼女の人生応援したいです!!

新作なので、よければ是非ご覧になってみてください★